ディアデラマドレ、期待半分不安半分

最近ガラケーからスマホに替えまして。
そしたら、PCを開く機会がすっかり減ってしまい(汗)

バタバタしていたこともありますが、それが更新を怠りがちな
最大の理由であります(苦笑)

・・・、では今週唯一の出走馬を。


日曜小倉9R
筑後川特別<芝1800>
ディアデラマドレ 52 中井



スイートピーSから3ヶ月、マドレの3戦目です。

能力的にこのクラスは通過点だと思っていますが、いかんせん、
中間の調教や状況が芳しくなく、あまり強気になれません。

1週前も今週も追い切りで遅れていますし、陣営はしきりに
飼い食いの悪さを指摘しています。秋華賞を展望するので
あれば、そんな状況でも勝ち負けをする必要がありますが、
さてどんなものでしょう。

1番枠も良くないですし、相手云々の前にクリアしなくては
ならないものがずいぶんと多い印象。地力に期待という
この一語に尽きる一戦。マドレにその力が備わっていることを
願って、テレビ越しに声援を送りたいと思います。
スポンサーサイト

崖っぷち

土曜の福島に出走した2頭は勝ち上がることができませんでした。

スーパー未勝利を除けば、残る期間はあと6週。
いよいよ追い込まれました。2頭ともチャンスは基本1回、2回あったら
ラッキー・・・といったところでしょう。

ジンジャーミストはやはり福島が合うようで、府中2戦からかなり
内容が良化しました。初ブリンカーの効果もあったかもしれません。

陣営は新潟よりも向いていそうな函館も視野に入れて、次走を
検討してくれるとのことで、ありがたいかぎりです。ガサの無い
タイプですし、滞在も合ってくれることを願いたいです。

一方のセプテントリオはまったく良いところなし。

予想していた以上にひどいレース内容で、小回り適性云々よりも、
走ることに嫌気がさしているように見えました。在厩のままで
続戦とのことですが、ひと息入れて開催後半の一発勝負の方が
良いのでは・・・と思ってしまいます。

やっぱり勝てる時に勝っておかないと、ということですね。
安定していた走りを続けていた時に勝ちきれなかったことが
本当に痛いです。ここ数戦はパフォーマンスが落ちる一方ですし。。。

とはいえ、まだチャンスはあるということで、両馬の踏ん張りを
信じて声援を送り続けるのみです。

セプテントリオ、初の1700

続いても内田騎手騎乗。

ジンジャーとは違った意味で気性の問題が大きい馬
ですが、主戦の内田騎手や前走の戸崎騎手など、
毎度豪華な鞍上。なんとか決めてほしいものです。


土曜福島6R
3歳未勝利<D1700>
セプテントリオ 56 内田



いつでも勝てそうな状況になりながらなかなか決める
ことができず、ここ4戦連続で1番人気を裏切り続けて
いるセプテントリオ。

中間もテンションが上がってきているとのことで、
ソフト調整に終始した印象です。本来であればビシっと
仕上げたいのに、なかなかしんどいですね。

メンバーを見渡すと安定した成績の馬もいて、今回も
厳しい戦いになりそうです。しかも小回りの1700は
初めての出走で、こなせるかという心配もあります。

道中の位置取りは後ろ目になってしまうかもしれませんが、
なんとか地力で勝機を見出してほしいもの。

こちらも、祈るような気持ちでモニタ越しに声援を送ります。

ジンジャーミスト、初ブリンカー

今週は土曜の福島で2頭の出資馬が出走。

いずれもタイミリミットが近づいてきた3歳未勝利馬で、
鞍上も同じく内田騎手。とにかく結果がほしい立場なので、
頑張ってくれることを願うばかりです。


土曜福島2R
3歳未勝利・牝<D1700>
ジンジャーミスト 54 内田



府中マイルで大崩れしてしまったジンジャーミスト。

NF天栄への短期放牧を挟んで立て直しを図ってきました。
今回出走の福島D1700は、この馬のキャリアの中で最も
内容のある走りが出来た舞台となります。

スタートは今回も悪いかもしれませんが、捲りは仕掛け
やすいコースですし、初ブリンカー+内田騎手騎乗で
なんとか今までとは違う走りができれば。。。

祈るような気持ちでモニタ越しに声援を送ります。

使うねぇ~

文字色先週の北海HCで大敗を喫したスノーストーム

そろそろ短期でも放牧に出してくれないものかと
思っていましたが、師は使う気満々のようです。

本日のクラブ公式の更新によると、

・走りきっていない分、ダメージもない
・問題ないようなら中2週で使っていきたい

とのことで、特段問題がなければ8月3日の函館・
松前特別に使いたい意向のようであります。

まぁ、ありそうだなとは思っていましたので、
特に意外な感じはありませんが、さすがにこれで
北海道シリーズ4戦目ともなると心配になりますね。

前走を使っていなければこの選択はむしろ歓迎
だったのですが、さすがに押せ押せで使いすぎ
なんじゃないかなぁと。

ただ、前走が何もできずに不完全燃焼だったことは
確かなので、次はこのクラスの競馬に付いていける
のかどうかを把握できるような内容になってほしい
と期待しています。

菊花賞への道はまだ続いていると思いますので、
スノーストームにはタフネスぶりを発揮して
もらい、秋へのキッカケを掴んでほしいです。

いませんでした。。。

キャロットの募集予定馬リストが会員ページで公開
されました・・・が、ワタクシが渇望していた
レーゲンボーゲンの12は載っていませんでした(泣)

お馴染みの繁殖が多い感じなので、母が所属していた
この血統もたまには回してくれても良いのに。。。

と思ったけど、トールポピーもブルーメンブラットも
いないんですね。さすがにこの辺が募集されないのは
母出資の方々にはショックなのではないかと(汗)

てゆーか、中央・地方合わせてスニッツェル7頭って
多すぎです。ロブロイ8頭にサムソン5頭も(汗)

全体的に新味が無い感じの顔触れなので、来年のことも
見据えて人気のディープ産駒に突撃するのが良いかなぁ
・・・などと思っております。

早くも移動

1歳馬・タスクミストレスの12、本日早来ファームから移動の予定です。
これからさまざまな課題をクリアしつつ、無事に競走馬としてのキャリアをスタートしていってもらいたいです。

ワタクシにとっては初の追分ファームLV育成の出資馬となります。
情熱的な若旦那のもと、そろそろ開花の時を迎えるのではないかと期待しているのですが、さて。

まずは無事にステップアップしてくれますように。
次に会える時を楽しみにしております。

無駄

スノーストームの北海ハンデですが、、、


無駄な出走だった


としか言いようがないですね。

出負け→道中詰まって動けず→直線はもっと詰まって
まったく追えず・・・と、何もせずに終わったレース
なので、レース前に心配していた使い詰めの影響が
最小限になってくれていればそれでヨシというところ。

何の内容も無い酷いレースだったけど、あのコースは
ハマってしまうとあぁなるんですよねぇ。内枠に入って
流れに乗れないとホントにキツい。

とりあえず、少し休ませてやってください。

東京ミッドタウンをぶらぶらと

3連休初日の土曜日。

あまりの猛暑でレジャー地はちょっとなぁ・・・ということで、
東京ミッドタウン内にある「サントリー美術館」へと出かける
ことにしました。現在の展示は江戸時代後期の化政文化の頃を
メインに活躍した画家・谷文晁にスポットを当てています。

130713_01.jpg


非常に幅広い作風を持つ画家といった印象で、とても興味深く
作品を鑑賞しました。寛政の改革で有名な松平定信のお抱え
絵師だったとは知りませんでした。良い勉強になりました。

じっくりと展示を観た後は、美術館のお隣にある加賀麩の店・
不室屋」へ。上品な甘味とお茶をいただけます。

130713_02.jpg
生麩ぜんざい

130713_03.jpg
加賀棒茶とおやつ麩(ラスクみたいな感じ)

いずれも非常に美味しく、上品な味でした。
良いものを観て、良いものをいただく・・・最高ですね(笑)

また、通常の食事も東京ミッドタウン内で済ませました。

函館で人気の回転寿司屋・「まるかつ」に入ったのですが、
パっと見た感じ回転寿司屋の雰囲気が無いというか、どこも
回ってなくて普通の寿司屋の感じでした(汗)

130713_04.jpg


函館直送の握り10貫と函館地ビールをオーダーしたのですが、
イカを中心に、これは美味かったですね。白身中心の構成も
白身派のワタクシには嬉しかったです♪

・・・そんなわけで、3連休初日は芸術に食い道楽に、良い
1日を過ごすことができました。残り2日も良い休日にしたい
なぁと思います。スノーストームがんばれ(笑)

スノーストーム、昇級戦

日曜は最終レースに1頭。

4年前にポルカマズルカが飛躍のキッカケを掴んだ
ゲンの良いレースですが、本馬は使い詰めな上に
相手関係も厳しく、まずは無事に回ってきてほしいです。


日曜函館12R
北海ハンデキャップ<芝2600>
スノーストーム 52 勝浦



前走で500万条件を卒業したスノーストーム、
疲れもないとのジャッジで再度中1週での出走と
いうことになりました。

正直、ここは使ってほしくなかったです。

中1週続きということもありますが、相手関係も
前々走で完敗したアドマイヤバラードをはじめと
する骨っぽいメンツが揃い厳しいと思うからです。

菊花賞出走を叶えてくれたら嬉しいのはもちろん
ですが、そのためにこの時期にちょっと無理筋な
使い方をするのはあまり嬉しくないなぁと。

プロの判断ですし、出走する以上は人馬を信じて
応援するのみですが、競走成績以上に、今後に
ダメージが残らないこととこの後はひと息入れて
くれることを願っています。

バルトロメオ、着実に前進を

今週は土日に3歳馬が各1頭出走。

それぞれ勝ち負けまでは厳しいのではと
思いますが、無事にそして今後につながる
レースをしてもらいたいものです。


土曜中京7R
3歳上500万下<D1200>
バルトロメオ 52 中井



バルトロメオが昇級2戦目を迎えます。

前走は昇級初戦にしてはなかなか見どころの
ある走りで4着に頑張りました。再び減量の中井
騎手とのコンビで臨む今回、さらに前進をして
くれると嬉しいところです。

中間の調教では、この馬にしては良い時計を出して
います(終いは相変わらずひと息ですが)し、状態
そのものは良さそうに感じます。

今回も人気は無いと思いますが、この後はお休みを
もらえる見込みですし、相手なりに走る特性を活かし、
頑張ってほしいです。

大魚




こういう馬をちゃんと選ばないといけませんねぇ~

出資者の皆さん、おめでとうございます!

一強時代

昨日・今日と恒例のセレクトセールが開催されました。

最高落札馬は1歳セッション・当歳セッションともに
ディープインパクト産駒。一部キングカメハメハ産駒が
頑張っていますが、上位にはディープ産駒がズラリ。

まさに、種牡馬一強時代の到来をよく表しています。

かつてのサンデーサイレンスのような状況が作られ
つつあり、当然ながらクラブ募集馬への影響も強く
出てくることになるでしょうね。

牡馬が8000万、牝馬が4000万、これくらいが標準の
価格帯になっていくのでしょうか。もはや牡馬は
手が出ない存在になっていきそうです(汗)

今さらながら、これまでにディープ産駒数頭に出資
できていて良かったぁ・・・という感じです。

今年は夏にダイワメジャー産駒への初出資が実現した
ので、秋は今までなぜか縁の無いハーツクライ産駒を
狙ってみようかな、なんて思いました。

ホントはディープほしいですけどね(笑)

ディアデラマドレ、帰厩

長期休養明けのスイートピーS以来、NFしがらきに放牧に
出ていたディアデラマドレが角居厩舎に帰ってきました。

放牧直後は急仕上げで使った反動か、状態がイマイチな
感じの更新が続いてヤキモキしましたが、6月中旬頃から
上向き傾向になってきてくれて、無事の帰厩となり安堵です。

暑い最中のレースで心配はありますが、夏の早いうちに
2勝目を挙げて秋華賞トライアルに備えるのが理想的だと
思いますので、ここは踏ん張りところですね。

帰厩時期からすると、7/27の新潟の平場の牝馬限定の
500万条件が有力でしょうか。ラスヴェンチュラスとか
来ちゃったりしなければ良いなぁ・・・なんて思ったりも。

スイートピーSは完敗でしたが、終いは良い脚を繰り出して
いましたし、なんせまだキャリア2戦の馬。母が棒に振った
3歳秋に活躍できるよう、まずは無事に復帰戦に向かって
くれることを願っています。

シルクの募集予定馬リストを見てみた

先日のホームページリニューアルのタイミングで、今年の
シルクの募集予定馬リストも発表されたので、見てみました。

パっと見て字面上で気になっているのは、

・アーマイン × ディープ 牡
・ベッラレイア × ディープ 牝
・フィロンルージュ × キンカメ 牡
・マチカネタマカズラ × ネオ 牡
・ブラックエンブレム × ネオ 牡
・ソニックグルーヴ × ネオ 牝
・レディドーヴィル × ハーツ 牝
・ルシルク × ステイ 牡
・クロースシークレット × ウォー 牝

といったところ。
いかにも人気しそうな馬が多いですね。

シルクは優先順位は付けないタイプの実績制
だけに、「抱き合わせ」申込も増えそうで、
人気上位以外の馬も意外と難しくなるかも?

分かりませんけれど(汗)

また、落ちる前提で今年の申込実績を水増しする
ために高額ディープ牡馬を申し込むという作戦も
生じてきそうな。ワタクシはやりませんが(笑)

アベノシルクそのものはいろいろトライ&エラーで
やっていただければよろしいかと思いますが、とり
あえず実績制対象外の100口を電話先着順にするのは、

ちょっと面倒です(苦笑)

個人的には、ここは完全抽選制にしておいてほしかった
かな。そもそも、申込総数が500口以下だった場合では
どうなるんでしょうね?

わざわざ1次募集と2次募集の2回行うのか、それとも
そのような時は全て確定とするのか、リストの説明を
見る限りでは前者に読めますが、さて。

まぁ、キャロット次第でいろいろ考えるとします。

出資馬近況サマリ(7月6日)

早いもので今年も半分が終了。
今週は出資馬の出走も無いので、各馬の近況を整理しようかと。

昨年来の不調を引きずり未勝利だった冬シーズンに対し、春シーズン
は 3歳馬を中心に6勝を挙げ、昨年通年の5勝を上回りました。

悲しい出来事も ありましたが、引き続き夏シーズンも各馬の
頑張りに期待したいと思います。


[6歳]
・アンヴァルト 牡 1600万下
NFしがらきに放牧中。陣営は前走で直千以外の芝レースにも手応えを
掴んだ模様ですが、本当の適性は良馬場の芝12を走らないとやっぱり
判然としないような印象もあります。7/28のアイビスSDか佐世保Sに
向かうのならばそろそろ帰厩かと思うのですが、さて。

[5歳]
・リアルインパクト 牡 OP
NF空港に放牧中。6月中旬くらいから軽いところを乗り始めています。
牧場見学の際には「おそらく毎日王冠から始動」とのことでした。
馬体重は550kgくらいとかなり太いですが、確実に立て直しの効果は
あるように思います。秋に本来のリアルの走りを見たいです。

・トルバドゥール 牡 1000万下
美浦在厩。6/29の福島・猪苗代特別は5着。上位には離されたものの、
右回りでも1000万下でも初の掲示板確保となりました。陣営は福島
続戦(横手特別?)も示唆していますが、間隔が空いても8/11の
新潟・瀬波温泉特別に直行してほしいです。

[4歳]
・チャーチクワイア 牝 1000万下
NF天栄に放牧中。6/15の東京・日野特別では強いレースぶりで優勝。
降級一戦で再び1000万下に戻ってきました。次走は8/10の新潟・
三面川特別を予定しています。先日の記事でも書いた通り、正直
厳しいと思いますが、何か新味が出ると良いなと思います。

・ディアデラバンデラ 牡 500万下(障害未勝利)
NFしがらきに放牧中。右前の蹄の不安から軽めの運動程度。
このまま問題なければ本格的な騎乗調教を開始する見込みです。
特に目標のある馬ではないので、この期間に心身が多少なりとも
成長してくれることを期待したいものです。

[3歳]
・スノーストーム 牡 1000万下
函館競馬場在厩。駒ヶ岳特別3着から中1週で臨んだ6/30の平場戦
で見事優勝し、1000万下に昇級。前走は着差以上にステイヤー
資質を感じさせました。一息入れるかと思いきや、在厩で
続戦の模様ですので、8/3の松前特別辺りが目標となりますか。

・バルトロメオ 牡 500万下
栗東在厩。500万下への昇級初戦はなかなか良い内容で4着と、
クラスへのメドは立ったかなという印象です。レース後も順調で、
7/13の中京の平場戦(D1200)に引き続き中井騎手とのコンビで
出走する予定です。

・スペクトロライト 牝 500万下
NFしがらきに放牧中。17秒程度のペースでの調整を継続し、
だいぶ良い状態になってきたようです。近々の帰厩を示唆
するコメントも出ていますし、8/3の新潟の牝馬限定の平場
戦(D1800)辺りを狙うのかなと予想しています。

・ディアデラマドレ 牝 500万下
NFしがらきに放牧中。17秒程度をベースに、15秒も交えて
順調に調整されています。動きに迫力が出てきたとのことで、
そろそろ帰厩も視野に入ってきそうです。夏の間に2勝目を
挙げて、秋華賞トライアルに進んでもらいたいです。

・セプテントリオ 牡 未勝利
美浦在厩。6月は2回出走し、3着→5着。使いながらレース
ぶりがむしろ悪化しているのは心配ですが、もう時間が
あまりありませんし、とにかく1勝を願うばかりです。
7/21の福島の未勝利戦(D1700)に内田騎手で出走予定です。

・ジンジャーミスト 牝 未勝利
美浦在厩。前走大敗後はNF天栄に放牧に出ていましたが、
7/3に帰厩しました。牧場見学時には444kgだった馬体重が、
直近の更新では455kgに増えていたのは好材料です。新潟
より福島の方が合いそうなので、7/20に間に合ってほしいです。

[2歳]
・モントボーゲン 牝 未勝利
NF天栄に放牧中。新馬戦3着後、夏の間は天栄でリフレッシュ
を図り、心身の成長を促すこととなりました。早ければ9月の
中山での復帰ということになりそうで、ここで初勝利→阪神JF
路線へ・・・という流れになってくれることを期待しています。

・デリッツァリモーネ 牡 未勝利
栗東在厩。若さ丸出しの新馬戦3着後はNFしがらきに放牧に
出ていましたが、7/5に帰厩しました。小倉前半で使うとの
ことだったので、8/3の芝1800かなと思っていたのですが、
それにしては帰厩が早く、前週の芝1200の可能性も?

・ディアデルレイ 牡 新馬
NF空港に放牧中。飛節の状態を確認しながら、18秒程度の
ペースでの調整。今のところは問題なく推移しているようで、
ひと安心です。このまま順調に行って、秋の東京開催辺りで
デビューしてくれれば良いなと思います。

・ヴィッセン 牡 新馬
NF空港に放牧中(未入厩)。週2回は坂路で17秒ペース。
馬体重も500kgを超え、まだまだこれからといったところ
ですが、騎乗を継続できているのは良いですね。素材は
良いと思いますので、この夏の成長を期待しています。

・ハンマークラビア 牝 新馬
NF早来に放牧中(未入厩)。週3回は坂路で14秒ペース。
見学時におなじみN尾さんに伺った話では「しばらくこの
くらいのペースでの乗り込みを継続する予定」とのこと。
成長期かつ残口ありということで、移動は秋でしょうか。

・グレンロック 牡 引退
先日の記事の通り。忘れないことが大事だと思っています。

□2013年の成績
48戦6勝 6-5-7-5-6-19

回ってきてほしいなぁ

シルク・グリーンと今年の募集馬ラインアップが続々と
発表されてきました。ワタクシが気にしているのは、
セレクトセールにもサンデーにもシルクにもその名を
発見することができなかった、

レーゲンボーゲンの12

の行き先であります。

母はキャロットの所属馬(1勝)でしたし、後は東京TCで
募集されることがなければキャロットに回ってきてくれる
可能性が高まるんじゃないかなぁ・・・と期待しています。

1歳上のモントボーゲンと同じくゼンノロブロイの牝馬。

キャロットに回ってくれば母馬優先でキッチリ確保したい
馬であります。なんせ母は全400口のうち半分も売れて
いませんでしたからね(苦笑)

どうなるか分かりませんが、そんな展開を期待しつつ、
募集馬発表を楽しみに待ちたいと思うのであります。

2013年馬のたび[6月]〜モントボーゲン編〜

悲しい出来事に落ち込んでいても仕方ありません。
前向きにいくことが、グレンロックへの供養にもなるでしょう。

今回の出資馬見学のラストはモントボーゲン

201306_mb01.jpg


6/2の府中でのデビュー戦は不完全燃焼の3着。

その後は早々に天栄に放牧に出されました。当初は馬体が
萎んで見えるなんてコメントもありましたが、現在は477kg
まで増えてきていて、まずはひと安心です。

201306_mb02.jpg

担当の方によると、「牧師からは2〜3ヵ月は天栄で調整すると
聞いている」とのことでした。復帰は早くても秋の中山という
ことになります。

「走ることは分かっているので、成長を促しながら進めます」
とも仰っていました。

201306_mb03.jpg

デビュー前の調教が軽かったのはテンションが上がって攻める
ことができなかったのかなと質問してみましたが、そういう
わけではなく、ソフト仕上げにしたとの回答。ただ、馬体重維持の
目的はあったんだろうなぁ・・・と推測しています(汗)

スイッチが入るとピリピリする面はあるけれど、基本大人しい馬
ですとのこと。また、「とても動きが柔らかいし、桜花賞に行きたい」
とのリップサービスも。

201306_mb04.jpg

デビュー戦を見る限り、中距離でも問題なさそうですし、無事に
この夏を過ごし、秋にまた元気な姿を見せてほしいです。まずは
初勝利、待っています。

グレンロックよ、安らかに・・・

2歳牡馬・グレンロック(シルキーラグーンの11)の
予後不良が発表されました。

原因不明の不調が続き、(最悪のケースも想定できると)心配を
していましたが、直近の検査で「腹腔内濃瘍と広範囲にわたる
増殖性腸炎を発症」していることが判明し、上記診断に至った

・・・とのことです。

NF空港に寄った際にも予断を許さない状況(もちろん見学できず)
と聞いて いましたので、ついにこの日が来てしまったかという心境です。

長引いてしまい、かわいそうだったね。苦しかっただろうね。。。

今はただただ冥福を祈るばかりです。

グレンロック、安らかに眠ってください。

2013年馬のたび[6月]〜チャーチクワイア編〜

さて、見学レポートに戻りたいと思います。

NF天栄での出資馬見学の2番手はチャーチクワイア

201306_cc01.jpg


6/15の日野特別を勝って、いつものように天栄へのリフレッシュ
放牧に 出されました。健康面の不安はないタイプですが、背腰に
疲れが溜まりやすいタイプでもあります。

今回もやはり使ったなりの疲れがあるとのこと。

201306_cc02.jpg

降級戦を一発で勝ちきってくれましたし、当面の目標といえる
ようなものも ありませんから、まずはしっかりと疲れを取って
もらえればと思います。

クラブ公式でもアナウンスされている通り、次走は8/10の
新潟芝1800の 三面川特別を予定しています。

昨年完敗したレースですが、「ここをこなせば 選択肢が
増えるので」との担当の方の言でした。

201306_cc03.jpg


ただ、正直このレースは厳しいだろうなと思います。

例年、秋華賞を目指す 3歳の上がり馬が出てきますし、究極の
上がり勝負になりやすいコースだけに、33秒台は使えても
32秒台は出せないチャーチにはキツいでしょう。

実際、3勝はいずれもしっかりした先行馬が引っ張って
くれた時ですし。

その後はどうなんでしょうねと水を向けると、「何も決まって
いませんが、 おそらく中山はスキップして府中では」とのこと
でした。中山のマイルは 意外と合うと思うんですけど、
事実として、3勝とも府中ですからね。

201306_cc04.jpg

相変わらず大人しく扱いやすい馬で、調整もしやすい
でしょう。 既に募集額の倍以上の賞金を獲得してくれて
いますし、残り1年半の 競走生活を元気に堅実に駆け続けて
ほしいなと願っております。

初めてのダメジャー

130701_1826~01

おかげさまで、無事にタスクミストレスの12への出資が
確定しました。昨年のモントボーゲン同様、少々の実績で
うまいこと潜り込めた感じです。

イメージとしては堅実な走りで楽しませてくれるタイプ。
出資馬でいえばチャーチクワイアのような。いやいや、
せっかくですからもっと高い夢を持っておきましょう(笑)

ご一緒の皆さま、どうぞ宜しくお願い致しますm(_)m
プロフィール

ka2uma0101

Author:ka2uma0101
馬と旅と歴史と野球を愛する競馬モノです

出資馬一覧
出資馬一覧
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる