いったい

京都新聞杯のグローリヴェイズは4着。この結果を受け入れるしかないわけですが、結果的に実に無駄な一戦となってしまいました。
抜けた力がある馬ならば連くらいはあったかもしれませんが、それなりに出たのに後ろに付け、直線外に出せそうだったのにインを突いてドン詰まって仕掛け遅れたら、普通はダメでしょうね。ほんと、何をしたかったんだろう???
スポンサーサイト

グローリーヴェイズ、悔しい2着

きさらぎ賞に出走した「栄光の壺」ことグローリーヴェイズ、本当に惜しくて悔しい2着でした。
ここで勝ちきっていれば皐月賞に直行、結果次第でダービーかNHKマイルというローテーションを無理なく設定することができたのですが、2着では皐月賞に関してはトライアルもしくは重賞を挟まざるをえない状況になってしまいました。牡馬にしては馬体重も少なく、あまりこの時期に詰めて使いたくタイプだけに、う~ん・・・という感じですね。

ただ、能力の高さは十分に見せてくれたと思います。道中で掛かる感じは全く無かったですし、デムーロ騎手が仕掛けてポジションを2番手まで上げつつもそこから控えた際であっても折り合いはスムーズに見えました。この自在性は強みになると思いますし、今後におおいに期待したいと思います。

次走はスプリングSか毎日杯という師のコメントが発表されていますが、ブラストワンピースとは異なり、こちらはダービーを本線にというタイプでは無いと思います。なんだかんだであそこで賞金加算できて良かったよね・・・と、後から振り返ることができるような活躍をしてほしいですし、楽しみを持てる馬だと思っています。

グローリーヴェイズ、痛恨の2着

日曜は中京競馬場にグローリーヴェイズの応援に行ってきました。口取りは外れたので、楽な服装で応援に専念といった感じです。

171210_groly01.jpg

前のレースのパドック周回終了直後にパドックに行ったところ、首尾よく最前列に位置することができました。寒い中でしばし待っていると、お目当てのグローリーヴェイズ登場。新馬勝ち直後の10月にNF天栄で会って以来です。

171210_groly02.jpg


一度使ったことと、輸送競馬だったことが影響したのか、パドックではイレ込み気味でした。ちょっと心配だなぁと思いつつも、距離短縮の一戦だし、ガマンが出来ていない程ではなかったので、まぁ大丈夫だろうと自分に言い聞かせていました(苦笑)
前日段階から東スポ杯4着のカフジバンガードと2頭で抜け出した人気で、最終的には2番人気。7頭立てでスローは必至ですし、前走同様にスタートを決めて良い位置をキープしたいところです。

171210_groly03.jpg

本馬場入場も終了し、いよいよ発走時刻。
「うまく出てくれよ~」と祈っていたら、真逆の出遅れ。そして予想通りの緩い流れ。思わず頭を抱えてしまいました。。。

それでもカフジバンガードを前に見ながら最後の直線、なんとかならないかと祈るような気持ちで観ていましたが、直線で浜中騎手がムチをい入れたところ内にササってしまい、カフジの真後ろに入ってしまって立て直すまで追えないロス。出遅れとこのロスの2つは本当に痛かったですね。

坂を上りきってから猛然と追い込んだものの、アタマ差届かずの2着。来年を見据えてここは勝っておきたかっただけに、まさに痛恨の2着です(涙)
それでも、キャリア不足を露呈する中で上がり最速をマークして、重賞入着歴のある馬に僅差ですから、力があることは改めて分かりました。春のクラシックやマイル路線となるとどうかと思いますが、先々が楽しみであることは確かです。しっかりと休養して、馬体重も増やして(願)、また競馬場に登場してくれることを楽しみにしたいと思います。

グローリーヴェイズ、新馬勝ち!

スプリンターズS当日の中山でデビュー戦を迎えたグローリーヴェイズ、メインの勝ち馬であるレッドファルクスと同じデムーロ騎手×尾関厩舎というタッグで臨み、見事にデビュー勝ちを決めてくれました。単勝1.7倍というのはさすがに想像していなかったのですが、全く危なげないレースぶりでしたし、今後が楽しみになりました。残念ながら競馬場には行けなかったのですが、テレビ観戦の最中は安心して観ることができました。久しぶりですね(笑)

心配だった馬体重は432kgで出てきてくれましたし、パドックでも適度に気合が乗っている感じでしたので、これはチャンスと思ったわけっですが、返し馬ではデムーロ騎手が押すようなシーンもあり、「ん?前向きさに欠ける?」という不安も持ちました。しかりながら、レースでは好発を決めてそのままハナに立ち、超スローでの折り合いに若干苦労しながらも終いまで余力を残した感じで、しっかりと脚を使ってくれました。ミッキーハイドが絶妙の位置でじっくり追走していて嫌な予感もしましたが、それも杞憂に終わってホッとしましたね。

2歳出資馬の中ではトゥザフロンティアとエルディアマンテとともに主力を形成してもらいたい馬ですし、期待が膨らんできます。成長を促しながら使っていくことになるでしょうから、次は11月の府中でしょうか。師が距離短縮はしない意向をコメントしていますので、自己条件の百日草特別辺りかなぁ・・・と予想しています。まずはなによりも無事に、着実に進んでもらいたいです。今日はお疲れ様でした。
プロフィール

ka2uma0101

Author:ka2uma0101
馬と旅と歴史と野球を愛する競馬モノです

出資馬一覧
出資馬一覧
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる