スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2週続けて府中芝1400

芝1400を得意とする1000万条件の2頭の出資馬、
激突もあるかと思っていましたが、どうやらきわどい
ところで回避となるようです。

チャーチクワイア

過去2勝を府中芝1400で挙げている今年の春菜賞
の勝ち馬。前走は1000万条件の平場としてはかなり
強力なメンバー相手に切れ負けして4着でした。

当初は11/18の牝馬限定の同条件を使うという
プランもあったのですが、1週前倒して11/11の牡馬
混合の同条件に向かうことになりました。

これは同厩のローズノーブルとの使い分けですね。
できれば牝馬限定に使ってほしかったですが、逆に
なるケースもありますし、やむなしです。

ただ、前倒しになった分、短期放牧を挟まずに在厩の
まま調整を続けている効果もあるのか、状態は前走
よりもさらに上向いているようです。

1週前となる今週の追い切りはオークス馬・サンテミリオン
を追走して併入でした。師の評価も高いようですし、
思えばエリザベス女王杯当日の府中芝1400という設定は
初勝利の時と同様と、縁起も良しです(笑)

牡馬相手でも力の入る一戦となりそうです。


クリアンサス

過去3勝は京都→府中→阪神の芝1400で挙げている
昨年の春菜賞勝ち馬。もう1年半もの間、ハナを切る
自分の競馬ができず惨敗を繰り返しています。

本日、NFしがらきから栗東に帰厩し、11/18の府中の
牝馬限定の芝1400辺りを目指すとのアナウンスが
ありました。なんとか春菜賞馬対決は避けられそう(苦笑)

気性に問題の無いチャーチに対し、我の強さが出世を
妨げているクリアンサス。このままで終わってしまうのは
あまりにも寂しいのであります。

府中は京都よりもハナが切りやすい印象がありますし、
牝馬限定という条件も何が何でも前に行きたいという
観点からは良いのではないかと思います。

勝ち負けよりも、まずはなんとか能力を発揮できる
展開に持ち込んで、久々にらしい走りを見せてほしい
と願っています。


残念ながら両日とも府中に足を運ぶのは難しそうですが、
京都のG1の裏で、ひっそりと良いレースをしてもらいたいです。
スポンサーサイト

スペクトロライト、上昇傾向?

ゲート合格こそ果たしたものの、体力不足を露呈して
NFしがらきで調整中のスペクトロライト

ここ数週はスクミの兆候があったりで、これはまだまだ
時間がかかりそうだなと心配していたのですが、今週の
更新では「そこを乗り越えて今は上向き」との、有難い
コメントを頂戴することができました。

ハロン17秒を基調に、終いは15秒まで伸ばしているとの
ことで、上昇気流に乗っていくことができれば、11月の
帰厩もありうるのかな?・・・と期待しています。

ディアデラマドレとともに来年の活躍を楽しみにしている
馬ですし、なんとかここから順調に進んでいってくれれば
なと、心から願っています。

牡馬の活躍馬が目立つ堀厩舎ですが、ビーナスラインや
ジョリーダンスをはじめ、牝馬でも良績を残しています。
先輩たちに肩を並べることができるような、そんな活躍
を今のうちは夢見ておくとします。楽しみです。

やはりジワジワ影響ありそう

秋の天皇賞も終わり、今年の競馬も残すところ2開催。

なんとか出資馬の成績も馬券の成績も最後の巻き返し、
なると良いのですが(苦笑)

さて、先日2013年の競馬番組の概要が発表になりました。

来年も引き続き有馬記念の翌日に開催(メインは阪神C)
が有るというのは、風情の面から個人的にはあまり好み
ません。が、そうは言いつつ馬券は買うでしょうから、馬券
売上の観点からは一定の効果はあるのでしょうね。

また、昨年の中京記念に続いて東海Sの開催時期が変更
となりました(平安Sと入替りイメージ)。フェブラリーSの
ステップとして同じ左回りのレースをというのは分からない
でもないですが、距離はまた変わってしまうんでしょうかね。

ワタクシのような適当な買い方をする人間にはあまり影響
ありませんが、ローテーションなどのデータを中心に馬券を
組み立てる人にとってみると、今までの蓄積データが使えなく
なってしまって困るという面はありそうですね。

さて、標題の件。

個人的に、一口的に一番影響がありそうだと思っているのが、
各競馬場の開催日数の増減です。

札幌競馬場の改修で北海道シリーズが函館のみの開催と
なり、日数が24日(正味3開催)になるのはやむをえないと
思いますが、それ以外のローカル開催についても、ジワリと
開催日数を削減してきています。

数年前の感覚に照らし合わせてみると、

・開催日数増加:中京

・開催日数通常:新潟

・開催日数減少:北海道全体、福島、小倉

となり、減少分は中央4場に回ってきています。
 →東京(5日)、中山(1日)、京都(4日)、阪神(2日)

集客力が高く売上拡大が見込める開催を増やすのは、
JRAの現状を考えればある意味当然なことでもありますので、
残念な面もありますが、その辺りについては特に触れません。
復興途上の福島は減らしてほしくなかったですけれど。。。

注目しているのは、中央4場開催の増加=出走時の
ブロック制限の対象日数が増加、という点です。

特に関西の中距離路線は今まで以上に早い段階から
サバイバルの様相を呈してくることが予想されます。

もちろん、高い能力の持ち主であれば特段問題は
ないのですが、ワンパンチ足りないタイプやデビューが
遅れた馬は、特に夏のローカルが減少することで厳しく
なるんだろうなぁ・・・と早くも懸念しております(汗)

それに、そもそも高い能力を持つ可能性が高い関西の
良血馬は、価格が高い上に人気もあって出資すること
自体が難しいという面がありますし。

一方の関東は関西に比べると全体の馬のレベルが
落ちる分、社台系の血統と育成というのが関西以上
にアドバンテージになるイメージを持っています。

未勝利+500万下2回の3勝を挙げて、後は1000万下
でコツコツと走ってまったりと楽しませてくれるような馬を
選ぶという面では、関東>関西という考え方も成立する
のかもしれません。夢を見るなら、やっぱり関西でしょうけど。

ここ数年は関東馬への出資が増えているワタクシ。

馬を見る目の無さには自信ありますので(苦笑)、
価格・人気とも控え目な上に制度の受益も見込める
ということで、関東馬出資に拍車がかかりそうです。

つらつらと長い駄文、失礼しました。

正夢ならず

1028_01.jpg

夢のお告げ通りに買ったこの天皇賞の馬券、予想通り
4コーナーまでは満喫できましたよ(笑)

でも、さすがにこの夢馬券だけというわけにはいきません
ので、ちゃんと予想して馬券を買いました。


1028_02.jpg

1028_03.jpg


はい、ありがとうございます。

結果的にカレンブラックヒル以外の上位人気馬の
ボックスにナカヤマナイトとジャスタウェイを3連の
ヒモに加えるというひねりのない馬券でしたが、まぁ
当たればヨシということで(汗)

ワタクシのブログを以前のバージョンからご覧になって
くださっている方はご存知だと思うのですが、エイシン
フラッシュは昨年の有馬でも本命にしていたヒイキ馬。

追いかけるフェノーメノもルーラーシップもかなり好きな
馬だけに、ゴール前は力が入りました。3着がジャスタウェイ
だと美味しいと思っていたというのはナイショです(苦笑)


それにしても、今日はミルコが本当に上手く乗りましたね。
良いレースを観れました。この秋のG1は見応えのあるレースが
続きますね。やっぱりこれが最大のファンサービスだと思います。

再来週からの後半戦もぜひ良いレースを期待したいです!

初めてのシー

1026_sea01.jpg


26日(金)は振替休日を取得することができましたので、
たまには家庭サービスということで、東京ディズニーシー
に行ってきました。

ワタクシ、ディズニーシーは初めて。
ランドの方を含めても・・・17年ぶりくらい(笑)

1026_sea02.jpg

1026_sea03.jpg

1026_sea04.jpg


ランドより大人向きという話は聞いていたのですが、
確かに行ってみると落ち着いた雰囲気で、なかなか
居心地が良かったです。

各種アトラクションも絶叫系中心というわけでもない
のが、ワタクシにはピッタリです。絶叫系はどうも
若い頃から苦手でして(汗)

また、アルコールを売っているワゴンや店もいくつか
あって、その点もワタクシ向きであります(苦笑)

1026_sea05.jpg

「SS.コロンビア.ダイニングルーム」のランチコースの
メイン、ローストビーフ。味はまぁ・・・ということで。

1026_sea07.jpg

1026_sea08.jpg

食事中、窓の外に人の気配を感じると思ってふと見ると、
ミッキーがベランダから階下の観客たちに手を振ってました。

この後、こちらにも振り向いて手を振ってくれました。
さすが、エンターテイナー(笑)


1026_sea06.jpg

「シーサイドスナック」のうきわまん。
中に海老が入っていて、なかなかの美味しさです。
ビールとも好相性でした(←それ中心ですな)。

当初の予定では4時間程度で帰ろうと思っていたのですが、
なんだかんだで結局8時間も滞在してしまいました。

1026_sea09.jpg

おかげで夕暮れから夜にかけての美しい景色も楽しむ
ことができて、結果オーライであります。

思っていた以上に楽しめました。
また機会があれば行ってみよう・・・かな?(笑)

※備忘メモ※
■利用したアトラクション
・海底2万マイル
・ストームライダー
・フライングフィッシュコースター
・キャラバンカルーセル
・ジャスミンのフライングカーペット
・シンドバッドストーリーブックヴォヤッジ
・トランジットスチーマーライン

■待ち時間が長く見送ったアトラクション
・トイストーリーマニア(120分)
・インディージョーンズアドベンチャー(60分)
・マジックランプシアター(60分)

なんとか掲示板は確保

京都7Rに出走したマルティニーク、前走3着からの
前進を期待しましたが、5着という結果に終わりました。

太かった前走から中1週ということで絞れてきてほしかった
のですが、マイナス2kgでの出走でした。寒くなってきている
とはいえ、もうちょっと絞れてほしかったですねぇ。
太かったと思います。

この馬にしてはかなり良いスタートを決めたものの、中団
で脚を溜める形でレースを進め、4コーナーではスムーズに
外から良い感じで進出をしたのですが。。。

そこから手応えほど伸びないのがマルティニーク。

ジリジリと差は詰めるものの、脚色は前の馬とほぼ一緒と
いうことで勝ち負けに加わるところまではいけませんでした。

切れ味の無い馬だけに、スタートを活かしてある程度前の
ポジションを取ってほしかったというのは正直ありますが、
太めでしたし、どのみち勝つのは無理だったでしょうね。

レース後の福永騎手のコメントには「コーナー2つのコース
の方が向いている気がする」という部分もありました。

不器用だし、確かにそうかもしれませんが、コーナー2つの
コースというと府中くらい、あるいは距離短縮して1400とか
になっちゃいますね。芝ならたくさんありますけれど(汗)

千田師は「優先権は確保したので引き続き在厩で調整を
していく」とのコメント。今回が中1週でしたし、中3週に
なる11月24日の京都のD1800が有力でしょうか。重賞と
京都2歳Sがあり、福永騎手を確保できる可能性も高そうですし。

正直、中央の中距離戦で勝てるイメージが湧かない
のですが、なんとか結果を出してくれることを願って
応援していこうと思います。

マルティニーク、さらに前進を期待

今週も出資馬の出走は1頭のみ。
日曜は天皇賞など、先週の分まで馬券を楽しむ所存です。


土曜京都7R
3歳以上500万下<D1900>
マルティニーク 57 福永



休み明けの前走はタイム差なしの3着に頑張ったマルティニーク
中1週で再び福永騎手とのコンビで出走となりました。

詰めて使うよりも間隔が空いた方が走る傾向のある馬ですが、
今回は前走から100m距離が延びる点と福永騎手が継続して
騎乗する点でカバーしてくれないものかと。

水曜時点ではフルゲート16頭立ての見込でしたが、最終的に
13頭と少しでも減ったのも歓迎材料だと思います。前走では
うまく内を立ち回れましたが、揉まれ弱い面はありますので。

出走メンバーを見渡してみると、キクノエクレールとダヴィンチ
バローズの2頭の成績が安定していて、この2頭に人気が集中
しそうな感じ。マルティニークは3~5番人気といったところでしょうか。

調教は相変わらず走りませんし、いろいろと心配な面はありますが、
なんとかJRAでの初勝利をゲットできるよう、頑張ってほしいです。

期待しています。

夢を見た

昨夜、天皇賞の馬券を買っている夢を見ました。
しかも、人から頼まれて(苦笑)

券種は3連単で、マルチなしの一点勝負。

買い目は、


2→6→1


でした。

出馬表を見てみると、、、


まず3着の1番。

おっ、ナカヤマナイト。
うんうん、内を上手く立ち回っての3着ならあるかも。


よし、次は2着の6番。

おおっ、なんとルーラーシップ!
こ、これは競馬の神様のお告げかも!!


ラストは勝ち馬の2番、さぁ来い!

ん?
んんん?


シルポートでした。。。


き、奇跡の逃げ切り予言なのですか(汗)


え~と、とりあえず、100円だけ買ってみようと思います(笑)

ジンジャーミストは25日に帰厩予定

9月の中山でデビューを果たした(7着)ジンジャーミスト
検疫が確保できれば25日(木)に帰厩の予定です。

もうちょっと時間がかかるかなと思っていたのですが、
1回使った分、徐々に体力もやる気もついてきている
ような、そんな感じもあるようです。

先日天栄で見学されたお仲間さんの情報では、11月
17日の府中の牝馬限定の芝マイル戦での復帰が目標
となっているとのこと。

ダートは3歳になってからでも良いでしょうし、まず
は芝で可能性を試してもらえるのはありがたいです。
前走からの前進を見せてくれればと期待しています。

また、入れ違いにセプテントリオが山元に放牧です。

レース後、左前の球節に張りが見られたものの、
もう治まっているとのこでひと安心です。

7月下旬からずっと在厩でしたし、ここで一息入れる
のは良いのではないかと思います。まずはしっかりと
リフレッシュして、次に向かっていってほしいです。

東京で改めて

先日の仙台出張で牛タンを弁当でしか食べられなかった
ことが頭の中に残っておりまして、今日出先から会社に
戻る道すがら、そのモヤモヤを晴らして参りました(笑)


121023_1335~02

おなじみの「太助」の支店に寄りまして、今回は
ビーフシチューセットを楽しみました。

121023_1335~01

東京もだいぶ秋らしくなってきていますが、これを
食べたら汗ダクダクになりました。

アツアツのシチューを楽しみながら、さらにアツアツの
テールスープをいただくのですから当然ですね(苦笑)

でも、美味しかったです。
ビールを飲めない状況なのが極めて残念な感じ(汗)

10月も残りわずか。
過ごしやすい季節を少しでも楽しみたいものです。

仙台帰り

いやはや、セプテントリオは不安点が全部出たようで(汗)

まぁ、考えようによっては中途半端な負け方より良いかもしれません。
まだまだ全然なようでしから、鍛え直すもよし、ダートなど条件を変えるもよし。
まったりと応援していきたいなと思います。

とりあえず、牛タン弁当を食しながら帰路につきます。

121020_1615~01

121020_1145~01

上:牛タン弁当
下:芋煮そば

※10月22日追記※
セプテントリオのレースをじっくり観てみました。
スタートであれだけ置かれてしまってはいかんともならんですね。

それでも直線入り口で押し上げていった脚には見どころがありましたが、
いざ追い出してからはもたれてしまって、内田騎手もまともに追えずに
いる感じでした。レース後の師のコメントにもあったように、使うのが
早かったという面はあったと思います。

まぁ、あれよりもチグハグなレースをすることは難しいでしょうし、
使いながら徐々に前進してほしいものです。騎手から「ダート向き
かも」というコメントがありましたし、次はダートでしょうか。

レース内容はアレでも、馬体の雰囲気なんかは良かったと思いますし、
少しずつ力をつけて良い走りを見せていってくれることを期待します。

セプテントリオ、デビュー

今週の出資馬の出走は1頭。

新馬戦ということで本来なら是非とも現地観戦したい
ところですが、ピンポイントで出張であります(泣)


土曜東京5R
2歳新馬<芝1800>
セプテントリオ 55 内田



入厩から3ヶ月弱、ついにセプテントリオがデビュー
を迎えます。体の使い方が下手ということで、通常
よりもだいぶ時間がかかってしまいましたが、陣営
が粘り強く教え込んでくださいました。

なんとかここまで辿り着くことができて、本当に
ありがたいことだと感謝しております。

時間がかかった分だけ乗り込み自体は十分なものの、
速いところの本数は少ないですし、ゲートも含め正直
心配ではあります。

ホアピリが断然人気になると思いますが、セプテン
トリオも社台ブランドと鞍上人気でそこそこの人気
にはなるかもしれません。

ですが、まずはとにかく無事にレースに参加し、
できれば次につながる面を見せてくれれば・・・
といった気持ちであります。

兄姉は見事にダート巧者ですが、果たして本馬
は芝をこなすことができるでしょうか?

レースの時間は仙台にいる予定。
ケータイで実況を聴きながら応援したいと思います。

マルティニークは中1週で出走予定

先週の京都で3着と頑張ったマルティニーク、早くも
次走予定が今日の更新でアナウンスされました。

10月27日 京都の平場(D1900)

というのがそれで、引き続き福永騎手とのコンビで
臨む予定となっています。

100mの距離延長に福永騎手の継続騎乗、いずれも
心強い材料なのですが、今まで中1週・2週では結果
が出ていないことが気にかかります(汗)

モタモタしたタイプなのに、なぜか休み明けの方が
比較的良く走り、叩いてさぁ勝負・・・というところ
でたいがいパフォーマンスを落としています。

そんなわけで不安も大きいですが、さすがにもう5歳
というか6歳が見えてきているわけですし、そろそろ
なんとかしてもらわねばと思います(苦笑)

内容は気にしないので、次は結果を残してほしい。
そんなことを思いながら応援することになりそうです。
心配したのがバカらしくなるような良い走りを願います!

出資馬近況サマリ(10月16日)

10月に入って2週で8頭の出資馬が出走しましたが、
相変わらず勝利までの道は険しく、馬券圏内も1頭
のみとなりました。

今年も残り少なくなってきたところで在厩馬も一気に
減ってしまいましたが、なんとか暮れに向かって良い
ニュースを届けてほしいものです。

[5歳]
・アンヴァルト 牡 1000万下 本年:0-0-0-0-0-1
NFしがらきにて調整中。10月7日の京都・円山特別ではハナ
に立ってレースを進めるも、直線豪快に失速して大敗。短期
放牧になると思いますので、次は前進をと願います。

・マルティニーク 牡 500万下 本年:0-0-1-0-0-3
栗東在厩。10月13日の京都・平場戦に福永騎手で出走し、3着。
久々に良い走りを見せてくれましたので、なんとかここから
良い流れになってほしいです。今後は続戦の予定です。

[4歳]
・リアルインパクト 牡 OP 本年:0-0-1-1-0-2
NFしがらきにて調整中。10月7日の毎日王冠4着後にちょっと
疲れを感じさせるとのことで、天皇賞挑戦は見送り、短期
放牧を挟んでマイルCSを目指すこととなりました。

・クリアンサス 牝 1000万下 本年:0-0-0-0-0-3
NFしがらきにて調整中。10月8日の京都・久多特別大敗後、
テンションが高くなってしまっているとのこと。このまま
終わってしまうのは寂しすぎる馬。なんとかもうひと花。

・トルバドゥール 牡 1000万下 本年:2-1-0-0-0-2
NF天栄にて調整中。10月6日の多摩川特別の疲れがまだ残っている
ようですが、牧場の見立てではそんなに間を置かずに次走に
向かえるだろうとのこと。府中後半で走ってもらいたいです。

[3歳]
・チャーチクワイア 牝 1000万下 本年:1-0-0-2-0-3
美浦在厩。10月13日の東京・平場戦に北村宏騎手で出走し、4着。
もうワンパンチ必要ですが、短距離では安定しています。この後は
天栄での短期放牧を挟み、11月18日の東京・平場戦を目指します。

・ディアデラバンデラ セン 500万下 本年:1-0-1-0-0-4
NFしがらきにて調整中。9月23日の阪神での大敗を受け、去勢
手術を行いました。術後の経過は順調で、既にハロン18秒程度
を乗っています。生まれ変わってほしいですが、さて。

[2歳]
・ディアデラマドレ 牝 500万下 本年:1-0-0-0-0-0
現在はNF早来で曳き運動。骨折手術後の経過は悪くないとの
ことで、もうしばらくしたら次のステップに移る可能性も。
馬体重は469kgと、レースから40kg近く増えています。

・バルトロメオ 牡  未勝利 本年:0-0-1-1-0-1
NFしがらきにて調整中。外傷のため、10月8日の京都戦は
痛恨の取消。放牧に出されましたが、改めて縫合したとの
ことで、残念ながら復帰にはちょっと時間を要しそうです。

・スノーストーム 牡 未勝利 本年:0-0-0-1-0-1
NFしがらきにて調整中。10月8日の京都戦は出遅れが響いて
大敗。気性面の問題も改めて露呈しました。ソエも出ている
とのことで、こちらもちょっと時間がかかりそうです。

・ジンジャーミスト 牝 未勝利 本年:0-0-0-0-0-1
NF天栄にて調整中。ハロン17~18秒を基調に、週1回は15-15
もこなしているとのこと。順調に進めば、次の東京開催には
復帰できるのではとの見解。前進を期待したいです。

・セプテントリオ 牡 新馬
美浦在厩。ようやく体を収縮させる走りが徐々に出来るよう
になってきたとのことで、10月20日の東京・新馬(芝1800)に
内田騎手で出走予定。まずは無事にと願います。

・スペクトロライト 牝 新馬
NFしがらきにて調整中。ハロン17秒程度の調整を行っている
ものの、スクみを見せたり、まだまだ体質強化が必要な状況。
トレセンの調教に耐えられるよう、じっくり進めています。

[今年の出資馬全体の戦績]
5-1-5-5-1-26

※今年の引退馬※
 リーチコンセンサス(本年:0-0-0-0-0-2)
 リードホイッスル(本年:0-0-0-0-0-2)
 ヴァリディオル(本年:0-0-0-0-1-1)

チャーチクワイア、今回も4着

マルティニークのレース後はパドックへ。

東京8Rに出走するチャーチクワイアの応援です。
前走の木更津特別4着からの前進を期待したいところ。

1012-03.jpg

馬体重は前走と同じ448kg。
2歳時からまったく増えてきていないのが少々気がかり。
あと10kgくらいは増えてほしいなぁと思います。

1012-04.jpg

とはいえ、いつものように落ち着いた周回でした。
牝馬ですが、この辺りの安定感は頼もしいです。ただ、今回
は尻尾をよく振っていたかな。

1012-05.jpg

2戦2勝の府中の1400ということで期待は高まりますが、
一方で今回のメンバーは前走の特別よりもレベルが高い
印象もありました。

1012-06.jpg

過去2勝の時は内枠でしっかり脚を溜めて直線で末脚を
発揮することができましたが、今回は12番枠ということで、
レース前半に脚を使わざるをえませんでした。

1012-07.jpg

それでも4番手でしっかり折り合ってレースを進め、直線
での手応えも良く見えて、期待しましたが。。。

追い出してチャーチ自身も良く伸びてはいる(上がり3ハロン
は33.4秒)のですが、上位馬がそれ以上の素晴らしい伸び脚
を見せ、チャーチは0.2秒差の4着という結果でした。

1着のプランスデトワールはオープンでも準オープンでも2着
がある、今回のメンバーではハッキリ格上の存在。2着の
レッドエレンシアと3着のハングリージャックも、このクラス
は勝っている実力馬です。

ということで、今回は残念ながら力負けでした。
できれば3着以内で優先権を確保したかったのですが、それでも
前走に続いて4着に踏ん張って、クラス突破のメドは立ちました。

この後はNF天栄への短期放牧を挟んで、11月18日の同条件
を目指すとアナウンスがありました。次走は牝馬限定戦に
なりますし、勝利を目指して頑張ってほしいです(できれば
枠は内目がほしいですね)。

マルティニーク、久々の掲示板

土曜日は東京競馬場に出かけました。

今回もサンデーの馬主席に当選・・・って毎回当選
しているので、基本定員割れなんでしょうね。

府中の馬主席は見晴らしの良さが魅力です。

1012-01.jpg

また、現在JRAではエヴァンンゲリオンとのコラボを
展開中・・・ということで、スタンドにはこんな展示を
しているエリアもありました。

ワタクシ、不勉強でよく意味が分からないのですが(汗)

1012-02.jpg


そんなこんなで京都6Rが終わったので、7Rに出走する
マルティニークのパドックの様子をモニタで観察。

馬体重がプラス22kgと知った時には「あっちゃ~」と
思いましたが、映像を観ると腹回りに余裕があるのは
確かなものの、そこまで太くはない印象でした。

夏場はだるそうにパドックを周回していましたが、今回
はこの馬にしては気合を出して歩いていて、まずまず
状態は良いのではないかと思いました。

人気は無い(10頭立ての7番人気)ものの、鞍上も大幅
強化されたことだし、面白いところはあるかもと前向き
な気持ちになりました。

さて、そのレース。

まずまずのスタートを切ったものの、無理せずに中団
後方に控えての追走。外枠でしたが、ポジションを徐々
に内に取り、直線では最内を狙う格好に。

揉まれ弱いだけに心配でしたが、この日は福永騎手が
仕掛けるとインをしっかりと伸びてきてくれました。

一気に先頭に立つ勢いで、「これはいける!」と
ワタクシのテンションも一気に上がりましたが、最後は
人気2頭との凌ぎ合いでクビ・アタマ差で遅れを取り3着。

勝ち馬・フォントロルイがかつての出資馬・レーゲン
ボーゲンの仔にして、今年の出資馬・レーゲンボーゲン
の11の全兄というのがなんとも(苦笑)

それでも、久々に掲示板を確保してくれました。
このところあまりにも冴えない走りが続いていただけに、
いろいろ恵まれたにしても、今回の前進は素直に嬉しいです。

レース後の更新では状態を見て続戦とのこと。
なんとか中央での初勝利を目指して頑張ってほしいです。

チャーチクワクイア、得意条件で期待

続いては東京で。
ここは力が入る一戦です。


土曜東京8R
3歳以上1000万下<芝1400>
チャーチクワイア 53 北村宏



前走の木更津特別で4着に頑張ったチャーチクワイア。
今回はさらに距離を1ハロン短縮し、過去2戦2勝の得意
条件である府中の1400に出走です。

ここは狙っていた一戦ということか、調教の動きも
とても良い模様で、競馬ブックの「追い切りピカイチ」
にも掲載されていました。状態が良さそうですね。

ただ、平場戦なのに結構メンバーが。。。

プランスデトワールが出てくるとは思いませんでした(汗)
他にもレッドエレンシアやハングリージャックをはじめ、
クラス上位の実力の持ち主が結構集まっています。

とはいえ、チャーチも争覇圏内の一頭だと思いますので、
末脚を存分に発揮して頑張ってほしいです。枠はできれば
内が欲しかったところですが、なんとかうまいこと運べば。

当日は現地にて応援するつもりです。ぜひともスカっと
爽やかな気分にしてくれることを期待したいです。

マルティニーク、急遽京都で出走

今週は土曜に2頭の出資馬が出走します。
まずは京都から。


土曜京都7R
3歳以上500万下<D1800>
マルティニーク 57 福永



笠松・名古屋の交流競走への出走を狙って
いましたが、いずれも補欠にも選出されず。

下旬の大井の交流競走を目指すとのアナウンス
もありましたが、新潟が始まって今週の京都が
空いているとのことで鉾先を変えてきました。

個人的にはこの距離だと後ろからの競馬に
なってしまい、ウダウダになる可能性が高いと
思っていますが、10頭立ての外枠に望みが
あるかもしれないとも思っています。

福永騎手が空いていたのも幸運ですし、
うまく流れに乗ってほしいものです。今回の
メンバーで掲示板も外すようだとかなり厳しい
ので、なんとか前進してくれることを祈るばかりです。

あっという間に

先週は取消となったバルトロメオを含めて6頭が臨戦態勢
に入っていたわけなのですが、その6頭、申し合わせたか
のように、全馬放牧とあいなりました(苦笑)

外傷を負ってしまったバルトロメオや、テンションがヤバい
感じになる危険性をはらむスノーストームなどは致し方ない
と思いますが、長期休養明けからようやく復帰したアンヴァルト
やクリアンサスはちょいと残念ではありますね。

両馬とも、言い訳はできる敗戦ではあったものの、ともに
成長が感じられずそもそも休養の意味があったのだろうかと
問いかけたくなるような残念な走りでありました(アンヴァ
ルトは故障なのでしかた無かったのですが)。

とりわけクリアンサスは、デビュー前の期待が大きかった
だけに、厩舎サイドのテンションの下がりっぷりが露骨に
伝わってくる・・・そんな印象であります。

今回はレース後の状態などを確認することもなく、あっさり
とレース当日に放牧がアナウンスされていましたし、なんとも
いえない寂しさを感じざるをえませんでした(汗)

逃げないとダメだけどスピード不足という、実に悩ましい
馬だけに、現状を鑑みるといつ引退勧告を突き付けられても
しかたないとは思います。でも、一方ではせめて馬具装着
くらいは試してほしいなとも思っております。

さて、どうなりますか。。。

いや~、これはひどい

月曜競馬は仕事で観ることができませんでした。

が、それで良かったと思わせるくらい、まったく
良いところのない結果でありました(汗)


京都2R バルトロメオ→外傷のため出走取消

京都3R スノーストーム→13頭立ての11着

京都9R クリアンサス→18頭立ての16着


・・・う~む、ひどい(苦笑)

最もチャンスがあったであろうバルトロメオの
取消はまったくもって残念でしたが、症状は軽い
ようなので、できれば在厩で改めての一戦に臨んで
ほしいです。放牧したら馬体重が恐ろしいことに
なりそうですしね。。。

スノーストームは出負けして終了でした。
気性面の悪さのイメージが強すぎたのか、騎手も
終始おっかなびっくりという感じの乗り方でした。
この辺りは何らか手を打っていかないとマズいこと
になりそうですが、京都の外回りという条件もアン
マッチだったと思います。これで放牧でしょうか。

クリアンサスはシゲルアセロラが速すぎてハナに
立てなかった時点で終了。じっくり立て直したものの、
休み明けとはいえ1000万条件でこの程度のレースしか
できないのでは、この先の展望も暗そうだなというのが
正直な感想。血統馬だけに、何戦かこのようなレースが
続くようなら、然るべき決断をした方が良いと思います。

そんなわけで、3日間で5頭の出資馬が出走しましたが、
勝利どころか掲示板がリアルインパクト1頭のみという
お寒い結果に終わりました。

現地観戦してたらハンパない疲労に襲われていそうです
から、何かと用事の立てこむ3日間で良かった・・・
なんて思わないですよ、もちろん。残念でありました(泣)

らしいといえばらしい結果でした

今日は2頭の出資馬が出走しました。

アンヴァルト→16着(8人気)

リアルインパクト→4着(7人気)


という結果だったわけですが、両馬ともらしい
といえばらしい感じのレースでした。

京都の円山特別に出走したアンヴァルトはシンガリ負け(汗)

好スタートから軽快にハナを切るという、アンヴァルトらしい
展開ではありましたが、直線ではパッタリと止まってしまい、
気持ち良いくらいの負けっぷりとなりました。

今回は長期休養明けだったので、一叩きして次は粘りが出て
きてくれればと思いますが、基本的には相変わらず前に行って
追って味が無い・・・ということに変わり無いなぁとも。

一方、東京の毎日王冠に出走したリアルインパクトは4着。

グランプリボスの先行にはビックリしましたが、シルポートの
作るペースをカレンブラックヒルの後ろで追走するという予想
通りの展開で、本来の位置取りだったと思います。

シルポートが捕まってカレンが先頭に躍り出て、さぁここから
と期待しましたが、良い時であればすっと前進するところ、今日
は岩田騎手が促すもなかなか進んでいきませんでしたねぇ。。。

前には並べかけられず、後ろからは差され、という展開に
なってしまい一気に飲み込まれてしまうかとも思いましたが、
最後はしぶとく脚を伸ばすところも見せて、カレンから0.3秒
差の4着でフィニッシュとなりました。

レース後の岩田騎手のコメントは、「ゴーサインを出してから
動けなかった」「年齢を重ねてズブさが出てきている感じ」と
いったものでしたが、まさにレースを観ての印象そのものです。

人気以上の着順に来ていますし、ちょっと太目が残った馬体で
頑張ってくれているとは思いますが、やっぱりちょっと物足り
ないというのも正直な印象です。

今日も賞金加算には至りませんでした。
この先のレース選択は果たしてどうなりますか。クラブからの
発表を待つばかりであります。

トルバドゥールは7着

本日は祖母の13回忌ということで浜松へ。

トルバドゥールが7着ということは確認済でしたが、
レース映像は帰京後、先刻確認しました。

さすがにこのクラスで出負けしては厳しいですねぇ。

んでもって、強気に押し上げて行って、直線入り口
では2番手まで上がっていったわけですが、さすがに
道中脚の溜めどころも無い状態では厳しく、最後は
脚が上がってしまって7着という結果に終わりました。

どうせなら差しに転じて脚を測るような競馬でも
面白かったなとは思いますが、チグハグながらも
まずまず力は示してくれたのではないかと思います。

悲観するような内容では無かったですし、次は前進
を期待したいところです。が、いつものように、天栄
で一息入れることになるようですね。

11月25日の東京・マーヴェラスジョッキーズトロ
フィーか、12月1日の中京・鳴海特別辺りが目標と
いうか、放牧を挟む場合の年内の適鞍はこの2つくらい
しか無さそうです(汗)

次はスタートを決めて、スムーズなレースをしてほしい
ものであります。まずはしっかり疲れを取ってくだされ。

クリアンサス、降級戦

今週の締めはクリアンサス。
4月以来の復帰戦かつ降級戦で、この馬本来の
走りをしてくれることを願っています。


月曜9R
久多特別<芝1400>
クリアンサス 55 松山



4月の福島牝馬S以来の出走となります。

昨年秋以降、チグハグなレースが続いていた上、
今春はダート戦と9ハロン戦、適性外の条件を使う
ことで相当に疲弊してしまいました。

そのため、夏は北海道でリフレッシュに専念し、
甲斐あってだいぶ良い状態になったように思います。

栗東帰厩後は調教が軽いという印象がありますが、
それでも昨年に比べるとだいぶ良い状態に感じます
ので、半年近い休養明けでも頑張ってくれるのでは
ないかと期待を持っています。

クリアンサスの場合、相手関係よりも、まずは自分の
ペースでレースを運べるか、その点がなによりも大事
なポイントになってきます。

すなわち、単騎逃げということになるわけですが、
ここにはクロワアモーとシゲルアセロラという、気に
なる2頭(前走逃げている)が出走してきます。

休んだからといって気性面が突然成長するとは思えません
し、松山騎手には「何が何でも行く」という感じでお願い
をしたいです。クリアンサスに久しぶりに自分のレースを
させてやりたい、そう願っております(祈)

スノーストーム、前進を期待

月曜の2頭目はスノーストーム。
相手の揃った未勝利戦でどの程度できるか、
前進を期待したい一戦です。


月曜京都3R
2歳未勝利<芝1800>
スノーストーム 55 ピンナ



中山でのデビュー戦は気難しい面が顔を出しつつ
も上がり最速での4着と、次につながる内容でした。

2戦目となる今回は地元の京都の芝1800。
スローのヨーイドンは向かないイメージを持っている
のですが、坂の下りからロングスパートという展開に
持ち込めば持ち味が活きそうな気がします。

油断ならない面のある馬だけに、ピンナ騎手が調教で
一度乗ってくれたのは大きなプラス材料だと思います。

相手関係は正直厳しいですね。

阪神の芝1800の新馬でデビューした評判馬・カレン
バッドボーイやアドマイヤキンカクを筆頭にやはり
この条件はメンバーが揃います(汗)

ここで前走からの前進を示してくれれば、今後が
ますます楽しみになりますので、ぜひ気難しい面を
見せずに良い走りをしてほしいものです(願)

バルトロメオ、ここは決めたい→取消

そして3連休競馬の最終日は3頭が出走。

トップバッターは異端のディープ産駒(汗)
実は今週出走する6頭の出資馬の中で、最も
勝利に近い存在と期待しています。


月曜京都2R
2歳未勝利<D1400>
バルトロメオ 55 岩田



バルトロメオが早くも4戦目を迎えます。
ディープ産駒でもやっぱりダートのスプリンター。
恐るべき、キョウエイフォルテの血筋です(苦笑)

ダートに舞台を移してのここ2戦は3着→4着と、
安定した成績を残しています。エンジンのかかり
が遅かった前走を観る限り、1ハロンの距離延長は
好材料ではないかと思います。

追い切り動かないタイプですが、今回はラスト1ハロン
を13秒ジャストでまとめて、休み明けを一叩きして
確実に状態は上向いていそうです。

当初は川田騎手が騎乗する予定でしたが、同日の
南部杯に乗るということで、岩田騎手に変更と
なりました。おっとりしたタイプですので、追える
騎手はきっとプラスに働くと思います。

相手関係を見渡すと、前走掲示板は他に3頭のみ。
人気はサンライズトークに譲ることになりそうですが、
ここはチャンス十分の一戦でしょう。

京都は母のフォルテピアノが3勝を挙げた競馬場。
そんな血統的な裏付けにも期待して、ここで待望の
初勝利を挙げてくれることを願って応援します!

仕事ですけれど(笑)

続きを読む

リアルインパクト、復権を目指して

日曜の2頭目はエースの登場。
今後のG1戦線に挑むためにも、そろそろ賞金を
加算しておきたいところです。


日曜東京11R
毎日王冠<G2>
リアルインパクト 57 岩田



リアルインパクトの復帰戦です。
不振にあえいだ春シーズンでしたが、安田記念
では厳しい流れを先行して6着と頑張りました。

夏をNFしがらきで過ごし、春よりも良い状態で
秋の始動戦を迎えることができそうです。岩田
騎手が継続騎乗できるのもなにより。

追い切りでは僚馬・ストロングリターンに遅れ
ていますが、相手がとにかく動くので、これは
致し方なしなのだろうと思います。

そのストロングリターンにエイシンフラッシュ、
そしてカレンブラックヒルにグランプリボスに
エイシンアポロン。リアルも含めてG1馬が6頭(汗)

それ以外のメンバーも重賞ウイナー揃い。
18頭中、重賞未勝利は3頭だけで、その3頭中2頭は
重賞2着が複数ありという、G2としては超豪華な
顔触れということにあいなりました。

それでも得意の府中で57kgであれば、決して格負け
することは無いと思います。人気的にも妙味ある立場
になるでしょうから、ノッてる鞍上のサポートで
良い走りを披露してほしいと期待しています。

シルポートとカレンブラックヒルが作る流れを3番手
辺りで追走する、3歳時の安田記念と同じような展開に
なってくれることを熱望して応援しようと思います!

アンヴァルト、今年の初戦

日曜は2頭が出走。
まずは京都に昨年12月以来の長期休養明けとなる
この馬が登場します。


日曜京都9R
円山特別<D1200>
アンヴァルト 57 幸



アンヴァルトが競馬場に帰ってきます。
3歳時に勝っている1000万条件ではがゆい足踏みを
続けた4歳時以来、10か月ぶりの出走となります。

さすがにこれだけブランクがありますし、今回は
厳しいと思いますが、それでもここ2週は同厩の
G1馬・カレンブラックヒルの胸を借りて、まずまず
良い仕上がりで出走できそうで楽しみもあります。

鞍上の幸騎手はテン乗りとなりますが、特にクセの
ある馬ではないですし、問題無しでしょう。手応え
の割に伸びないというのは問題ありですが(苦笑)

古馬の安定勢力に加え、伸び盛りの3歳馬も参戦し、
かなり厳しい一戦ということになりそうです。

ですが、アンヴァルトもこのクラスでは上位に位置
していると思いますし、無事にそして次につながる
良い走りを見せてほしいと願っております。

トルバドゥール、力試しの一戦

今週末は可能性のあった馬すべてが出走。

3日間競馬とはいえ、6頭の出資馬が走るなど、
ワタクシにとっては初めてのことであります。
ぜひ良い走りをと、期待したいです。

で、まずは土曜日に先陣を切るのはこの馬です。


土曜東京10R
多摩川特別<D1600>
トルバドゥール 57 ピンナ



休みを挟みながら、降級を挟んで500万を連勝した
トルバドゥールが初の1000万条件に挑戦します。

前走の2着馬・グレイレジェンドは中山開催の1000万
特別を快勝しましたし、前々走の2着馬・テンゲントッパ
も500万条件はキッチリ勝ち上がりました。

トルバドゥール自身もこのクラスで足りないということ
は無いと踏んでいます。3-3-0-1と、左回りは抜群の
安定感を誇っています(着外は長期休養明けでの4着)
ので、昇級戦のここでも・・・と期待しています。

鞍上にピンナ騎手を迎え、良い走りをしてほしいもの。

フラアンジェリコ・マスクトヒーロー・ブライアンズ
オーラ辺りが人気になりそうですが、いろいろな位置で
競馬ができますし、うまい立ち回りで上を狙ってほしいです。

この日は法事で府中には行けないのですが、遠く浜松より
念を送って応援しようと思います(笑)

マルティニークは名古屋の交流戦を目標に

早くも5歳の秋を迎えたマルティニーク

長期休養明け後、夏場に3戦を消化したものの、見るも
無残な惨敗続き。個人的には向いていない条件のレース
ばかりだったとは思うものの、能力不足も明らかでした。

その後一息入れて、次なる目標になっているのが、
地方交流競走。過去2勝がいずれも中央500万条件馬
が出走する交流戦で、適性が高いという判断でしょう。

しかし、当初狙っていた10月10日の笠松のレースには
入ることができず、改めて狙いを10月17日の名古屋の
交流戦(D1900)に定めてきました。

まぁ、悪くはないと思うのですが、昨年2勝目を挙げた
笠松の交流戦でも前半は後方待機の位置取りになって
しまったように、中距離では本質的にスピード不足だと
思うんですよねぇ。。。

できれば、10月13日と27日に設定されている、新潟の
D2500の500万下平場を使ってほしいです。長めの距離
で可能性を探ってダメならダメでしかたない・・・、
そんなイメージを持っているのですが。

それに、ぶっちゃけ地方交流で勝って1000万下に昇級
しても中距離ではサッパリの可能性が高いでしょう。
であれば、違うカテゴリーを使ってほしいのです。

う~ん、でもここ1年半を振り返ると、この条件は使って
くれない可能性の方が高いですかね。なんとか気が変わって
ほしいと、一出資者として切望しているのであります。

チャーチクワイア、予定通り

9月8日の中山・木更津特別で僅差の4着に入り、
適距離で変わり身を見せたチャーチクワイア
予定通り10月13日の平場(芝1400)に向かいます。

前走後はいつものようにNF天栄に短期放牧に
出されてリフレッシュ。9月28日に帰厩しました。

ネオ牝馬は気性面の難しさがよく指摘されますが、
チャーチはその点安定していて、コンスタントに使う
ことができています。さすが母父がフレンチ様、
素晴らしい効能であります(笑)

今日のレース1週前追い切りは美浦の坂路で52秒台
ということで、特に目立つ時計ではありません。

が、時計を出す厩舎では無いですし、チャーチも動く
タイプでは無いので、まぁこんなものかなぁ・・・という
印象を持っています。

今回は2走前の鞍上・北村宏騎手が騎乗予定です。
特にクセの無い馬ですが、乗ったことのある騎手
というのはやっぱり心強いですね。

そして何よりも、今回は未勝利戦と春菜賞と、
過去2勝を挙げているベストの府中1400という
条件。牡馬相手で厳しい面はあるかと思います
が、ぜひとも勝ち負けをと期待しています。

まずはこのまま順調にレースに向かって
くれることを願っています。来週、楽しみです。
プロフィール

ka2uma0101

Author:ka2uma0101
馬と旅と歴史と野球を愛する競馬モノです

出資馬一覧
出資馬一覧
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。