FC2ブログ

ヴィッテルスバッハ、武庫川Sに特別登録

日曜阪神の武庫川Sにはヴィッテルスバッハが特別登録。3勝Cへの昇級初戦だった前走(節分S)は3着でしたが、見せ場のある良い内容だったように思いますし、今回も期待は大きいです。

しかしながら、今回は結果が伴っていない阪神、微妙な週末の空模様、微妙な乗り替わり、そして断然人気を集めそうなアンドラステの存在と、不安材料には事欠きません。特にこのアンドラステですが、実はワタクシがかつて出資していたヴァリディオルの仔。母はキャリア僅か3戦で未勝利引退という成績でしたが、芝の2戦でなかなか見どころのある走りをしていました。繁殖入り後、産駒がキャロットで募集されないか淡い期待をしていましたが、レーゲンボーゲン同様にアワブラには入ることなく、他クラブでの募集となっております。一回くらい回してくれても・・・、おっと脱線が過ぎました。

とはいえ、ヴィッテルスバッハもクラス上位の力の持ち主だと思いますし、強い相手と走って更なるパワーアップをしてほしい、できれば結果も出してほしいと願っています。
スポンサーサイト



ヴィッテルスバッハ、帰厩

日曜に出走した2頭は安定の内容でした。
障害初勝利を狙ったケイブルグラムは、1番人気馬を直線で競り落とし、 ついにやったかと思ったところを後方から強襲されてアタマ差の2着。3着は6馬身離していました。 騎手によれば抜け出してソラを使ってしまったとのこと、もどかしいです。
また、古馬1勝Cに出走したセカンドエフォートは重馬場を意識してか、いつもより前目の位置でレースを進め、直線いったん先頭のシーンを作りましたが、ゴール前に一気に来られて惜しい4着という結果。両馬とも、どう運んでもちょっと足りないという馬だけに、今年もまったり応援ですね。

そんな中、こちらは決め脚を持つ、ヴィッテルスバッハが7日に美浦に帰厩しました。

5月府中まで待機という展開にはならなくて、これは良かったと感じています。 このタイミングで戻ってきましたので、20日の中山の幕張Sか、29日の武庫川Sのどちらかに出走となりますか。 阪神遠征は2回とも結果が出ていませんし、29日は中京で高松宮記念、中山でマーチS、そして延期かもしれませんがドバイもありますので、1勝+重賞3着の実績があり、当日フラワーCも開催される中山の方に向かってほしいところです。雨が多い時期ですし、開催後半の中山なら差し馬に適した馬場になる可能性もあるかなぁという希望的観測も持っています。

4歳世代の出資馬ではカウディーリョが2月にオープン入りを果たしてくれましたが、 ヴィッテルスバッハにも続いてもらって、重賞戦線を賑わす存在になってほしいです。 そして、個人的に応援している池上昌和厩舎の、初めての重賞勝ち馬になってくれたらなと願っています。

2019年秋 NF天栄(ヴィッテルスバッハ)

府中の自己条件で豪快な差し切りを決め、3勝目を挙げたばかりのヴィッテルスバッハです。

191126_bach01.jpg

191126_bach02.jpg

191126_bach03.jpg

厩舎内の光の加減で写真はこんな感じになってしまいましたが、馬は元気そのもので、すぐにでもレースに使えそうでした。復帰戦は2月の府中・節分Sということになりそうですが、決め手は準オープンでも見劣らないと思いますので、このクラスも早々に卒業してオープン、重賞戦線で来年は走ってほしいなと願っております。



ヴィッテルスバッハ 、3勝目!

東京の最終レースに出走したヴィッテルスバッハ 、人気に応えて嬉しい自身3勝目を挙げてくれました!

課題のゲートは今回もあちゃちゃな感じで最後方追走となりましたが、少頭数の決め脚比べという望むところの展開になったこともあり、着差以上に余裕のある勝ち方だったと思います。やっぱりこういう展開では強いですね。

これで準オープン(3勝クラス)に上がりますが、さすがに力で捻じ伏せるレースでは厳しいと思うので、陣営も尽力している通り、もうちょっとスタートはまともになってほしいですね。能力そのものは足りるように思いますので、頑張ってほしいです。

そして、同じレースで3着に粘ったトゥザフロンティア。マイルだとやっぱり厳しいなと改めて感じました。お兄さん同様、距離短縮して活路を見出してくれないものかなぁと。

ヴィッテルスバッハ、NZTは3着

今日はヴィッテルスバッハの応援に、中山競馬場まで行ってきました。

0406_01.jpg

場内には、先日亡くなったウオッカの献花台が設置されていて、ワタクシも記帳をさせていただきました。安らかに眠ってほしいです(合掌)。

さて、ヴィッテルスバッハです。

0406_02.jpg

0406_03.jpg

パドックでの雰囲気は良かったように思います。イレ込み気味に周回をしている馬もいる中で、ヴィッテルスバッハは落ち着いた周回をしていましたし、馬体減りもなく前哨戦としてはちょうどよいのかなと。

0406_04.jpg

こちらは馬場入場。桜をバックに入場していく姿はなにやら風情がありました。この流れで勝利の花を咲かせてくれたら最高だったわけですが。。。(苦笑)

レースではまたしても出遅れ。この段階でほぼ勝ちは無くなってしまいましたね(泣)
オープンのマイル戦としては遅いペースで流れ、前・内が有利な展開になる中、最後の直線で猛然と追い込んで3着という結果。もうちょっと早くエンジン全開となれば・・・という思いもありますが、この展開でもなんとかNHKマイルの優先出走権を獲得してくれました。今回よりも本番の方が適性としては上だと思いますし、無事に駒を進めてくれればと願ってやみません。

令和最初のJRA・G1の出馬表に、ヴィッテルスバッハの名を刻んでくれることを期待しています。
プロフィール

ka2uma0101

Author:ka2uma0101
馬と旅と歴史と野球を愛する競馬モノです

出資馬一覧
出資馬一覧
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる