期待の2頭が本州へと

2歳戦の開幕まであと1カ月あまりとなってきた今日この頃、
出資2歳馬たちにも動きが出てきました。

既にモントボーゲン(レーゲンボーゲンの11)がゲート合格を
果たして3回東京開幕週でのデビューを目指していますが、
デリッツァリモーネ(ドルチェリモーネの11)も27日に
NFしがらきへと移動しました。

今のところ5月中には入厩予定とのことで楽しみです。
北海道ではハロン16秒程度までの調教でしたので、
まずはゲート合格を目指しての入厩となるかなと。

そんな感じですから、ゲート合格後に速いところを
やっていって、早くとも夏の新潟・小倉でのデビュー
ということになるんでしょうね。

兄姉と比べるとだいぶ早めの始動ということになりそう
ですが、よく考えたら母も2歳9月の札幌で新馬勝ちを
おさめた馬ですし、順調である以上はこれくらいの進度
で良いんだろうなと思います。

このまま無事にデビューに向けて進んでいってくれる
ことを、大きな期待を持って見守りたいです。楽しみです。

また、明日5/1にはディアデルレイ(ディアデラノビアの11)
も北海道を出発してNF天栄へと移動するとのこと。5月は
2歳馬たちの動きに注目することになりそうです。
スポンサーサイト

銀座でのんびりまったり

スペクトロライトとスノーストームの優勝をはじめ、
諸々のお祝いということで、今日は銀座で家庭内サービス
を図ってまいりました。

メインに選択したのは「ビフテキのカワムラ」。

昭和の香り漂う名前の店ですが、味は確か。
我々は11時25分頃に到着して、すぐに案内をして
もらえましたが、既に予約でほぼ全ての席が埋まって
いるとのことでした。

130429_1200~01

最初はハンバーグステーキで様子を見ようかなとも
思ったのですが、いざ店に入ったら、やっぱり美味い
肉のステーキを食べたい・・・と思っちゃいました(笑)

そんなわけで注文したのはフィレステーキの130kg。

・スープ
130429_1131~02

・メイン
130429_1131~01

130429_1144~01

塩もポン酢も良かったですが、味噌ベースのタレが
実に美味くて、これはやみつきになりますね。

・デザート
130429_1204~01

店員さんの雰囲気も非常に良く、とても満足しました。
次の機会にはぜひ、後から入ってきたお客さんが食べていた
ハンバーグステーキも食べてみたいなと思いました。

で、その後は日比谷公園や銀座の中心地の辺りをのんびりと。

・日比谷公園
130429_1314~01

130429_1320~01

130429_1322~01

・カフェ「モーツァルト」の「苺のレアチーズのモンブラン」
130429_1418~01

銀座も日比谷もしょっちゅう行っていますが、こうして改めて
休日に行くと新たな発見があって楽しいですね。

またこういう機会が作れるよう、出資馬たちには頑張って
もらいたいと思います(笑)

ディアデラマドレ、これも良い経験

日曜の東京メイン、スイートピーSに出走したディアデラマドレ、
オークスへの最終切符獲りを目論みましたが、さすがにそうそう
うまくはいかず、9着に敗れました。

20130428_dia01.jpg

20130428_dia02.jpg

新馬勝ち直後の骨折による長期休養明けということで、
まぁ常識的には馬券は買えないタイプでした。それでも、
潜在能力の高さである程度カバーしてくれれば・・・と
思って応援に駆け付けた次第であります。

20130428_dia03.jpg

パドックにプラス10kgの馬体重で出てきて、そんなに
テンション上がることなく周回している姿を見て、「母に
比べればずいぶんと大人だな」と思いました。なんせ、母は
オークスのパドックで華麗な回し蹴りを披露してましたから(笑)

20130428_dia04.jpg

騎乗した横山典騎手によると、レースが近づくにつれて気持ちが
入りすぎてきてしまったとのこと。この辺りは経験を積んでいく
ことで解消されていくことを期待したいと思います。

レースはスタートひと息だった時点でほぼ諦めました。

あの展開で道中最後方でなんとかなるわけもなく、まぁ無事に
周ってきてくれればいいな・・・くらいの感じで。

20130428_dia05.jpg

それでも直線で9着まで押し上げた辺りに能力の片鱗は感じました。
ぶっちゃけ下手にオークス切符を獲得して短期間で東京への輸送を
繰り返すのはどうかとおう思いもありましたので、これはこれで、
今後へとつながっていってくれるのかなと思っています。

この後はリフレッシュ放牧を挟んで2勝目を狙いに行く可能性が
高いと思います。できれば秋の京都の大きな舞台に立ってほしい
ですが、着実にステップアップしてくれれば言うことありません。

この世代随一の期待馬であることに全く変わりありませんし、これ
からのマドレの走りが本当に楽しみです。まずは週中の更新で
レース後の無事を確認したいものです。

スノーストーム、初勝利!

日曜は好天の府中で競馬を楽しむことができました。
新緑まぶしいこの季節は、とても気分が良いですね。

注目の天皇賞はフェノーメノが快勝。
3強から4強へ。今年のG1戦線がますます楽しみになります。
出資者の皆さま、おめでとうございます!

さて、そんな華やかな舞台から遠く離れた福島で、
スノーストームがデビュー8戦目で勝ち上がりを決めました。

当選率100%(笑)のサンデー提供の馬主席のモニタで
観戦。心配していた馬体重は前走と同じで、ひと安心。
良い感じにパドックを周回していましたし、これならば
・・・とレースに向けての期待が高まりました。

レースはまさに快勝のひと言。

スタートは良かったものの無理せず、後方グループの
先頭を走る展開。そのままの位置で追走し、勝負どころで
手応え良くスっと前に取り付いたのを見て、これでまず
大丈夫だろうと思いました。

気性的に怪しいところのある馬ですが、直線で早々と
先頭に立つと、後は一気に引き離して、2着に4馬身の
差をつけて嬉しい初勝利となりました。

相手関係からも、ここは決めたい一戦だっただけに、
本当に良かったです。長丁場のレースに目を向けて
くれた陣営と好騎乗の勝浦騎手に感謝であります。

5月の京都に世代限定のメルボルンT(芝2400)があり
ますが、中2週での連続福島遠征でしたし、無理せずに
ひと息入れるんじゃないかなと思います。

福島の開成山特別辺りか、それとも芝2600が定期的に
設定されている函館開催か・・・、その辺りを狙って
くるのか。長距離レースは出走しやすいですし、元気に
頑張って楽しませてほしいものです。

それもこれも勝ち上がればこそ。
スノーストーム、お疲れ様&ありがとう!

ディアデラマドレ、ハンデを超えて

そして、東京でも1頭。
期待の良血馬の待望の復帰戦となります。


東京11R
スイートピーS<芝1800>
ディアデラマドレ 54 横山典



昨年9月の新馬戦を快勝して以来、久々の出走です。
膝の骨折による休養が当初思っていたよりも長引き、
ここもなんとか間に合ったという感があります。

正直、常識的には厳しいと思いますが、デビュー戦
でも垣間見せたこの馬の潜在能力の高さでなんとか
オークスの権利を獲ってくれないか・・・と。

母は連闘後のオークストライアル(フローラS)で権利を
獲りましたが、娘は長期休養明けで権利獲りに挑むとは、
血統の面白さなのかもしれませんね(苦笑)

この先、大きな期待をしている馬ですし、まずは今回は
無事に回ってきてほしい。その上でオークスへの道筋を
立てられればラッキーくらいの感覚です。

口取りは外れましたが、サンデーの馬主席が確保できました
ので、気持ち良い気候の府中で応援したいと思います。

マドレと競馬場で会うのは初めてですし、楽しみです。

スノーストーム、ここはなんとか

今週は日曜に2頭出走。

楽しい気分でこのGWを過ごせるような結果を出してくれると
嬉しいのですが、さてどうでしょうか。


日曜福島4R
3歳未勝利<芝2600>
スノーストーム 56 勝浦



前走人気薄ながらも2着に頑張ったスノーストームが、中2週
で同条件のレースに出走します。

気性面に課題があるだけに、前走騎乗した津村騎手から勝浦
騎手に乗り替わるのは、騎手の技量云々とは関係なく不安な
材料ではありますが、この条件は良いみたいですし、なんとか
結果を出してくれれば・・・と願っています。

頭数も11頭で収まりましたし、実際に前走で先着した相手が
最大のライバルとなるようなメンバー構成だけに、ここは
大きなチャンスと思いますので、頑張ってほしいです。

2013年馬のたび[4月]~その他点描編~

今回は日帰りということもあって、あまり無いのですが、
牧場見学以外の部分の風景をいくつか。

20130422_nhp01.jpg

ノーザンホースパークの厩舎にて。
インティライミとアロンダイトがのんびりと外を眺めていました。
どっちがどっちだったか忘れてしまいましたが。。。(汗)

20130422_nhp02.jpg

今回の昼食はパーク内で「はやきた鈴木牛のとろとろハンバーグ」
にしました。見た目以上のボリュームで、夕食を軽くせざるをえない
状況になるという思わぬ展開でした(苦笑)

20130422_nhp03.jpg

20130422_nhp04.jpg

上はパーク内の風景。下はNF空港の調教コース。
季節は着実に進んでいるなぁ・・・と感じさせられました。

20130422_sonota01.jpg

20130422_sonota02.jpg

今回はお土産にハウスもののアスパラを購入しました。
ちょっと早いしどうかなと思いましたが、食べてみたらとても
美味しかったです。さすが北海道デスネ。

また、下はサッポロクラシックと北菓楼のシュークリームという、
なんともトンチンカンな組み合わせ。なんですけど、どうしても
両方味わいたかったのです(笑)

20130422_sonota03.jpg

最後は帰りの飛行機からの眺望。
空いていたこともあって、雲の海の風景をゆっくりと楽しむことが
できました。やっぱり北海道は良いデスネ!

2013年馬のたび[4月]~出資検討馬編~

今回は出資馬以外に検討馬として2頭見学させていただきました。

まず1頭目はレジェンドトレイルの11(グロリアストレイル)

友人のjiruさんの出資馬で、チャーチクワイアと同じファミリー
ということで、昨年12月に続いて2度目の見学をお願いしました。

20130422_regend.jpg

前回はシルエットは良いものの、薄いなぁ~という印象が
強かったのですが、だいぶしっかりしてきていました。

天栄での展示会を経て美浦入厩の予定ということで、これは
早い時期から楽しませてくれるんじゃないかなと好印象です。

でもなぁ、今年の2歳出資馬は牡馬4頭に牝馬1頭と、ワタクシに
しては珍しく牡馬に偏っているんだよなぁ・・・ということで、
もう1頭の見学は牝馬にした次第であります。

20130422_sna.jpg

はい。ここに来てクラブが猛烈プッシュをかけている感のある、
スナッチドの11(スナッチマインド)です。

ダンツクレバーの11と同じく、白老F産のディープ産駒。
実馬の感じもなかなか良く、スタッフからも「マイル前後で良さそう」
とのコメントがあったのですが、、、

いかんせん、厩舎が微妙ですね。。。

そんなに悪い印象は無いのですが、この馬がまだ残口ありなのは、
ほぼ厩舎理由だと思うんですよね。牧場スタッフにぶっちゃけどう
なのと聞いてみたところ、「不思議なセンセイです」と(苦笑)

はてさて、どうしたものでしょうね。

2013年馬のたび[4月]~ディアデラノビアの11編~

出資馬の最後はディアデラノビアの11(ディアデルレイ)

母の3番仔でマドレと同じキンカメ産駒。しかしなぜか角居
厩舎ではなく美浦の牧厩舎。ミステリアスな存在です(苦笑)

20130422_dia01.jpg

既に馬体重は500kgを超えていて、母と同じく小柄な全姉の
マドレとはだいぶ印象が異なります。かといって、半兄の
バンデラともだいぶタイプが違いそうに思います。

20130422_dia02.jpg

この一族はテンションの高さが課題になることが多いのですが、
本馬はとても大人しいとの牧場評価です。まぁ、ぬいぐるみの
ように大人しいかというとそんなことはないですが(苦笑)

20130422_dia03.jpg

調教は順調に消化していますし、このままであれば2歳のある程度の
時期から十分に始動できそうです。いかにも中距離が合いそうだとの
ことでしたし、秋の中山か府中辺りになりますかね。

20130422_dia04.jpg

POG媒体でも結構取り上げてもらってます。
優駿で写真付きで紹介されたのは嬉しかったですし、馬三郎と東スポの
特集号もなかなか良い感じでした。おなじみ弥永氏の「化け物かダート
馬か」という表現は良く分かりませんが(汗)

やっぱりノビアの仔というだけで思い入れは深くなりますし、ぜひ
このまま順調に推移してほしいと願っております。

2013年馬のたび[4月]~ドルチェリモーネの11編~

続いてはドルチェリモーネの11(デリッツァリモーネ)です。

20120422_dolche01.jpg

4月22日の見学時点では「まだ移動の予定は決まって
いませんが、近いうちでしょう」との話だったのですが、
25日にNF天栄に移動になりました。

20120422_dolche02.jpg

15秒~16秒のところをコンスタントに乗り込み順調です。
とても利口で扱いやすく、人なつっこい性格の持ち主との
お話でした。昨年の見学時にはちょっと臆病なところがある
と聞いていたのですが、だいぶ解消された・・・とのこと。

20120422_dolche03.jpg

どちらかと言うとパワーに寄ったタイプなのかなと思って
いたのですが、「パワーもスピードも兼ね備えたタイプと
思いますよ」との牧場コメント。話半分に聞いておきますが、
まぁ悪い気はしないですね(笑)

20120422_dolche04.jpg

日刊のPOGも東スポのPOGもそこそこの扱いを受けてました。
母の産駒は体質の弱さが目立っていましたが、本馬は極めて
順調ということで、このまま無事に行ってほしいと願っています。

芝かダートか、どちらに転ぶかは分かりませんが、良い厩舎に
入りますし、良い成長を遂げていってくれることを期待します。

2013年馬のたび[4月]~ダンツクレバーの11編~

グレンロックと同じ厩舎には他に2頭いるのですが、先に
ダンツクレバーの11(ヴィッセン)を取り上げます。

20130422_clever01.jpg

直近のクラブ更新で「右前の球節に疲れが出てひと息入れて
いる」と記載されていましたが、4月22日の時点で既に乗り
始めているとのことで安堵しました。

20130422_clever02.jpg

480kg台と、馬体もだいぶ増えました。

とはいえ、スタッフからは「まだ幼児体型だし、水っぽい」との
コメントもありました。確かに見るからにそういう印象です(汗)

一方で、「もともと早くからという馬ではないですし、じっくり
秋を目指すということで良いと思います」とも。5月生まれですし、
馬がしっかりしてきてからで十分ですね。

20130422_clever03.jpg

普段調教を付けているスタッフは「凄く良いです」と笑顔で
語ってくれました。セールスポイントの柔らかさは両刃の剣
ですが、この長所をうまく活かせていければ。。。

20130422_clever04.jpg

本日発売の日刊スポーツのPOG特集でもそれなりのスペースを
割いて、写真と記事で紹介されていました。見出しは「跳びが
大きく柔らかいヴィッセン」。無事の成長を願うばかりです。

2013年馬のたび[4月]~シルキーラグーンの11編~

ここからは2歳出資馬のレポートとなります。

最初はシルキーラグーンの11(グレンロック)です。

20130422_ragoon01.jpg

ここ最近の調整が順調ということで楽しみにしていたのですが、
まぁ出てくると厩舎内なのに煩いこと煩いこと(苦笑)

なかなかまともな姿勢を取ってくれない状態で、これはすぐに
この馬は見学終了かなと思った頃に、案内の事務局・M崎さんが、
「あっ、この馬は向きで煩くなるんだよね」と一言。

でもって、向きを変えての一枚がこちら。
背景が上の写真とは違うのをご確認ください。

20130422_ragoon02.jpg

こちらの向きになったらピタっと止まりました(汗)
いったい何が気に入らないんでしょうね。「こういう馬は珍しい
です」とM崎さんも苦笑いでありました。

こっちの向きだと触れたり、一緒に写真を撮ったりしても全く
問題ないんですよねぇ。。。

20130422_ragoon03.jpg

馬体重が470kg台まで増えて、だいぶしっかりとしてきています。

非常に前向きな性格(まぁ、見ていれば分かりますね・苦笑)の
持ち主とのことです。ダート短距離に適性があるのかなという印象
ですが、牧場としては「あまり決めつけずに行ってほしい」とのこと。

20130422_ragoon04.jpg

まだ移動時期は決まっていませんが、比較的早めのスタートになるの
ではないかとのことでした。母は2歳夏から5歳秋まで息の長い活躍を
してくれましたので、息子にもぜひそうあってほしいものです。

2013年馬のたび[4月]~リアルインパクト編~

今回は北海道日帰りの旅となりました。

ここのところはちょいと忙しかったので、馬たちと会って自分自身の
リフレッシュを図りたいなと、そんな意図で行ってきました。

出資馬5頭、出資検討馬2頭、全てNF空港で見学させていただき
ました。航空券はマイル特典だし、見学牧場も1ヶ所だし、
いつになくコストのかからない旅だったような気がします(笑)

では、ボチボチとリポートを。

最初はG1馬に敬意を表して、リアルインパクトです。

20130422_real01.jpg

東京新聞杯・中山記念・ダービー卿CTと、リアルの本来の姿からは
かけ離れたようなレース内容が続きました。春の大目標は当然ながら
安田記念だったのですが、とてもそんなことを言っていられない状況に
なってしまったということで、2歳時以来の北海道放牧となりました。

20130422_real02.jpg

現在の馬体重は538Kg。
ウォーキングマシーンの調整で楽をさせているところです。

「いったいこの春の不調の原因は?」という質問を投げてみましたが、
予想通り「それが分からないから北海道まで戻ってきたんだと思い
ます」との回答が。まぁ、そうなんでしょうけどねぇ。。。

20130422_real03.jpg

馬体に傷みなどはなく、至って元気とのことです。
使えるレースは中途半端な状態では厳しい結果になるものばかり
ですし、ここは時間を気にせずにじっくりやることで上向くのを
待つということになるんでしょうね。

20130422_real04.jpg

なんだかんだ言っても、やっぱりG1馬らしい貫禄と威厳を感じました。

競馬場で会うのはいつになるか分かりませんが、本来の姿で帰ってきて
くれることをただただ願って待ちたいと思います。

北海道なう




ちょっと命の洗濯に・・・というわけで、日帰り北海道です。

久しぶりにリアルインパクトと再会したり、良いリフレッシュタイムを送っております。
馬はみんな順調ですが、シルキーラグーンの11が向きによって煩くなるという妙な癖を持っていることが分かりました(汗)

あと、せっかく晴れたのに風が強くて厩舎内見学になったのが、少々残念でした(しかたないですが)。

モントボーゲン、ゲート合格!

すっかり書くタイミングを逸してしまっていましたが、
2歳牝馬・モントボーゲン(レーゲンボーゲンの11)
4月18日にゲート試験に無事合格しました。

試験前日のクラブ公式に「難なくクリアできると思われる」
と記載されていたくらいなので、まず大丈夫だと思って
いましたが、無事に合格してくれて安堵しました。

ただ、少し馬体が細く映るとのことで、合格翌日の19日に
NF天栄に放牧に出されています。近況の写真を見ると、
トモを中心に確かにちょっと寂しい感じがありましたので、
この放牧は良い方に出てくれるのではないかと思います。

今のところ、2歳戦の開幕週となる6月2日の東京・芝1600
でのデビューを目指すとのこと。ここまでは非常に順調に
来てくれていますので、このまま頓挫無く進んでいって
くれることを願っています。とても楽しみです。

まずはしっかりリフレッシュをしてください!

本日も善戦するも・・・

日曜も2頭が出走しました。
いずれも3歳未勝利馬ということでなんとか結果をと願いましたが、


京都1R バルトロメオ(岩田)→2人気3着

東京2R セプテントリオ(内田)→1人気2着



ということで、両馬とも初勝利はまたもお預けです。

バルトロメオは短期放牧明けでの出走ということもあってか、
パドック周回でものんびりした雰囲気でした。距離短縮して
6ハロン戦になるだけにもうちょっと気合を出してほしいなと
いう印象を受けましたね。

でもレースではまずまずのスタートを決めてすんなりと好位の
2・3番手からの追走となり、これなら期待できそう・・・と
思ったのですが、直線に入ってからもジリジリした脚しか使えず、
逃げ馬を捕まえきれず、後続にも差し込まれて、3着となりました。

岩田騎手からは「かなりの強風で人馬とも抵抗にやられてしまった」
とのコメントがありました。今回で5戦連続掲示板確保で、2回目
の3着。レースぶり自体は安定してきていますし、トップジョッキー
が乗ってくれているうちになんとか決めてほしいものです。

一方、その40分後に走ったセプテントリオ。

こちらは中山の1800から府中の2100への条件替りとなりました。
このコースでは僅差の2着があり、頭数も手頃な12頭。内田騎手に
拘っての中1週出走ということもあって、ここはなんとか決めて、
ひと息入れる展開になるのが理想だなぁと。。。

いつものようにイレ込み気味のパドックですが、昨年秋に比べれば
ずいぶんとまともになりました。あとは前走に続いての不良馬場
での競馬を無事にこなせるかどうかがカギかなと感じました。

今までで一番良いのではと思うスタートで、スンナリと2番手に
付けることができるという理想的な展開。道中そのままの位置取り
で外からこすられるようなこともなく運べて、これはもらったと
思ったわけだったのですが。。。

直線で一旦は抜け出したものの、外から1頭猛然と追い込んで
こられ、以前の2着時と同じように離れた場所からゴール前で
交わされてしまい、またしても無念の2着。

不良馬場よりも乾いた馬場で走らせてあげたかったという面は
ありますが、何の不利もなくレースを進めることができただけに、
ここはなんとか決めておきたかったですねぇ。。。

こちらもバルトロメオと同じく5戦連続の掲示板確保。その中で
2着は3回目になります。レース後、師からは「管骨瑠が出てきた
こともあり、短期放牧に出して3回東京のD2100を目指す」との
コメントが出ました。6月2・8・15・23日のどこかとなりますが、
23日は宝塚記念ですからそれ以外の日が候補ですね。

毎回書いていますが、「次こそ」と願うばかりです。

両馬ともお疲れさまでした。

古賀慎厩舎コンビは善戦及ばず

木曜まで大阪→広島→高松を回る出張だった上に、金曜は終日ほぼ
会議に出席してクタばっておりました。衰えました(苦笑)

そんなわけで土曜出走馬については更新できずしまい(汗)

結果だけ書きますと、、、

福島1R ジンジャーミスト(内田)→3人気4着

東京8R チャーチクワイア(北村宏)→3人気3着


といったところでした。

ジンジャーミストは休み明けの一戦で初ダート。
もうちょっと馬体が増えても良いなぁと思いましたが、以前に
比べるとしっかりしてきた印象を受けました。

トモがまだ弱いということなのか、スタートひと息で序盤の
位置取りが悪くなってしまいましたが、内田騎手が気合を注入
しながら捲っていって、4コーナーでは先頭に並びかける展開。

そこから勝ちきったらたいしたものですが、さすがに最後は
お釣りがなくなってしまって4着で入線。でも、沈んでもおかしく
ない展開で粘ったのは評価できると思います。頑張りました。

優先権が獲れたということで、体調に問題がなければ続戦という
ことになる見込みです。産駒への出資を展望して出資している馬
でもありますし、そのためにもまずは勝ち上がりを願っています。

一方、同厩のチャーチクワイア。

1000万条件で掲示板の後ろの方に載る安定勢力となっています。
今回は距離を1ハロン延長してマイル戦への出走となりましたが、
スタート後に横に流れてしまったとのことで、位置取りが後ろに
なってしまったのは誤算でした。

脚を溜めることができたのは良かったのですが、ロスなくインを
突くタイプの北村騎手ということもあって、外の方に出す機会を
作ることは最後までできませんでした。

結果、直線の勝負どころで前が塞がってしまい、進路を探すロス。
これは正直痛かったですねぇ。。。その間に外から一気に抜け出した
1・2着馬に差を付けられてしまいました。

それでも、最後は混み合ったインを捌ききってなんとか3着。
不完全燃焼な感じもありますが、スムーズでも上位2頭には届か
なかったと思いますし、やむなしですね。

レース後、騎手からは7ハロン戦ベストとのコメントが。
降級前最後の一戦は5月18日の秋川特別(芝1400)辺りということ
になるでしょうか。安定して走ってくれて、ありがたい馬です。

なにはともあれ、同厩の2頭、お疲れさまでした。

スペクトロライト、初勝利!

中山2Rに出走したスペクトロライト、4馬身差の快勝で待望の
初勝利を挙げてくれました!

1番枠からのスタートが最大の懸念事項でしたが、戸崎騎手が
後方追走からうまく外へ外へと導いて、4コーナーで大外へ
持ち出して時点で勝利を確信することができました。

直線ではしっかりと伸びて前を行く各馬を捕え、2着に差を
着けてのフィニッシュとなりました。

馬の良化、騎手の好騎乗、そして陣営の工夫で、なんとか
この時期に勝ち上がってくれてホっとしました。この後は
ひと息入れることになると思いますので、じっくり休み
つつ成長していってほしいなと願っています。

ワタクシ、今年25戦目でようやく初勝利。
昨年9月のディアデラマドレの新馬勝ち以来、7か月強ぶりの
勝利ということになります。いや~、長かった。。。

スペクトロライト、今日はありがとう。お疲れさま!

スペクトロライト、試練の1枠1番

今週の出走は1頭のみ。

1番人気に支持されることになりそうですが、不安もたくさん。
でも、なんとか良い結果を出してほしいです(願)


日曜中山2R
3歳未勝利・牝<D1800>
スペクトロライト 54 戸崎



前走、初のダートで目の覚めるような追い込みを見せて2着。
デビュー3戦目にしてようやくキラリと光るところを見せて
くれたスペクトロライトが同条件に出走です。

当然、ここは勝ちを期待しています。陣営もブリンカー着用
で戸崎騎手続投と、最善の手を打ってきてくれています。
なんとかここを勝って一休み・・・が理想でアリマス。

ただねぇ・・・、この手の基本やる気の無い馬が1枠1番と
いうのはあまり歓迎でないのは確かです。外の偶数枠が
欲しかったなぁと思いますね(汗)

まぁ、そうは言っても前走も前半はチンタラ後ろから付いて
いっただけなので、最後に外にさえ出せれば枠順はあまり
気にしなくて良いのかもしれません(たぶん)。

仕事が相変わらずバタバタで、現地応援には行けませんが、
なんとか最良の結果を出してくれることを期待して、テレビ
の前で声援を送るとします!

結構珍しい

美浦・古賀慎厩舎所属の2頭、チャーチクワイア
ジンジャーミスト。両馬とも来週20日に出走予定となって
いて、10日に1週前追い切りを行いました。

で、その追い切りが両馬の併せ馬だったのです。

出資馬同士の併せ馬はありそうでなかなか無いので、
これは結構貴重な機会だったなぁ・・・と思いました。

内容としてはチャーチが先輩の貫禄を示したようですが、
ミストも徐々に体力を付けているようです。福島での
出走で内田騎手を確保できたようですし、前進期待です。

できることならグリーンチャンネルの「今週の調教」で
観たいものですが、4歳1000万条件馬と3歳未勝利馬では
絶対に映像は流してもらえないですね(苦笑)

リアルインパクト、休養へ

ちょっと古い話題となってしまいましたが、我が出資馬の
エース中のエース・リアルインパクトが一から立て直すために
北海道のNF空港に放牧となりました。

大目標の安田記念を使うことができずにこのような状況に
なってしまったことは残念至極ですが、今年に入ってからの
3戦はとてもG1馬とは思えない惨憺たる内容でしたので、ここは
しっかりと休んで英気を養ってほしいと思います。

完全に迷走状態に入ってしまい、3歳時の栄光がウソのようですが、
それでもなんとかもうひと花咲かせてほしい馬ですので、ここは
信じて待ちたいと思います。

じれったい

今週出走の2頭はいずれも馬券圏内には来てくれたものの、
先頭でゴールを駆け抜けることはできませんでした。

土曜福島4R スノーストーム(津村)→2着

福島の芝2600に出走したスノーストームは変わり身を
見せてくれました。あまり積極的に動いていくと良く
ない傾向があるため、道中は後方の展開。

ラスト3ハロンで仕掛けて、終いは良く伸びてくれました。
外枠でスムーズな競馬ができたことが大きいと思いますが、
距離延長も良かったのでしょう。中2週で同条件に向かって
初勝利を目指すことになりそうです。


日曜中山2R セプテントリオ(内田)→3着

前走に引き続き中山のD1800に出走。勝ち馬には離された
ものの、勝ち上がりレベルの時計をマークしたことも
あってか、まさかの1.7倍の断然人気。

脚抜きの良い馬場を考慮して、押して先団に取り付き、
5番手からのレース運び。4コーナーで鞍上がGOサインを
出すも、ちょっともたついた感じで、ジリジリとした伸び
で後ろから来た勝ち馬と前にいた2着馬に続いて3着で入線。

人気しすぎなのは確かですが、連は確保してほしかったです。
この後は東京の2100に使うとのことなので、中3週の5月4日
かな。コース替りは良いはずなので、次こそはなんとか
決めてほしいものです。

巨星、墜つ

大種牡馬・ブライアンズタイムが鬼籍に入りました。

ナリタブライアン・マヤノトップガンを筆頭に数多の名馬を
輩出し、競馬界をおおいに盛り上げてくれました。ワタクシも
この大種牡馬の産駒3頭に出資して合計13勝をマークさせて
もらいました(種牡馬別でNO.1であります)。

個人的にはエリモダンディーの刹那的な末脚が大好きでした。

2008年夏の北海道でブライアンズタイムに会えてよかったです。

ご冥福をお祈りします。ありがとうございました。

DSCF4758_BT01.jpg

DSCF4760_BT03.jpg

今さらながら2歳出資馬の決定馬名

今さらのタイミングとなってしまいましたが、2歳出資馬の
馬名が決定していますので、その発表をば。

[サンデーTC]
・レーゲンボーゲンの11 牝 父:ゼンノロブロイ
 →モントボーゲン Mond Bogen 
  ドイツ語で「月の弓」の意

[キャロットクラブ]
・ディアデラノビアの11 牡 父:キングカメハメハ
 →ディアデルレイ Dia del Rey
  スペイン語で「王の日」の意

・ドルチェリモーネの11 牡 父:キングカメハメハ
 →デリッツァリモーネ Delizia al Limone
  イタリアのソレント半島で人気のレモンを使ったデザート

[シルクHC]
・ダンツクレバーの11 牡 父:ディープインパクト
 →ヴィッセン Wissen
  ドイツ語で「知っている」の意

・シルキーラグーンの11 牡 父:ゴールドアリュール
 →グレンロック Glenrock
  オーストラリアのグレンロック・ラグーンより

残念ながら今年は名付け親にはなれませんでしたが、各馬
覚えやすい名前に決まってくれて良かったです。

後は走ってくれることを、ひたすら願います(祈)

モントボーゲン、早くも入厩!

レーゲンボーゲンの11改め、モントボーゲン(2歳牝)が、
4月4日に早くも美浦・牧厩舎に入厩の運びとなりました。

いくらなんでもこんなに早くに移動するとは思っていません
でしたから、これはビックリの一言です。

動きもまずまず良いようですし、前向きな気性という評価を
得ているのは、やる気に欠ける馬を抱える出資者としては
頼もしい限りでアリマス。

当然、早期デビューを目指して進めていくことになるの
でしょうから、おおいに期待したいと思います。

ただ・・・、今月中に牧場に行くつもりだったんですよね(苦笑)
プロフィール

ka2uma0101

Author:ka2uma0101
馬と旅と歴史と野球を愛する競馬モノです

出資馬一覧
出資馬一覧
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる