FC2ブログ

トゥザフロンティア 、逃げ切り勝ち!

香港の余韻、阪神JFの余韻、そして藤田菜七子騎手のJRA重賞初勝利も重なった中、中山最終レースに出走したトゥザフロンティア が1年ぶり3度目の勝利を飾ってくれました!

中山マイルの内枠ということで前々で運んでくれるんだろうと思っていましたが、三浦騎手は思い切ってハナに立つ競馬を選択しました。
道中はスムーズに運べていましたし、これなら勝ち負けと力が入りましたが、キッチリと逃げ切りを決めてくれました。冬の中山はトゥザヴィクトリー一族には相性の良い舞台ということで、実にスムーズでしたね。

これで準オープンに上がりますが、いろいろと工夫をしないと厳しいんじゃないかという印象がありますし、三浦騎手のコメントにも出ていた喉のことも心配がついて回ります。とはいえ、まだまだ来年5歳。試行錯誤したながらトゥザフロンティアの適舞台を見つけていってくれればと、願うばかりです。
スポンサーサイト



トゥザフロンティアは2着

先週土曜の京都(芝1600の500万下平場)に出走したトゥザフロンティアは2番人気で2着でした。道中窮屈だった1番人気馬よりも先に抜け出したものの、その1番人気馬に進路が出来てからはあっという間に交わされてしまいました。決め脚勝負でどうこうという馬ではないですし、もっと機動力を活かしたレースでないと厳しいように思います。まぁ、500万下は近々に突破してくれるでしょうが、その先で勝ち負けしていくにはもう一段・二段、心身ともに成長しないと・・・ですね。長い目で見守っていきたいです。

トゥザフロンティア、新馬勝ち

本日の中京5Rでデビューしたトゥザフロンティア、若さ丸出しの内容ながらも最後に抜け出して、単勝1.5倍の圧倒的人気に応えての新馬勝ちを飾ってくれました。

まずまずのスタートから6番手辺りにスッと取りついたところまでは良かったのですが、道中もホワイト騎手の手が動いているシーンが多かったように見えました。それでも直線入り口では前を射程圏に入れて外に持ち出したので、まぁこれで大丈夫だろうと思ったのも束の間(汗)、反応は鈍いは内にササりまくるはで、まともに追えないような状況に。それでも、そこから加速して一気に前を捉えきって3/4馬身の差を付けての勝利となったわけですから、持っている能力は高そうです。個人的にはサンマルティンのむらさき賞の時のようなスリルを感じましたね(苦笑)

ベテランのホワイト騎手をして、「こんな操縦の難しい馬で新馬戦を勝ったのは初めて」と言わしめるのですから、今後に向けての課題は多いですね。池江師言うところの「良い教育」に、今回のレースがなってくれることを期待します。この後は秋まで休んで、右回りの京都辺りで復帰でしょうか。まずは無事に勝ち上がったことを喜び、次走を楽しみに待ちたいと思います。
プロフィール

ka2uma0101

Author:ka2uma0101
馬と旅と歴史と野球を愛する競馬モノです

出資馬一覧
出資馬一覧
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる