サンマルティン、6勝目!

昨日は終日とある学習プログラムで大学に缶詰めになっていました。サンマルティンの都大路ステークスが気になりつつも、目の前の講義に集中していました💦

さて、そのサンマルティン。
テン乗りの池添騎手とのコンビで見事に差し切り。通算6勝目を挙げてくれました!
夜に帰宅後に録画でレースを確認しましたが、いや〜、よくあんな後ろから届きましたね。ペースが速かったとはいえ、離れた最後方からの追走は、リアルタイムで観ていたらあちゃちゃと思わせるものだったでしょう。そして、直線も上手い具合に前が空いて末脚を存分に発揮できましたしラッキーでした。先週のグローリヴェイズとは真逆ですね(苦笑)

そんなこんなでたぶんにラッキーでしたが、完勝といっていう内容でした。サンマルティンの持っているポテンシャルは重賞級だと思っていますし、今年こそ達成してほしいと願っています。使い込まない体質で心配は尽きませんが、そろそろ開花を期待します。

ちなみに今年のワタクシの一口勝利3勝は全て池添騎手。大きな舞台に向けて楽しみです。
スポンサーサイト

サンマルティン、ここは好機

ここ2週、ケイブルグラムとアルジャンテが勝ってくれて今年の出資馬の勝利数が11となりました。種牡馬別の内訳はディープインパクトとハービンジャーが各4勝、後はハーツクライとロードカナロアとダノンシャンティが各1勝となっています。2強のうち、ハービンジャーは全てディアデラノビア産駒なので、ディープとディアデラの仔だけ買っておけば良いということなのかもしれませんね(苦笑)

さて、今週日曜の福島記念にハービンンジャー産駒出資馬の大将・サンマルティンが出走します。小倉記念2着惜敗以来の休み明けの一戦となりますが、ポン駆けするタイプですし、ハンデも55kgに収まって戸崎騎手騎乗。実績最上位のマイネルミラノには3kg、金杯勝ちのツクバアズマオーには2kg貰いました。ここは重賞初制覇の好機だと思いますし、なんとかチャンスを活かしてもらいたいと願っています。金曜に仙台出張が入ったので、ちょっと足を延ばして日曜は福島競馬場で観戦予定です。ノビア仔3頭目の重賞勝ちなるか、ドキドキとワクワクが入り混じった週末となりそうです。

サンマルティン、悔しい2着

小倉記念に出走したサンマルティン、首の上げ下げの激しい叩き合いの末、本当に僅差の惜しく悔しい2着という結果になりました。

いや~、残り200辺りで抜け出した時は勝った!と思ったのですが。戸崎騎手自身が言っているように仕掛けるのが早かったかもしれませんが、勝ち馬の終いの脚が鮮やかでしたし、これはしかたないと思います。タツゴウゲキは七夕賞の時にゼーヴィントとの組み合わせで買っていたので、その時にこれくらい走ってほしかった(苦笑)

サンマルティンは強気のレースをしましたが、3着は3馬身離していますし、今後への展望は開けたといえるのではないかと。敗れたとはいえ、2着で賞金の上積みができたのは秋に向けて収穫でした。競馬ブックでは秋の目標は天皇賞という記述もありましたが、上のクラスの2000だとちょっと距離が長いような印象もあるので、個人的にはマイルCSを最大の目標にしてほしいなぁ・・・と思っています。右回りの方がスムーズですしね。

なんにせよ、今日は悔しい結果でしたが、重賞を勝つ力があることは示してくれましたし、秋以降のさらなる前進を期待しています。

PHOTOパドック

8月6日の小倉記念にサンマルティンが特別登録。登録頭数は13頭ということで、投票さえすれば出走可能で、重賞初出走が実現することなります。関東馬が猛暑の中わざわざ小倉まで遠征して出走ということで、当然ながら不安はいろいろあります。それでも、2戦2勝と相性の良い戸崎騎手が一緒に小倉まで遠征してくれますし、ハンデも手頃な54kgとなりましたので、一発の期待も持っています。

たぶん当日もそれなりに人気しそうな雰囲気なので、ブックとギャロップのPHOTOパドックに載っているかも・・・と楽しみにして立ち読み(苦笑)したのですが、両誌ともにサンマルティンの姿は見当たりません。ちぇっと思っていたのですが、よく見ると掲載されている馬の撮影日は全て7月26日。サンマルティンがNFしがらきから小倉競馬場に入厩したのは7月27日ですから、スケジュールの問題で撮影対象にならなかったということでしょうか。まぁ、そいういうことで自分自身を納得させるとします。

台風の動向がとっても心配ですが、結構無茶な遠征を強行するわけですし、なんとか良い状態で走らせてあげたいところです。そして、秋へ繋がるレースを期待しています。

迷走中

府中開催での復帰を予定していたサンマルティン、どうもトモの具合が思わしくないとのことで、天栄へUターンということになりそうです。

気になる状態で無理に使うのは絶対に避けてほしいので、国枝センセイの判断は大変ありがたいのですが、それにしてもこの馬はなにかとトラブル続きでもどかしい限りです。

若干気になるのは天栄がやたらとしゃしゃりでている(ように感じる)点ですかね。迷走の始まりは昨年秋の天栄でのアクシデントなわけですし、その後の調整の大半も天栄ということでもうちょっと・・・ねぇ、ということです。本当に残念。

姉のマドレも軌道に乗ったのは3歳秋なので、この一連のウダウダが結果的に良かったと思わせてくれることを期待したいです。
プロフィール

ka2uma0101

Author:ka2uma0101
馬と旅と歴史と野球を愛する競馬モノです

出資馬一覧
出資馬一覧
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる