そりゃ、そうだ(その2)

いくらなんでも、前走からさらにプラスでレースに出すのは馬券を買ってくれる人にも馬自身にも失礼ではないですかね。

まったく本来の走りができないリアルが気の毒でした。

ただ残念。この一語に尽きます。
スポンサーサイト

そりゃ、そうだ

小倉2Rに出走したマルティニークは8着。

6kg増の馬体は余裕があるように見えましたし、そして
いつものように前半のペースに付いていけず後方からの
追走となり、思い切った捲りも打てず早々と勝負とは無縁。

そしてこれもいつものように直線でジリジリと差を詰めて
8着という位置でフィニッシュ。まぁ、この条件ではこんな
ものでしょう。脚が遅いうえに不器用ですからね。。。

この結果はだいたい厩舎陣営も予想通りと思います。
何を意図してレースを使っているのか、公式サイトで
アナウンスでもしてくれればぁ・・・と思います。

引導を渡すためなのか、とりあえず数を使うことを良しと
しているかなのか、その辺の思惑を知りたいものです。

本音は聞こえてこないでしょうけれど、今のように最初から
期待できない使い方をされるよりは、少なくとも私はその方が
納得できて良いですね。
※馬が弱いことはもちろん分かって書いています

東風吹かば・・・

晴天の中、家でノンビリももったいないなということで、
花粉症リスクをテイクして(笑)、出かけました。

目的地は梅を愛でるために湯島天神だったのですが、、、

130223_01.jpg

130223_02.jpg

なぜか真っ先に上野駅近くの「叙々苑」で焼き肉ランチをば(苦笑)

手頃な1,700円のランチにしたのですが、思いのほか肉も食事も
充実していきなり満腹で、ミッション・コンプリートな気分(汗)

でもそれではいかんと、本来の目的地へと歩みを進めます。

130223_03.jpg

なんとか湯島天神に到着。

梅祭り開催中ということで賑わいを見せていましたし、
受験シーズン真っただ中ということで絵馬も多かったです。

で、肝心の梅はというと。

130223_04.jpg

130223_05.jpg

徐々に開いてきているけれど、まだまだな感じですね。
やはり今年の異常な寒さの影響なのでしょうか。

130223_06.jpg

130223_07.jpg

それでも、季節の花の持つ力強さを随所に感じることが
でき、とても良い時間を過ごすことができました。

でもって帰りには上野公園の不忍池を横切って。

130223_08.jpg

まだまだ寒い日が続きますが、いよいよ春が近づいているなぁ
・・・という感覚を持つことができた1日でした。

今年も花粉症に負けずに春を楽しみたいものです。

リアルインパクト、久々に内田騎手とのコンビ

続いてはエース登場。
大敗の前走からの巻き返しを願います。


日曜中山11R
中山記念<G2>
リアルインパクト 57 内田



東京新聞杯が太かったにしても2桁着順の大敗。
さすがにこれはしんどいなという感じでしたが、陣営に
ショックはあまり感じられず、続戦で中山記念出走です。

中間の報道ではあまり馬体重は変わってきていない
けれども着実に良化はしてきている・・・といったニュアンス
で伝えられています。

NHKマイルC3着時以来のコンビとなる内田騎手を背に、
リアルらしい競馬を今度こそ見せてほしいなと思っています。
逃げるシルポートの2~3番手から運べばチャンスも・・・と。
枠も良いところに入りましたしね。

できれば中山に馳せ参じたかったのですが、東京マラソンに
出場する先輩を囲んでの宴が予定されているので、どこか
適当なウインズで応援をしようと思います。

大目標の安田記念に向け、なんとか賞金加算できますように(祈)

マルティニーク、いつものように

今週は日曜に2頭の出資馬が出走。
さて、前進は見られるでしょうか。


日曜小倉2R
4歳以上500万下<D1700>
マルティニーク 57 松田


マルティニークの6歳初戦となります。

中距離ダートで掲示板の後ろの方に載るか載らないか
・・・というレースを繰り返しているので、なんらか条件を
替えてほしかったというのが本音です(2400あるのに)。

前走から引き続き騎乗となる松田騎手。

後ろから行っても斬れる脚は使えないということは把握
してくれているでしょうから、マクリ気味に上がっていく
積極的な騎乗を期待したいです。ホントはスっと前に
つける先行力があれば良いんですけどね(苦笑)

まずは掲示板目指して頑張ってほしいものです。

今年は遅いですねぇ~

例年ならばボチボチと2歳馬の馬名が決まる時期ですが、
今年は全体的にスローな感じですね。特に去年はキャロット
の馬名発表が早かったので余計にそう感じます。

さてさて、どうなりますか。。。

クリアンサス、納得の大敗ではあるものの・・・

小倉12Rに出走したクリアンサスはムチを入れながら
強引にハナを奪って自分のレースをするも、さすがに
6ハロン戦では厳しく、直線で馬群に沈みました。

同じ大敗でも納得のいく負け方です。
今回のように「絶対に譲らない」という姿勢を示して
おくことは今後に活きる・・・かもしれません。

ブリンカー等の工夫をした上で、7ハロン戦でもう一度
ハナを切る競馬を見てみたいという気持ちはありますが、
一方ではもうそろそろ引退でも・・・という気持ちも
同じかそれ以上にあります。

デビュー前の期待感からするとおおいに期待外れの現状
ではありますが、それでもフラワーパークの仔であり、
しかもSSの血を持たないということで、次のステージでは
改めて大きな期待を持てる馬だと思っています。

正直、これまでのさまざまな経緯を見ていると、競走生活で
ポテンシャルを開花させることは極めて難しいと思うので、
早めの決断をすべきではないかと(昨秋にもそう感じました)。

それにしても、本当に出資馬が走りません(苦笑)
さすがに5カ月以上未勝利というのは長いですねぇ。。。

まぁ、それは見る目の無さという自己責任で致し方なしですが、
例の裁判のこと(裁判の中身よりも主催者や関係者の傍観者ぶり)
なんかも眺めていると、競馬そのものへの興味もかなり薄れている
のは間違いないところであります。

撤退はともかく、縮小という方向で。
マグレでもなんでも、G1を勝てていて良かったなぁって、変な
ところでリアルインパクトに感謝しています(笑)

続きを読む

セプテントリオは辛うじて掲示板確保

東京1Rに出走したセプテントリオは5着。
初勝利を期待していただけに、残念な結果となりました。

まずまずのスタートを決めて、3番手の好位をうまく取れそう
な感じになった時は「よしよし」と思ったのですが。

隊列が落ち着きそうになったところで、8番@平野と13番@松岡
に外から寄せられてコーナーのところでかなり前が狭くなる不利
を受けてしまったのは残念でした(泣)

外からのプレッシャーがあったのは分かりますが、8番なんて
かなり無理やりに狭いスペースに入ってきてましたからねぇ。。。

騎乗した柴田善騎手も「あの不利が痛かった」と言っている通り、
映像で観ていてもそこから一気にリズムが悪くなったのが良く
分かりました。本当に残念の一語です。ギリギリで優先権を確保
できたのが不幸中の幸いでした。

そんなわけで今日は消化不良な結果となってしまいました。
スタートが良くなってきているのは収穫ですし、なんとか次は
巻き返してもらいたいなぁと思います。

今日は石垣島土産の泡盛で独り残念会を行うとします(苦笑)

130216_1332~01

クリアンサス、逃げ名人と初コンビ

日曜最終には悩めるこの馬が。
逃げ名人との初コンビで新味を見せてほしいものです。


日曜小倉12R
帆柱山特別<芝1200>
クリアンサス 55 中舘



3歳春のマーガレットSを鮮やかに逃げ切って以来1年半
以上の歳月が過ぎました。この間、勝ち負けどころか、
2階級降級しても掲示板にさえ載れない低空飛行(泣)

今回も芝1200ではテンのスピードが足りずにいつもと
同じように本来の力を発揮できずに終わってしまうの
では・・・という不安が正直大きいです。

ただ、今回は逃げ名人の中舘騎手が初騎乗ということで、
なんとかクリアンサスの持ち味を出すようなレースを
してくれないかなぁ・・・と期待したいと思います。

セプテントリオ、初勝利を目指す

今週は2頭の出資馬が出走。
土曜の1Rと日曜の最終Rとはなんとも極端です(苦笑)

まずは土曜。


土曜東京1R
3歳未勝利<D2100>
セプテントリオ 56 柴田善



前走、デビュー3戦目にして初めてまともにレースに参加
したセプテントリオ。その前走は勝利目前のところで勝ち馬
の末脚に屈してハナ差の2着でした。

同じ府中のD2100のレースに出走ということで、当然初勝利
への期待は高まりますが、乗りなれた内田騎手が乗れずに大先生が
テン乗りとなるのは、クセ馬だけにちょっと心配です(汗)

相手関係は良く分かりませんが、気分良く走ることができれば
チャンスはあると思います。なんとか頑張ってほしいです(願)

仕事中の移動時間を有効活用

今日は打ち合わせのために朝一番で川崎の事業所へと。

もうとにかく寒くて寒くて。。。
ヒートテックを着込んだ上にカイロまで貼りました。
てか、車掌、「混雑のため除湿します」って絶対寒いのに
おかしいだろ!(苦笑)

え~っと、そんな1日のスタートだったのですが、川崎での
仕事は昼前に終了したので、その後は本社への移動。

東銀座駅で降りたところ、なにやらマスコミがちらほら。
おや、何事だろうと思ってカメラが向かっている先を確認
してみると、、、

130212_1250~01

そこにはリニューアルオープンを待つ歌舞伎座の姿が。

もうそんなになっていたんですねぇ。。。
残念ながら名優が相次いで鬼籍に入ってしまいましたが、
新たな名演をここで披露してほしいものだとしんみりしました。

さて、東銀座に来たのはそのためでなく(苦笑)
本社に戻る前に昼食をと思っていたわけであります。で、その
目当ては以前から行ってみたかった「鴨亭」です。

130212_1311~01

ランチメニューは980円均一というこの界隈にしてはリーズナブル
な感じにも魅力を感じて入りました(笑)

で、たぶん無難なのは「鴨せいろ」だろうなと思ったのですが、
こんな寒い日にせいろは無いかなぁ・・・と思って、温そば(小)
が付く「鴨の炊き込みご飯」をチョイス。

130212_1259~02

炊き込みご飯はこんな感じで、結構なボリュームもありましたし、
味もなかなか良い感じでした。

が、誤算だったのはおまけのはずの「小そば」。

130212_1259~01

これ、ぶっちゃけでかくないですか?

思わぬところでボリュームガッツリな感じの昼食となってしまい、
若干体重増加が心配なワタクシであります。

味の方はまずまず良い感じでしたが、たぶんこの店の本来の看板で
ある料理は食べてないので、一度夜に来ないと分からないかなぁ・・・
という印象です。大好きな焼酎「赤兎馬」を置いているようなので、
機会を作ってみようかと思います。

そんなわけで、連休明け初日からなかなか面白く過ごしました。

明日は雪の恐れもあるみたいだけど、楽しく過ごしたいものです。

都内をぷらっと散策の日

3連休の真ん中・10日は競馬はお休みし、妻と都内をぷらっと。

まず最初に向かったのは麻布十番。

130210_1208~01

とりたてて何があるというわけではないですが、なかなか面白そうな
店がいくつもあって、楽しい感じの街ですね。「この飲み屋は夜に
来てみたら面白そうだ」とぷんぷん臭う店がったので、機会があったら
ぜひ来てみたいなぁと(笑)

写真は有名なたいやき屋さん。

130210_1212~01

でもって、続いては溜池山王方面へ。

目的地は日枝神社です。今までこちらには参詣したことがなかった
のですが、都会の真ん中にこんな立派な神社があるのが面白いですね。

しかもエスカレーターが完備というのがさすがといった印象。
なお、正月のリベンジとばかりに引いたおみくじは「吉」でした。
リベンジ失敗(苦笑)

130210_1243~01

130210_1249~01

その後はちょっと遅い昼食のため、表参道へ。

今回行ったのはこちら。

130210_1335~01

環地中海料理の「CICADA」。

リゾート施設のような建物(プールまであったり)に驚きました。
人気店ということもあり、13時30分頃行って30分待ちくらいで入店。

土日はランチコースは無いということで、アラカルトでいくつか注文。
もちろん、アルコール注入は怠りありません(笑)

・フラットブレッドバスケット

130210_1359~01

・鴨のコンフィ、ビーツ、チコリのサラダ

130210_1408~01

・レモンとオリーブのチキンタジン

130210_1419~01

どれも味良く、量も結構ありました。次はコースを味わってみたいかな。

そして、この後は北千住まで戻ってカラオケを楽しんだ後、
フォーハノイ」にて夕食をば。

マンゴーテーストのベトナム焼酎もなかなか乙でしたが、
グツグツと煮えたぎるドラゴンヌードルが楽しかったです。
しかも麺のあとはご飯と味玉で雑炊にできるのが心憎い。

130210_1818~01

130210_1825~01

そんなわけで、1日でいろいろと楽しめた休日なのでありました。
その反動+花粉症の薬が効きすぎて、今日は寝てばっかりですが(汗)

トルバドゥール、ジリジリ。。。

続いて東京12R・4歳以上1000万下にはトルバドゥール
が出走。今回人気はありませんでしたが、前3走は
出遅れ→芝→中山と明確な敗因がありましたし、適条件
のここならば・・・と密かに期待していました。

130209_toru01.jpg

パドックに現れた時、こちらはチャーチと違って少々
緩いかな・・・という印象を持ちました。体重というより
乗り込みが足りてないかもといった感です。

130209_toru02.jpg

ただ、寒い時期にしては毛艶も悪くなく、うまく流れに
乗ることができれば面白そうとも思いました。

130209_toru03.jpg

そんなわけで期待と不安が相半ばする状態でレース観戦。

スタートでちょっと躓いてしまったのは痛かったですが、
道中は中団で脚を溜めることもできていたし、レース展開
としては悪くなかったと思います。

130209_toru04.jpg

迎えた直線で「さぁ、伸びてこい!」と祈りましたが、
追ってから案外でジリジリとしか伸びずに結局8着止まり。

ちょっと消化不良な結果に終わってしまいました。
いろいろと言い訳は考えられますが、ちょっと期待値を
下げざるをえないなぁというのが率直な感想ですね。

好走できる条件が限られる馬ですし、なんとか状態と条件
がどこかでピッタリ嵌ってくれることを願うばかりです。

チャーチクワイア、今回もワンパンチ足りず

土曜は2頭の応援のために東京競馬場へ。
今回もサンデーTCの馬主席にてお世話になりました。

130209_fuchu01.jpg

130209_fuchu02.jpg

府中の馬主席は野外ですが、温かい焼酎と支給された
ホッカイロで寒さをしのぎました(笑)

で、9R・立春賞に出走したのがチャーチクワイア

130209_church01.jpg

12kg増と知った時は「良かった!」と思いました。
2歳11月のデビュー3戦目に20kg減ってから1年以上、
ずっと450kg前後で出走していましたので、成長という
意味でもそろそろ増えてほしいと思っていましたので。

130209_church02.jpg

パドックで見る限り、とても良い仕上がりと思いました。
若干、いつもより物見をしているかな~という印象は
ありましたが、許容範囲だったと思いますし、太目という
感じも受けませんでした。

130209_church03.jpg

昨年秋に戦っていたメンバーと比べれば一枚落ちる構成
でしたし、「これならば・・・」と内心色気を持って
レースを観戦していました。

130209_church04.jpg

レースではまずまずのスタートから先団の直後に付けて
流れに乗っていました。できれば内に潜って脚を溜めたい
ところでしたが、8番枠ではちょっと厳しかったですね。

それでも良い位置取りで不利も受けないスムーズな競馬は
できていたのですが。。。逃げたジョーオリオンが後続を
大きく引き離す展開になったのは誤算でした。

130209_church05.jpg

直線でも逃げ馬が悠々と先頭を駆けている状態で、
前目の5番手にいたチャーチも早めに仕掛けざるを
えず、結果ギリギリまで良く粘っていたものの、最後
2頭に交わされて4着という結果に終わってしまいました。

前を無視すれば2着はあったでしょうが、当然勝ちに
行く競馬をしてもらいたかったので、この結果には
納得であります。致し方なしですね。

これでこのクラスで3回目の4着。

勝てる力はあると思いますが、ワンパンチ足りないと
いうのも事実ですね。この後は放牧を挟んで3回中山か
2回東京で復帰予定とのこと。なんとか夏の降級までに
このクラスを勝ってほしいなぁ・・・と願っています。

今日は2頭が出走

今日は2頭が出走します。
どちらもチャンスありと思いますので、期待して府中に馳せ参じます。


東京9R
立春賞
チャーチクワイア

東京12R
4歳以上1000万下
トルバドゥール

また雪か・・・

先月14日に続いて、明日2月6日も雪の予報。

関東の平野部で10cmの積雪見込みって、すごいですね。。。
通勤がものすごく不安なのと、今週出走予定のチャーチクワイア
とトルバドゥールの美浦での追い切りがちゃんと行えるのかが、
とっても心配なのでアリマス(汗)

雪の降らない静岡生まれのワタクシにとって、かつては雪はある
意味憧れで、大学1年の時に初めて本格的な雪道を歩いて大学に
通った時は静かに興奮したものです(笑)

・・・が、今ではそんな愛情のような感情を持つこともなく、
ひたすら迷惑だなぁと思ってしまいます。そんなんだから、
なにかと雪の被害を受けるのかもしれませんね(苦笑)

とりあえず、明日は転ばないように気をつけるとします。

いやぁ~。。。

今週出走の2頭は豪快に沈みました(泣)


スノーストーム→15着

リアルインパクト→11着



さすがにこれではテンションも下がります。

両馬とも巻き返す力は十分に持っているとは思いますが、
キッカケを掴むのが難しそうだなぁ・・・という印象。

明らかに太かったリアルよりもスノーの方が深刻かな。。。
道中動くとダメなのも確かですが、やっぱり坂もこの距離も
合っていないのかなぁとも。新馬戦の直後は勝ち上がりは問題
ないと思いましたが、いろいろ厳しいですね。

来週も複数頭が出走を予定しています。
土曜は府中に馳せ参じるつもりですし、なんとか今年の初勝利を
挙げてくれるよう、期待したいものです!


今年も応募しました

今年も例年通り、出資馬の馬名応募しました。

8頭目の名付けを狙う・・・と言いたいところですが、
今年は正直手応えがありません(汗)
採用される時はそれなりに手応えがあるのですが。


では、今年応募した内容をば。

・レーゲンボーゲンの11

・第1希望馬名:トリプルレインボー
・欧文(スペル):Triple Rainbow
・意味・由来:
「三重の虹」。なかなか巡り合えない存在であるため、
虹の島と言われるジープ島には「この虹を見ると幸せに
なれる」との言い伝えもある。母・祖母・曽祖母と3代
続く「虹」の馬名からの連想で、本馬が全姉同様に3冠
レースで活躍し、関係者に幸せをもたらす存在になる
ことを願って。

・第2希望馬名:ビフレスト
・欧文(スペル):Bifrost
・意味・由来:
北欧神話において、神々がかけた「虹の橋」(ノルド語)。
母系に続く「虹」からの連想で、本馬が鮮やかな虹のような
活躍をし、新たな神話を創り出してくれるような存在になる
ことを願って。

・第3希望馬名:セブンカラーズ
・欧文(スペル):Seven Colors
・意味・由来:
虹の「七色」。母系に続く「虹」からの連想で、本馬が
虹の様々な色のように、変幻自在なレースぶりを見せて
くれる競走馬に成長してくれることを願って。
--------------
・ドルチェリモーネの11

希望馬名: ドルチェヴィータ
馬名綴り: dolce vita
言語国名: イタリア
意味由来:
「甘い生活」の意。母名よりの連想。
本馬が競走馬として大成し、父と同じく種牡馬としての
第二の生活に進むことができるようになることを願って。

--------------
・ディアデラノビアの11

希望馬名: アルビセレステ
馬名綴り: Albicelestes
言語国名: スペイン
意味由来:
「白と空色」の意。サッカーアルゼンチン代表の愛称。母名より
の連想で、世界のサッカーの王者の一角を占めるアルゼンチン
代表のように、本馬が競馬界の王者になることを願って。

--------------
・ダンツクレバーの11

・応募馬名:クレバーシンカー
・英文字:clever thinker
・由来/意味:
 「聡明な思想家」の意。母名よりの連想。
 冷静沈着なレースぶりで父に近付くような走りをして
ほしいという願いを込めて。
プロフィール

ka2uma0101

Author:ka2uma0101
馬と旅と歴史と野球を愛する競馬モノです

出資馬一覧
出資馬一覧
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる