スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ケイブルグラム、週刊ギャロップに掲載

桜花賞・皐月賞が終了し、POG媒体がにぎやかになる季節が近付いてきました。今週後半以降、本屋に立ち寄る機会が増えそうです。

マイラーズCに出走するディアデラマドレの印の付き具合を確認しようと週刊ギャロップを手にしたところ、「丸ごとPOGフライング企画」なるコーナーがあり、2歳馬が牧場別に少しだけ紹介されていました。本体では総力特集されるであろうノーザンファーム勢からは早来・空港合わせて3頭だけの紹介という焦らしっぷりなのですが(苦笑)、その3頭の中に出資馬・ケイブルグラムがいました。

姉・ルージュバックのおかげであることは間違いないと思いますが、こうして取り上げてもらえると嬉しいですね。コメントとしては、「しなやかで跳びが大きく、ディープ産駒らしい走りをする」「ためて切れるタイプに育ちそう」「夏を越してからの移動になりそう」といったところ。リップサービスが並びますが、「空港C-1厩舎からまた大物が誕生する予感」は最たるものかも(笑)

フレグモーネで一息入りましたが、良い感じに成長してくれているのは確かで楽しみにしていますし、無事に進んでくれることを願っております。
スポンサーサイト

2015年3月NF空港~ジンジャーパンチの13~

だいぶ経ってしまいましたが、見学記録を続けます。

NF空港での3頭目はジンジャーパンチの13
馬体重は490kgくらいでした。

150313_ginger01.jpg

厩舎内で既にスタンバイしていたのですが、目に入った瞬間に「おっ!」と思いました。あくまで個人的な感覚ということになりますが、この日見学した出資馬の中で最も良いなと感じました。なんというか、存在感がありました。ルージュバックの下という先入観のなせる業なのかもしれませんが(苦笑)

150313_ginger02.jpg

フレグモーネでひと息入っていましたが、この日(3月13日)の時点で既に乗っていて、特に問題ないとのことでした。期待の大きな血統ということもあり、牧場としても慎重に進めていきたいと考えているそうです。5月14日の遅生まれですし、じっくりと秋を目指すイメージでしょうか。ちなみに5月14日といえば、リアルインパクトと同じ誕生日ということで、根拠もなく期待しちゃいます。

150313_ginger03.jpg

調教で乗っている方のお話では、この時は軽めの調整だったこともあり、元気があり余っているとのことでした。動きは柔らかく、とても楽しみですとも。とにかくまずは無事に進んでいってくれることを願っております。

2014年11月NF空港〜ジンジャーパンチの13〜

続いてはジンジャーパンチの13です。

20141107_ginger01.jpg

ディアデラノビアとブルーメンブラットの2頭が落選する
可能性もあるということで、一次募集の最後に追加した馬です。

当時はまだジンジャーパンチの産駒の成績は芳しくなく、
ディープを父に迎えた本馬も会員は無風で出資できました。

20141107_ginger02.jpg

ご存知の通り、その後で半姉のルージュバックが
強烈な末脚でデビュー2連勝を飾り、一躍クラシック候補に。
タイミングがずれていたら、人気もだいぶ変わっていたかも(汗)

まだNF空港に移動してきてから日が浅いとのことで、
これから特徴などを把握していく段階。健康面での
問題はなく、順調に進めていけそうとも。

20141107_ginger03.jpg

5月の遅生まれということもあり、450kgの馬体には幼さが
目立つ感じですが、名牝の初の牡馬産駒かつディープ産駒と
いうことで、やはり期待をしたいところです。

20141107_ginger04.jpg


個人的には相性の良い国枝厩舎所属ということで、
サンマルティンやペルセヴェランテ同様、
シャドーロール姿で力強く走る姿を楽しみにしています。

1歳出資馬紹介(ジンジャーパンチの13)

シルクの募集も確定し、1歳出資馬の顔触れがひとまず
決まりました。牡4・牝1というバランスなので、様子見を
しながらどこかのタイミングで牝馬を補充できればと。

さて、出資各馬について、簡単に紹介をしていきます。
無駄に1頭1文書です(笑)

1401.jpg

ジンジャーパンチの13 牡
父:ディープインパクト
美浦・国枝厩舎予定



トップバッターはジンジャーパンチです。

アメリカ最優秀古牝馬である母の4番仔。
初仔のジンジャーミストにはワタクシも出資して
いましたが、残念ながら未勝利で繁殖入りしました。

本馬は初の牡馬、初のディープとの組み合わせ。
先日マンハッタンカフェ産駒の半姉・ルージュバックが
強い内容で新馬勝ちを飾り、いよいよ母も繁殖として
本格化かと、ワクワク感が高まります。

5月の遅生まれということもあり、まだまだ幼い
感じですが、放牧地でいっぱい傷を作っている辺り、
健康面の不安はなさそうかなと都合良く解釈しています。

出資するディープ産駒はダート馬だらけ(今のところ
例外はリアルインパクトにみ)というワタクシの傾向を、
大きく覆してくれることを期待したいと思います。
プロフィール

ka2uma0101

Author:ka2uma0101
馬と旅と歴史と野球を愛する競馬モノです

出資馬一覧
出資馬一覧
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。