スノーストーム、2勝目!

函館8Rに出走したスノーストーム、一番人気の支持に応え、
見事に2勝目を挙げてくれました!

少し遅れたかと思えたスタートでしたが、スっと好位の
4~5番手に付けてスムーズな追走をすることができました。

前走は直線入口辺りでごちゃついてしまったこともあり、
勝浦騎手はとにかくスムーズに道中を運ぶことに専念して
いるように見えました。

そして、その甲斐あって実にすんなりと直線入口で先頭に
並びかける展開。「良しっ!」と思わせるものでした。

・・・が、それも束の間。黒い帽子(カッパドキア)の
追い上げが急。マズいかもと思いましたが、スノーストームも
そこからもうひと脚を使ってくれて、クビ差凌いで1着ゴール。

これで嬉しい2勝目。

今年の3月までは中距離で足りない競馬を続けていて、これは
厳しいなぁと思っていたものでしたが、4月以降は長距離路線に
シフトして福島・函館で2→1→3→1着という変身ぶりです。

気性面の難しさも長距離を使うようになってからは、少なくとも
レース中は見せなくなりました。ここまで豹変する馬も珍しい
のではないかと思います。何があったのでしょう(笑)

今回で3戦連続騎乗となった勝浦騎手とのコンビはぜひ継続して
もらいたいものです。この後はひと息入れて、菊花賞出走を
目指すことになるでしょうか。

個人的には短期放牧を挟んで8月18日の支笏湖特別に進んで
もらいたいなと思っています。ここで好戦できたら、秋が
とても面白くなってきますね。そんなことを考えることが
できるだけでもありがたい限りです。

スノーストーム、今日はお疲れ様。ありがとう。
スポンサーサイト

2013年馬のたび[6月]~ジンジャーミスト編~

ちょろっとNF天栄に行ってきました。

今回は試しに高速バスを往復利用。
意外と快適でしたし、なんといっても安いのが良いですね。
新白河まで往復4,300円で行けますし、また使いそうです。

約1年ぶりの訪問となる、今回の見学馬は5頭。
出資馬3頭とシルクのおすすめ馬2頭です。

ちょっと早く着いたので、のんびりと昨年完成した坂路を
眺めつつ、応接室でコーヒーをいただいておりました。

201306_tenei01.jpg


1年前とは風景がやはり違うもんだなぁ・・・と感心
していると、事務局の方が見えて、見学開始。

最初にシルクの残口馬の中からおすすめの2頭。

201306_tenei02.jpg

・アーティストチョイスの12 牝
出資馬・アンヴァルトの半妹で、父がマンハッタンカフェ。
担当の方は「マイルくらいは大丈夫ではないか」とのことでした。
移動については厩舎次第で、馬自身は順調ですとも。


201306_tenei03.jpg

・ウイングオブラックの12 牡
こちらはハーツクライの牡馬。現在はちょっとリフレッシュの
期間に充てていて、7月中旬くらいからペースを上げていくそう。
「スタッフも買いたいと言っています」とは、担当の方の言です。


さて、ここでようやく本編の主役・ジンジャーミストの登場。

201306_ginger01.jpg

現在の馬体重は444kg。
もうちょっとフックラしていてほしかったですねぇ。。。

今シーズン3戦を消化しました。初ダートだった福島戦は
なかなか見どころのあるレースをしてくれましたが、その後の
府中2戦ではパフォーマンスがだいぶ落ちました。

201306_ginger03.jpg

斬れない馬だけに、まくりが打ちやすい小回りの方が
良い・・・ということなのかもしれませんが、いずれに
してももうワンパンチが無いとキツいはキツいですね。

クラブ公式では福島最終週辺りをとの記載もありましたが、
特に移動の予定などは立っていないとのことでした。

確かに、まだそんな感じの仕上がりには見えませんでしたし、
これからの調教次第なのでしょうね。できれば好走した
福島で一度使ってほしいところではありますが。

201306_ginger02.jpg

担当の方も「時間をかけることができれば確実に良くなって
きそうなのですが」と仰っていましたが、そうも言っていられ
ない状況ですし、気性や体調には特に問題ないので、まずは
しっかりと状態が上向いてくることを期待したいです。

繁殖に上がることは約束されている血統なので、あまり無理
しなくても良いかなぁという気持ちと、産駒がクラブに出て
きやすくなるように一つは勝ってほしいなぁという気持ちが
あります。まぁ、できることは応援することだけですが(笑)

なにはともあれ、チャンスはあと2回程度でしょうか。
復帰戦では良い走りを見せてほしいです。

ありゃ・・・

昨年は土曜に結果通知が届きましたが、どうやら今年は未着。

まぁ、おとなしく月曜を待つのみですが、今の時代この手の
結果をネットのマイページで確認できるようにするくらいの
ことはしてくれても良いのでは?とは思いますねぇ。。。

ちなみにワタクシが申し込んだタスクミストレスの12は
最終的に1位票が82票で社台TCの7位。昨年のモントボーゲンは
1位票85票ながら微々たる実績でOKだったのですが、はたして
今年はどうなることでしょう。

せっかくだから楽しみながら待つとしましょう(苦笑)

スノーストーム、楽しみな一戦

日曜は伸び盛りの3歳馬が出走。
チャンスがありそうで、楽しみな一戦です。


日曜函館8R
3歳上500万下<芝2600>
スノーストーム 53 勝浦



中1週での出走となります。

昇級初戦で休み明けでもあった前走は3着。
格上の勝ち馬には離されたものの、2着馬とはさほど差もなく、良い走りを見せてくれました。

ダービー3着馬に善戦した3歳馬が加わった以外は、ほぼ前走の再戦ムード。
勝浦騎手が引き続き乗ってくれますし、期待して見守りたいです。

ここを勝てば、菊舞台への出走もおぼろげながら見えてきます。

父:リンカーンの安価な牡馬でそんな夢を見れたら幸せです。ぜひ、そんなところに連れていってほしいものです。

トルバドゥール、復帰戦

今週は土日に各1頭の出資馬が出走。まず土曜は休み明けの5歳馬です。


土曜福島10R
猪苗代特別<D1700>
トルバドゥール 57 田中勝



トルバドゥールが2月の府中以来の復帰戦を迎えます。
昨年1000万下に昇級以降、4戦して全て掲示板を外しています。
力不足もありますが、ピンナ→芝→中山→太目・・・と、言い訳材料があるのも事実です(汗)

改めて期待したいところですが、ワタクシ自身は正直期待感が相当薄いです。
まずはなんといってもわざわざ右回りの福島を使ってきたこと。
これだけ左右でパフォーマンスが異なる馬をわざわざ悪い方に使う理由が、少なくともワタクシには分かりません。
また、帰厩後の本数も少なく、今回も太いんじゃないかなという不安があります。

反動の出やすい馬なので、中途半端な状態でここを走り、ベストの新潟18を使えなくなるような事態だけは絶対に避けてもらいたい。それだけを願っています。

ほほぉ~

本日、社台/サンデーの満口馬が発表されました。

ワタクシが申し込んだタスクミストレスの12は当然満口に
なっていたのですが、1.5次候補の筆頭に考えていた、
ダンスザクラシックスの12まで満口とは(汗)

関東のネオ牝馬だし大丈夫だろうとタカをくくっていたの
ですが、大甘でしたね(苦笑)

もう1頭の候補だったヴェイルドクリスの12も当然ながら
満口になってますし、まぁしかたなしです。今年は1次で
×であればキャロット・シルクに全力投球かな。

時にはそんな年があっても良いかなと思います。

銀座をふらふらと

先日のチャーチクワイアの優勝祝いを兼ねて、梅雨の合間の
晴れた天気の中、今日は銀座へと出かけました。

ミキモトの前のあじさいがきれいです。

130622_1124~01


で、本日のターゲットは山形県のアンテナショップの
イタリアンレストランだったのですが、、、

予約で一杯のため、2時間待ち

とのことだったので、泣く泣く断念。
これは読みが甘かったですなぁ。。。

でもって、次に三笠会館のイタリアンに行ってみたの
ですが、またしても「予約で一杯」とのこと。
ややっ、今日はどうもいけませんなぁ(苦笑)

まぁ準備が悪かったなということで、しばしコリドー街を
歩いて発見したのが、「三代目文治」という店。いかにも
酒を飲みに来る感じの店ですが、ランチメニューの牛タン
定食がなにやら美味そうだったので、入店しました。

とりあえず黒ビールで喉を潤した後、牛タン定食登場。

130622_1217~01

これで1,450円ならばなかなか良いなと思います。
牛タンはもちろん、テールスープやキュウリもいけてました。
ついつい調子にのって日本酒まで頼んでしまいましたが(汗)

今度は夜に来て、「塩釜おでん」や「白石温麺」も試して
みたいと思います。ちなみにメニューには、「じぇじぇじぇな
価格でご提供」な三陸産のウニもありました(笑)

食事を楽しんだ後はお茶でも飲んで帰ろうかなということで、
今回は10年ぶり以上に銀座「ウエスト」へと向かいました。

学生の頃から時々来ていましたが、ここのところ足が向かず、
ずいぶんと久しぶりの入店ということになりました。

130622_1320~01

注文したのはチーズケーキとエスプレッソのセットですが、
以前と変わらぬ味と店内の雰囲気が心地良かったです。
「カフェ」ではなく「喫茶店」、老舗にはそんな良さがあります。

130622_1514~01

そんでもって、会計の際にはお土産もいただきました。
中身はフルーツバー。残業のお供に好適ですな。

銀座の街は既に七夕ムード。
メインストリートの各店舗前には飾り付けされた笹が。

130622_1402~01

以上、なんてことのない1日のレポートでした(笑)

エア検討改め・・・投函

見送る予定だった今年の社台/サンデー。

締切直前にチャーチクワイアが勝ってくれた上に、良い感じの
馬券もゲットしたことで、一気にエアからリアルへと(汗)

ただ、このクラブでは基本的には実馬を見た上で出資をする
ようにしたいな~というのがあります。チャーチやラフィナールは
ツアーに行かなくても楽しませてくれていますが、いまいち
成績が振るわない馬がツアー非参加の年だったのも事実でして。

で、今年はツアー非参加。

見送り妥当だと思っていたのですが、、、

絶妙なタイミングで北海道出張。

はい、帰りにちょっとだけ寄りましたよ(苦笑)


・・・、もちろん社台FやNFでは募集馬を見ることはできませんが、
早来Fでは1歳馬を見学することが可能であります。

リーズナブルな価格帯の馬を見繕っていただき、見学を遂行。

そして、最も印象の良かったこの馬だけを書いて投函しました。

001.jpg


タスクミストレスの12 牝 父:ダイワメジャー


であります。
6月19日時点で1位票が29票。社台TCの7番人気です。

もともと今年は見送り予定だったので、運試しも兼ねて、あえて
人気どころに申し込みました。昨年のレーゲンボーゲンの11
(モントボーゲン)と同じく、高実績の方々が1位で書くタイプの
馬ではないと思いますので、可能性はアリかなと感じています。

実馬を見ての雰囲気が良かったですし、母父:キンカメ馬の
成績も良好。国枝厩舎所属ということもあり、堅実な走りが
期待できるんじゃなかなと期待しています。

2位以下にヴェイルドクリスの12やダンスザクラシックスの12
などを書こうとも考えましたが、やっぱり見たことがある馬から
選びたいということで、見送りました(1.5次では分かりませんが)。

後は運を天に任せて結果通知を待つのみのです。さて、どうなりますか。

セプテントリオ、続いてほしい

5頭出走の先週から一転、今週は1頭のみ。
毎度毎度善戦するも初勝利が遠いこの馬、なんとか(願)


日曜東京3R
3歳未勝利<D2100>
セプテントリオ 56 戸崎



2着が3回、3着が2回。善戦するも勝ちきれない
セプテントリオが中2週で出走します。

デビュー以来、一度だけ柴田善騎手に乗り替わったものの、
それ以外の7戦は全て内田騎手が手綱を取ってくれていますが、
今回は宝塚記念の裏ということで当然乗り替わり。

気難しい馬だけに不安だなと思っていましたが、戸崎騎手を
確保することができたのはラッキーでした。府中のダートで
先週は重賞勝ちも決めていますし、その手腕に期待します。

相手関係は前走ほどではないにしても、勝利目前の馬が
数頭いて、今回も厳しい戦いになりそうです。ですが、
府中で走ることができる未勝利戦はこれが最後。

あの3戦目の悔しい悔しい惜敗以降、ずっと同じような
レースが続いていますが、ここでそれに良い意味での
ピリオドを打ってもらいたいです。

気性を考慮して軽めの調整なのも不安ですが、とにかく
結果を出してくれることだけを祈っています。
なんとか先週のチャーチクワイアに続いて、頑張ってほしいです。

出張帰り

月・火と北海道出張に行っていました(仕事です・汗)

東京に戻って、あまりの蒸し暑さにバテ気味です。
湿度の違いが強烈ですねぇ。。。

留守中、チャーチクワイアへのお祝いをいただき、
まことにありがとうございますm(_)m

本来ならば御礼を申し上げるべきところなのですが、
少々疲れ気味なのと、エア検討の最終段階(?)を
行うため、明日に改めてさせていただこうと思います。

今年は人気どころを1頭だけ書いて運試し・・・
って、全然エアじゃない感じなのはスルーください(苦笑)

チャーチクワイア、待望の3勝目!

土曜東京の日野特別に出走したチャーチクワイア、
見事なレース運びで嬉しい3勝目を挙げてくれました!

hino01.jpg

すっかり馬体重も安定してきました。
これくらい(462kg)で出てきてくれると、とても
安心感があります。しっかりしてきてくれましたね。

hino02.jpg

hino03.jpg

この日はとっても暑く、パドックで見ているだけでも
結構しんどかったのですが、そんな気候でも特に問題なく、
淡々とチャーチは歩いていました。レース前に余計な消耗を
しないというのは大きなアドバンテージですね。

hino04.jpg

主戦の北村宏騎手が騎乗して戦闘モードに。
有力馬の中では比較的前でレースできるのがチャーチの
強みだから、それを活かしてほしいなぁ・・・なんて思ってました。

hino05.jpg

ところが、レースでは中団後方に位置する展開。
決め脚自慢の馬もいたので、ちょっとキツいかもと思いつつ
声援を送っていましたが、前がそれなりに流れたこともあって、
理想的な位置取りということになりましたね。

先行集団を見ながらうまく直線で外に持ち出すと、とても
良い脚で差してきてくれました。先に抜け出したシャンボール
フィズに並びかけた辺りで「勝った!」と確信し、それまでの
まったり観戦モードから一気にギアが上がりました(笑)

キッチリと差し切った姿を見届けると同時に、荷物を後輩に
託して口取り集合場所までダッシュ。久々に走りました(汗)

ご一緒に口取りさせていただいた会員さんはワタクシを含めて
7名。皆さん一様に「ようやく決めてくれた」という安堵感と、
快勝の喜びで、とても爽やかでありました♪

ウィナーズサークルでは北村騎手自ら「どうぞ馬の側へ」と
我々をエスコートしてくれました。また、「お待たせしました」
との厩舎コメントもありました。古賀センセイも嬉しそうで、
アットホームな良い雰囲気の口取りでありました。

マイルで強い勝ち方をしてくれたことで、今後のレース選択の
幅が広がりますね。ひと息入れて新潟開幕週の五頭連峰特別辺りを
目指すことになるでしょうか?

もともと堅実派のチャーチ。今後も楽しませてくれることを
期待したいです。今回はホントにありがとう!

各馬、堅実に走ってくれました

この土日に出走した5頭、それぞれに堅実(?)
駆けをしてくれました。

出走時刻順に並べると、

・チャーチクワイア 3番人気1着
別途記事にしようと思います。良くやってくれました!

・アンヴァルト 8番人気6着
稍重発表でしたが、結構な降雨で見た目に馬場は悪化して
いました。そんな中でしたが、好位追走からしぶとく粘って
いたと思います。芝適性はやっぱり定かならないものの、
今後につながる一戦だったんじゃないかと。この後はひと息
入れて、アイビスSDと佐世保Sの両睨みになりそうです。

・デリッツァリモーネ 1番人気3着
まさかの単勝1.6倍。そして、見事に裏切ってしまいました。。。
パドック映像を観る限りは問題なさそうに思えたのですが、
出負けした上に、道中は鞍上が促しても全く進んでいかない状況。
暗澹たる気分で観戦していましたが、最後ハチャメチャな感じに
なりながら3着まで押し上げてきたことは評価しても良いのでは。
浜中騎手の騎乗に?もありますが、それ以上に馬に課題有ですね。

・スノーストーム 3番人気3着
まずプラス10kgの馬体重に好感。パドックでは良い感じに周回
していたと思います。アドマイヤバラードを見る形で、思って
いたよりも前目の位置でスムーズに追走していましたが、4角で
狭い感じになってしまいましたね。それでも強い勝ち馬から0.4秒
差、2着馬からは0.1秒差で、おおいに収穫のある一戦だったのでは
ないかと。次が楽しみになってきました。中1週で平場か、それとも
中4週で横津岳特別か、できれば後者が良いかな~と。

・バルトロメオ 8番人気4着
パドックではこの馬にしては気合を出している感じで周回して
いました。調教時計は物足りませんでしたが、状態は良さそうに
見えました。まずまずのスタートから中団を追走し、直線では
外から一瞬「おっ!」という感じになりましたが、さらに外から
一気に来られてからはジリジリした伸びになりましたね。でも、
52kgとはいえ、昇級初戦でなかなか良い競馬をしてくれたんじゃ
ないかなと思います。これなら、この先も楽しめそうです。


といった感じでした。

デリッツァリモーネの競馬には「まいったなぁ」という
思いがありますが、チャーチを筆頭に各馬頑張ってくれたと
感謝しております。2日間、楽しませてもらいました。

バルトロメオ、引き続き堅実によろしく

今週のラストは堅実派のディープ牡馬(但しダート短距離)。
昇級戦でも持ち味を活かして、相手なりの走りをしてほしいものです。


日曜阪神12R
3歳以上500万下<D1200>
バルトロメオ 52 中井



クラブが猛プッシュのクラフティワイフ一族出身の
バルトロメオが昇級初戦に挑みます。

ダート短距離で前目に付けて終い伸びないというレースを
続けていましたが、前走は中団からレースを進めてキッチリと
差し切ってくれました。ローカルですが、相手関係はそんなに
弱くなかったような・・・印象がありますよ。

特にクセの無いタイプですので、乗り替わりを特に気にする
必要はないでしょう。むしろ北村友騎手騎乗のメジャースタイル
が函館の新馬に行ってくれたのはデリッツァリモーネにとって
良かったから、結果オーライかもしれません。

意外と降級馬が少ない組合せですので、減量騎手騎乗の
アドバンテージを活かして、良い走りをしてほしいです。
・・・、まぁ調教は相変わらずですけれど(苦笑)

この血統は勝つのに手間取っても、ジワジワ成長していく傾向が
あります(母はちょっと違いましたが)ので、長い目で見て
いきたいなと思います。

スノーストーム、北の大地で

日曜の2頭目と3頭目は昇級戦となる3歳牡馬。
まずは芝長距離でのさらなる飛躍を目指す個性派です。


日曜函館10R
駒ヶ岳特別<芝2600>
スノーストーム 53 勝浦



芝1800~2000でもがいていたスノーストーム。
福島の芝2600に転じて、見事に結果を出してくれました。

4馬身差勝ちの前走から2か月近く間隔が空いた上、
古馬と初対戦の昇級初戦。相手も揃った印象ですし、
結構厳しい条件での戦いになります。

それでも、いかにも滞在競馬が良さそうなタイプですし、
調教もなかなか良い感じ。クセ馬だけに、勝浦騎手の
継続騎乗も間違いなく良いでしょう。

そんなわけで、結構楽しみにしています。
ムラ駆けタイプの馬がここでも堅実な走りをしてくれれば、
秋に向けて目標もハッキリしてきます。

軽量を利して良いレースをしてほしいです。
4年前の夏に北海道で開花したポルカマズルカに
続いてくれることを期待します。

デリッツァリモーネ、デビュー

日曜は3頭が出走。
まずは2歳出資馬の2番手としてデビューを迎えるこの馬。


日曜阪神5R
2歳新馬<芝1400>
デリッツァリモーネ 54 浜中



デリッツァリモーネのデビュー戦です。
先週までの追い切りが軽かったこともあって、ブックにも
ギャロップにも華麗にスルーされてしまいました(苦笑)

それでも最終追い切りは栗東坂路で54.1をマーク。
終い2ハロンを12.8-12.8でまとめたのは好感です。

陣営も「新馬向き」という評価を下しているようですし、
ゲートも問題なさそうなので、不安もあるけれども、初戦から
動けるのではないかなぁ・・・とも思います。

他の関西地区の新馬戦同様、8頭立てとなったのは好都合。
人気はワンダフルワールドが集めることになると思いますが、
できれば外目の枠を引いてスムーズな競馬でひと泡を期待します。

母のドルチェリモーネは松田博厩舎所属でしたが、
こちらは息子以上に軽い調教過程で札幌芝1200の
新馬戦を快勝した実績があります。続いてほしいですね。

アンヴァルト、強敵相手にどこまで

土曜はもう1頭。
新潟直千で新境地を開いた6歳牡馬が強敵に挑みます。


土曜阪神10R
水無月S<芝1200>
アンヴァルト 57 高倉



アンヴァルトが今度は阪神の芝6ハロン戦に出走です。

新潟の2戦では直線競馬への適性を示してくれましたが、
芝短距離戦への適性そのものは未だ定かならないので、
今回の出走は良いのではないかと思っています。

しかし、さすがにクラス編成直後の中央場所、サドン
ストームやポアゾンブラックをはじめ、強い馬が出てきました。

裏返せば、このメンバー構成でそこそこの競馬ができれば、
今後の展望も広がってくる、そんな一戦になりそうです。

鞍上の高倉騎手は3戦連続騎乗。クセのあるタイプでは
ないとはいえ、継続して乗ってもらえるのは良いでしょう。
また、自分のペースで走れる外枠も悪くないかなと。
まぁ、できれば前走で引きたかったですけれど(苦笑)

いろいろとお試しのレースになりますので、府中から
気楽に声援を送りたいと思います。ん、このパターンは
邁進特別の時と一緒ですぞ(笑)

チャーチクワイア、降級戦

今週は5頭の出資馬が出走。
そのトップバッターは降級戦となる4歳牝馬です。


土曜東京9R
日野特別<芝1600>
チャーチクワイア 55 北村宏



ここ2走は直線でスムーズな捌きができずに消化不良なレースに
終わってしまったチャーチクワイア、500万条件への降級戦という
ことで力が入る一戦ですが、相手も揃いました。

ローズS3着のラスヴェンチュラス、クイーンC3着のジーニマジック、
実力馬・シャンボールフィズ辺りと人気上位を形成することに
なりそうです(チャーチは3~4番人気かな)。

マイルへの距離延長はそんなにマイナスではないと思いますが、
梅雨らしい気候が戻って馬場状態が心配ではあります。3歳時の
フラワーCではノメって全然ダメでしたので(今回はそこまで悪化
するようなことはないと思いますが)。

決め手勝負では分が悪いので、スムーズな競馬で先に抜け出して
どこまで粘れるか・・・といったイメージを期待しつつ、現地へと
応援に馳せ参じる予定です。頑張ってほしいです。

これは厳しいねぇ。。。

2歳牡馬・グレンロックがマズい状況です。

3月にはガンガン15-15をこなしていた馬が、熱発後にまるで別馬に。
馬体重は20kg程度落ち、毛づやも飼い食いも悪く、一向に状態が上向かないとのことで、ついに舎飼に。
これ、マジメにやばいのでは???

レチャーダの時よりひどいんじゃ・・・って心配であります。
う~ん、祈るくらいしか出来ることはないけれど、まいりましたねぇ(泣)

※追記※
某有名サイトの掲示板によれば、かなり危機的な状況の模様。
真偽の程は分かりませんが、ここまでキツい流れになってしまったのであれば、クラブには杓子定規の定期更新以外にも丁寧な情報発信を求めたいところです。FBで販促している時間があるんだから、できるんじゃないかなって。

今週は出走頭数は多いけれど・・・

今週出走を予定していた5頭の出資馬は全て無事に
出走確定しました。ワタクシにしてはかなり多くの
出走頭数ですので、楽しみなはずですが。。。

各馬いまいち強気になれる材料に欠ける

感じであります(汗)

トータルの期待度の高い順番に並べると、、、

・チャーチクワイア
 →府中は道悪になりそうなのと、ラスヴェンチュラス
 →など相手関係が500万の牝馬限定にしてはキツいこと

・デリッツァリモーネ
 →最終追い切りで格好は付けたものの、やっぱり乗り込み
 →が不足しているのは事実で、不安ですな

・スノーストーム
 →勝浦騎手の継続騎乗と距離、そして滞在はプラスですが、
 →休み明けの昇級戦で相手も揃った感があります

・アンヴァルト
 →サドンストームなど強い相手と芝6ハロン戦ではたして
 →まともにやりあえるのだろうか・・・という不安ありです

・バルトロメオ
 →昇級戦の上、騎乗予定の騎手にあっさり逃げられてしまった
 →ように正直実力不足。調教も相変わらずで、使いつつかなと。

といった感じです。

ぶっちゃけ期待が薄いですが、そんな薄情な出資者をあざ笑う
ような走りを見せてくれることを密かに期待しようかと思います。

いやいや、無いでしょ!

2月の府中戦以来休養していたトルバドゥール

6月5日に美浦に帰厩して、徐々に調整ペースを上げている
ところです。1000万条件に上がってからの成績はまったく
物足りないものですが、通用するだけの能力は持っていると
思っている(思いたい)ので、なんとか頑張ってほしいです。

で、本日の標題なのですが、これはキャロット公式での
小西師のコメントのことです。


「福島にもあれば中京にも番組があるので」


福島???

無いでしょ!!!


確かにクラスの番組はあるけど、この馬の今までの戦歴を
考えて福島が候補になるなんてありえない・・・って、
強く強く思うんですけどねぇ。。。

右回りでは500万条件でも掲示板に載れないのですから、
ぜひ中京→新潟という展開で考えていただきたいものです。
そして、3戦2勝2着1回の新潟でピークに持っていってほしい。

最悪なのは良い騎手が確保できたとかいう理由で福島を使って
調子を落としてしまい、新潟で適鞍に使えなくなること。まじめに
ありそうなので、「中京・中京!」と願掛けしようと思います。

エア検討(その2)

新橋でお仲間さんと密談をして、考えが整理できました(笑)

現時点で候補となっているのは、、、

05)アルーリングボイス×キングカメハメハ 牝
06)マンハッタンセレブ×キングカメハメハ 牝
08)ヴェイルドクリス×ダイワメジャー 牡
09)タスクミストレス×ダイワメジャー 牝

[サンデー]
108)クルンプホルツ×ダイワメジャー 牡
124)ダンスザクラシックス×ネオユニヴァース 牝
151)レディスキッパー×ダイワメジャー 牡

といったところ。
う~む、ダイワメジャーが多いな(汗)

単に好みだけだったら08)ヴェイルドクリスなんかが
そうなのですが、来年ポルカマズルカの初仔がこの厩舎に
入って、その馬に申し込むイメージができている上に、
ダイワメジャーにしてはスラっとしているのがどうかなぁと。

また、サンデーだったらネオユニ牝馬にアレルギーは
無いので、124)ダンスザクラシックスが面白そうと思って
ます。キャロット→サンデーという募集パターンも、ある種の
パターンじゃないかなぁ・・・と。

なんだか、エアの割にマジメに考えてますね(苦笑)

相手が揃った感

出走馬無しだった今週から一転、来週は5頭の出資馬が
出走を予定しています。

そのうち、特別戦を予定している馬が3頭。中でも、
唯一の降級馬・チャーチクワイアが最も期待度が高いはず
なのですが、なにやら相手が揃った感があります(汗)

チャーチが特別登録しているのは土曜東京の芝1600の
日野特別なのですが、牝馬限定ということで、ここを
狙ってきた有力馬がチラホラ。

その筆頭がラスヴェンチュラス。
ローズSで3着の実績がある上、ここ2走は1000万特別で
連続2着しています。勝っといてよと言いたくなりますね。

他にもクイーンC3着・アネモネS2着で桜花賞出走の
ジーニマジックや、ゴールデンムーン・シャンボールフィズ
などの名前があります。

チャーチも1000万条件の安定勢力だったので、上位を
争うだけの力はあると思いますが、いかんせん決め手に
欠けるし、マイルは勝ったことが無いだけに。

ここのところ芝の7~8ハロン戦を専門に使われていますが、
4歳になって馬体自体は良くなってきたと思いますし、
どこかでダートや芝6ハロン戦も試しても面白いのでは・・・
と思っています。夏は番組の幅が狭いですしね。

まぁ、なにはともあれ、まずは来週の競馬。

ここ2戦は取りたいポジションが取れずに不本意なレースに
終わってしまっていますので、今回は差してくる有力馬
よりも前目で積極的に運んでくれることを期待したいです。

初めて

初めて、キャロットの募集ツアー(日帰り)に申し込んでみました!

あとはうまいこと航空券を確保せねば(汗)

言ってもせんなきことながら

今日の東京2レースの3歳未勝利戦の出馬表を見たのですが、、、


セプテントリオはこっちに使えば良かったものを。。。


と思いました。

同じ条件なのに、先週と違いすぎます(汗)

言ってもせんなきことですが、つい(苦笑)

エア検討(その1)

せっかくカタログが届いたので楽しまないともったいない
ということで、社台/サンデーのエア検討をしています(笑)

カタログ・DVDをザっと眺め、価格・厩舎・測尺を含めて
例年通りの感覚で候補になるのは・・・と考えたところ、
下記の馬たちが気になっております。

[社台]
05)アルーリングボイス×キングカメハメハ 牝
06)マンハッタンセレブ×キングカメハメハ 牝
09)タスクミストレス×ダイワメジャー 牝
10)ビルアンンドクー×ダイワメジャー 牝

[サンデー]
106)ローザブランカ×キングカメハメハ 牝
108)クルンプホルツ×ダイワメジャー 牡
150)オリエントチャーム×キングカメハメハ 牝
151)レディスキッパー×ダイワメジャー 牡
158)ベルスリーブ×ハーツクライ 牡

といったところ。

ディープは高いし、ハービンジャーは初年度は様子見
したいし、預託頭数制限の影響で厩舎も偏りがあるので、
いつもよりも候補が少ないです。

今後、ツアー参加の方々のブログ等を拝見するのが
楽しみであります。祭りですから気分だけでも・・・と。

デリッツァリモーネ、1週前

6月16日の阪神・芝1400の新馬戦でのデビューを予定している
デリッツァリモーネ、5日に1週前追い切りを消化しました。

栗東坂路で、

56.3 - 41.4 - 27.3 - 13.9 馬なり余力
サンライズヤマト(三未勝)一杯に0.1秒先行0.7秒先着


といったアンバイ。

先週も坂路で58秒台で、今週の追い切り後の陣営のコメントも
「先週よりも一歩進めた程度」というものですので、もうちょっと
時計を出してくれた方が安心できるというのが正直なところです(汗)

しっかり乗り込んで1週遅らせるというプランもあったようですが、
初戦は1400くらいの方が競馬はしやすそうとのジャッジで、予定
通りに来週デビューということになる見込です。

気になる鞍上は浜中騎手の予定。

東京と函館で重賞がある中、昨年のリーディングジョッキーに
乗ってもらえるわけですから、上々と思わねばいけませんね。

ゲートはまずまずで気持ちも前向きとのことですし、スンナリと
流れに乗って、そして前が詰まりませんように(これ大事!)。

残り10日、順調に調整が進み、無事にゲートインしてくれる
ことをまずは願っております。

戸崎、キタ!

またしても初勝利を挙げることができなかった(3着)
セプテントリオ、レース後もテンションは高いものの、
脚元は不安なしとのことでひと安心です。

次走は宝塚記念当日の裏開催となる、6月23日の
東京・D2100戦の予定。主戦の内田騎手は当然ながら
ゴールドシップで阪神なので、誰が乗ってくれるの
かな・・・と思っていたところ、

戸崎騎手

と発表されました(予定ですが)。

これは望外の喜びであります。
なんとも困ったヤツではありますが、名手の手腕で
なんとか勝利に導いてくれることをひたすら祈ります(願)

最後の一手

W杯出場に日本中が湧く中、社台/サンデーの1歳募集馬
カタログも到着。

すっかり目線は新しい世代に移るわけなのですが、、、
ここに来て、2歳世代最後の出資を実施した次第であります(汗)

以前より様子見をしておりました、


ハンマークラビア 牝
 父:ゼンノロブロイ
 母:フォルテピアノ



がその馬です。

兄のバルトロメオがようやく勝ち上がったからというのも多少は
ありますが、それよりも5月の動画が好みな感じだったことが
決定打となりました。

ダート短距離の牝馬というのが本質だと思いますが、
勝ち上がり率の高い配合に勝ち上がり率の高い牝系と
いうことで、 それはそれで良いかなと。

同じ父・母父のモントボーゲンもデビュー戦で敗れはした
ものの、素質のあるところは見せてくれたので、この世代の
牝馬2頭にはそれぞれ適した路線でまったりと楽しませて
もらいたいです。

それにしても、この世代の出資馬6頭のうち、5頭が
母出資馬というのはやりすぎた感があります(苦笑)

でも、それだけ思い入れの深い世代なんだと自分自身に
言い聞かせて、各馬を応援していきたいと思います!

キャロットのパーティーに行ってみた

安田記念のロードカナロアの快勝に感心した後、東京競馬場から
芝公園に移動して、キャロットのパーティーに行ってきました。

立食というのが苦手で、今まではこういった催し物は敬遠して
きた(例外はリアルインパクトの祝勝会のみ)のですが、
オケラカイドウさんからお声かけいただいたこともあり、初めて
参加してみました。

いろいろと書きたかったのですが、書いている途中でクラッシュ
してしまい、また一から書く元気もないので簡単に(泣)

130602_carrot03.jpg

多くの調教師・騎手・関係者が出席されていました。

130602_carrot01.jpg

トップジョッキーの前には長い列ができていました。
ワタクシは横山典騎手の列に並び、古い話ですがポルカマズルカの
御礼を述べつつツーショット写真をば。

130602_carrot07.jpg

漫談みたいな掛け合いで面白さという意味では一番だったん
じゃないかと思うのが、音無師と(ピンボケになってしまい
ました)田中勝騎手。

130602_carrot05.jpg

新婚の水野由加里さんの姿も。着物姿がひときわ鮮やかでした。

そのほか、お話させていただいた方々は、、、

・牧師
モントボーゲンについて開口一番「すいませんでした」と
苦笑しながら。姉とはタイプが違うものの良いモノを持って
いると、期待を込めてお話いただきました。

・堀師
リアルインパクトについては他の会員さんが熱く語って
おられるところに便乗。スペクトロライトについては、
状態次第だけど新潟のダートかなといったところでした。

・丸田騎手
ポルカマズルカの阿寒湖特別勝利時のジョッキー。
改めて御礼を述べましたが、やっぱり菊花賞前の乗り
替りは悔しかったとのこと(当たり前ですね)。

・松岡騎手
アンヴァルトの阪神での1000万勝ちの御礼を改めて。
相変わらずカッコ良いし、応対も丁寧で好印象です。

といったところ。

限られた時間ということで、残念ながら内田騎手や戸崎騎手、
古賀慎師などとは今回お話することはできませんでした。

でも、楽しかったですね。
いささかお酒が過ぎてしまいましたが(汗)

そうそう、リアルインパクトの祝勝会では戸崎騎手のサイン
入りのレプリカゼッケンが当たったのですが、今回も抽選で
角居師のサイン入りのシーザリオのポスターが当たりました。
ディアデラ出資者に当たるとは皮肉ですね(苦笑)

130602_carrot02.jpg

ちなみに、今回のお土産は文明堂の紅白饅頭。
キャロットの勝負服デザインでした(笑)

130602_carrot04.jpg

オケラカイドウさんをはじめ、お付き合いいただいた方々、
どうもありがとうございました。

モントボーゲン、消化不良なデビュー戦

日曜東京5Rの2歳新馬戦でモントボーゲンがデビュー。

ここまでの順調さからの期待と、全姉が重賞勝ち馬という血統背景と
ノーザンブランドから来る過剰人気と速い追い切りが不足している
という事実からくる不安、いろいろ入り混じった気持ちでした。

20130602_mond01.jpg

パドックに姿を現したモントボーゲン。
戦前、師が「まだ7割程度」と言っていたように、まだまだ
仕上がり途上だなという印象を受けました。

20130602_mond02.jpg

周回を重ねるにつれてイレ込み気味になってきて、
途中からは牧師も曳き手に加わり二人曳きとなりました。

「ピリっとしたところがある」というのはメディアで
伝えられていましたが、確かにそんな感じ。強い追い切りを
控えたのはこの辺も関係あるんだろうなぁ・・・とも。

20130602_mond03.jpg
※写真提供:sa10さん

それでも、レースに悪影響を及ぼすようなものでは
なかったと思いますし、実際にレースでは上手に
走っていました。操縦性も高そうですね。

20130602_mond04.jpg

肝心のレースは昨日のエントリーの通り。

あれだけ良いスタートを決めて好位でレースを進めた
にも関わらず、なぜにあれだけ見事に詰まるのかと(泣)

3着という結果は非常に残念ですが、折り合いが付いたこと、
狭いところを怯まずにこじ開ける根性を見せたこと、ラストの
数十メートルで見せた瞬発力、収穫もありました。

夜のキャロットのパーティーで牧師と話をさせていただく
ことができたのですが、しきりに「すいませんでした」と
仰ってました(汗)

また、姉のアニメイトバイオとはタイプが違うけれど、
非常に良い馬で期待しているとも。次についてはレース後の
状態を見て・・・ということになりますが、スカっと決めて
くれることを期待しています。
プロフィール

ka2uma0101

Author:ka2uma0101
馬と旅と歴史と野球を愛する競馬モノです

出資馬一覧
出資馬一覧
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる