FC2ブログ

カウディーリョ、4勝目でオープン入り!

日曜小倉メインの関門橋Sに出走したカウディーリョ、藤岡佑騎手のリードで鮮やかな逃げ切り勝ちを決め、これで通算7戦4勝となってオープンクラスまで辿り着きました。菊花賞から24kgの馬体増でしたが、パドック映像では太くは見えず、滞在効果でようやく良い感じの馬体重でレースに出れるなと思いましたし、カウディーリョにしては煩さもマシだったのではないかなと。

レースではスタートを決めてすんなりとハナに立ち、序盤は5馬身程度のリードを取りつつ、中盤はうまくペースを落とし、自身は脚をためつつも後続には脚を使わせるという見事なレース運びで直線に入り、危なげなく押し切りました。同馬主のバイオレントブローがカウディーリョを楽に行かせてくれたことも大きかったと思いますが、絶好調の藤岡佑騎手の手綱捌きが実に冴えている印象でした。

ピンとパーの成績を繰り返しながら、4歳2月でオープン馬になってくれました。ディアデラノビア産駒で古馬オープン馬は5頭目ですが、2歳で重賞を勝ったドレッドノータス以外の3頭(ディアデラマドレ・ディアデルレイ・サンマルティン)は4歳夏以降のオープン入りですし、カウディーリョのオープン入りはこの血統では早いなと思います。この辺り、使い方や調整過程の工夫の賜物ということで、さすが堀厩舎だと痛感します。辛口コメントもむしろ快感に思えるくらい(苦笑)

これからはさらに強い相手に挑んでいくことになりますが、経験を積みながら力をつけていってくれることを期待したいです。カウディーリョ、藤岡佑騎手、そして堀厩舎の皆さま、ありがとうございました。
スポンサーサイト



カウディーリョは小倉へ

明けて4歳となったカウディーリョ、菊花賞8着後はNFしがらきに放牧に出ていましたが、本日の更新で近々に小倉競馬場に移動して滞在競馬での出走を目指すとのアナウンスがありました。3勝クラスの芝のレースは2/9の関門橋Sのみとなりますので、ここを目指すことになるんだろうと思います。

ここまで6戦3勝、右回りでは4戦3勝で負けたのは菊花賞だけですし、その菊花賞もなかなか良い内容の走りを見せてくれていましたので、乗り替わりにはなるんでしょうけれどもここは楽しみです(除外が怖いですが)し、これからドンドン成長していってほしいものです。

また、同じくNFしがらきに放牧中の兄・ドレッドノータスと弟・グレイトオーサーの更新もありましたが、兄はまだ移動のアナウンスなく日経新春杯という線は無さそう。AJCCは勘弁、京都記念に向かってほしいと願っています。一方の弟はまだまだ移動してきたばかりでこれから。気性面のコメントもあり、この血統らしさが出てきたのかなと(苦笑)

それぞれ置かれている状況は異なりますが、まずは無事に。

カウディーリョ 、菊花賞

カウディーリョの菊花賞挑戦は13番人気8着という結果に終わりました。とはいえ、着差は0.6秒ということで、よく頑張ってくれました。昨年の菊花賞での出資馬の走りには不完全燃焼感しかなかったですが、今回は見せ場を十分に作ってくれて、着順以上に楽しませてもらいました。
大きく馬体重を減らす状況の中、我慢して良い走りをしてくれていましたし、デムーロ騎手とカウディーリョに拍手を贈りたいです。ありがとうございました。
もともと懸念していた輸送も含めてのダメージは大きなレースだったと思いますが、予想以上に収穫もあったのではないかと思いますので、しっかりと疲れを取って、新しいカウディーリョの走りを見せてくれることを楽しみにしたいです。

カウディーリョ、HTB賞優勝!

日曜札幌のHTB賞に出走したカウディーリョ 、クビ差の接戦を制して嬉しい3勝目を決めてくれました!
相変わらず頭の高い走りで序盤は掛かり気味でしたが、藤岡佑騎手がうまくリードしてくれました。

これで通算5戦3勝。晩成傾向の強いこの血筋で3歳夏時点で3勝というのは兄のバルデスに並ぶもので立派だと思います。
バルデスは屈腱炎で不運の引退となってしまいましたが、弟は安心の堀厩舎ということで、長く頑張ってくれることを期待したいです。

この後はどうするのでしょうか?
菊路線なのか、無理せず成長を促しつつ中距離路線で経験を積ませていくのか、陣営の判断に注目したいと思います。

カウディーリョ、山吹賞優勝!

ドバイでのアーモンドアイの走りには感動しました。ルメール騎手も先を見据えて極力ダメージが残らないよう、心配りをして乗っているなぁと画面を通じて感じましたね。

さて、土曜中山の山吹賞に出走したカウディーリョ、昨年10月以来の休み明けでしたが、見事に嬉しい2勝目を挙げてくれました!
プラス20kgの馬体重は期待通りだったのですが、パドック映像を観るとチャカチャカ(苦笑)
この血統は煩いくらいの方が走る傾向はあるものの、さすがに今回はなぁと思っていると、グリーンチャンネルのパドック解説でも酷評でした(汗)

レースでも出負け気味に後方2番手からの追走となりましたが、石橋騎手が他の馬の動きには我関せずで折り合いに専念して進めてくれた甲斐あって、スムーズに追走できているようでした。
残り600辺りから動いていって直線入口では3番手、ここからは2着馬とのデッドヒートとなりましたがゴール直前で捉えて嬉しい2勝目を挙げてくれました。あれ、コースも距離も違えど同じ石橋騎手で勝ったヴイッテルスバッハの500万下と同じような。

それはさておき、今回は勝つまでは正直難しいかなと思っていましたので、とても嬉しいです。この一族で3歳春の限定戦がある時期に2勝をマークしたのは母のディアデラノビア以来だと思いますので、大舞台に立ってほしいと期待してしまいますが、一方で急かして良い血統ではないのも事実なので、特に目標を定めずでも良いのではたも思います。いずれにせよ、堀センセイならば適切な選択をしてくださることでしょう。
プロフィール

ka2uma0101

Author:ka2uma0101
馬と旅と歴史と野球を愛する競馬モノです

出資馬一覧
出資馬一覧
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる