久々に集計してみた(私的リーディングジョッキー)

特に理由もなく、久しぶりに私的リーディングを
集計してみました。むろん、自己満足です(笑)

最初はやはりジョッキーということで、勝利数順に
並べてみますと、、、


6勝 藤岡康
5勝 安藤勝、小牧、武豊、戸崎
4勝 岩田
3勝 小林淳、後藤、福永


といった感じで、1勝・2勝は結構幅広くいます。

藤岡康騎手は昨年9月以降にディアデラマドレで
3勝を加算して、一気にトップになりました。兄の
バンデラでも1勝していますし、ノビアの仔の勝利の
大半を占めていることになります(残1勝は福永騎手)。

2位グループは数年前とほぼ同じ顔ぶれですが、
やはり戸崎騎手がランクインしてきました。実際の
リーディングジョッキーですし、関東馬にとっては
心強い味方ということで、今後ともお願いしたいものです。

また、おそらく勝率という面でいうと、後藤騎手が
かなり高い・・・ように思います。正しく集計していませんが、
5割を超えているのではないかと。

そして、15年以上一口をやっていても、ご縁が無い騎手と
いうのもいるものでして、トップジョッキーの中でも、以下の
面々での勝利はありません(騎乗はあり)。

蛯名、池添、デムーロ、四位

今年の2歳は国枝厩舎所属が3頭いますし、蛯名騎手とも
そろそろご関係をと期待しています。

また、備忘録がてら、最後に「一緒に口取りできた騎手」を、
順番に(たぶん)書いておきます。

岩田、川田、安藤勝、武豊、柴山、松岡、三浦、北村宏(2回)

今年後半、ぜひとも記録を更新していきたいものです。
スポンサーサイト

いやいや、大敗でした

土曜日の函館8Rに出走したスノーストーム
単勝1倍台の圧倒的支持を受けたものの、レースでは
まったく良いところなく10着大敗でした。。。

若干立派には映りましたが、それにしても(汗)
岩田騎手が促しても全然進んでいかず、4コーナーの
手前で「こりゃダメだ」という感じでした。

元来が気難しいタイプですし、気性面のムラな
ところがモロに出てしまったのかもしれません。

いったん短期でリフレッシュして、札幌で改めて使って
いくのが良いように思います。このクラスで力上位なのは
間違いないですし、慌てずに進めていただければと。

かなりの確率で勝利が見込めると思っていただけに、
いやはや参ったなというのが正直なところですが、来週は
大挙出走ということになりそうですし、数で勝負してなんとか
勝ち星を上積みできれば・・・と願っております。

今週の出走(6月28日)

今週の出資馬の出走は1頭のみです。

来週は最大で6頭の出走の可能性がありますが、
勝利のチャンスという意味では今週の方が上では
ないかと、そんな期待をしております。


土曜函館8R 3歳上500万下<芝2600>
スノーストーム 57 岩田


駒ケ岳特別2着から中1週で、スノーストームが再度
同じ函館芝2600のレースに出走します。

このローテーションは昨年と同じで、しかもこの
レースで勝利を飾っています。メンバー構成も
前走とほぼ同じということで、当然力が入ります。

馬場状態もなんとか保ってくれそうですし、
コンビ継続となる岩田騎手の手綱でうまく馬群を
捌いて、1年ぶりの3勝目を挙げてくれることを
願いつつ、応援をしたいと思います。

プリンセチア、いよいよ入厩

2歳牝馬・プリンセチア、3月末に北海道を出て約3カ月、
山元TCでじっくりと乗り込んできましたが、いよいよ
明日27日に美浦・国枝厩舎に入厩の運びとなりました。

お仲間さんの情報によると、OFLVで調整していた頃は
なかなか前向きさを示すことがなく、環境を変えることで
馬が変わってくることを引き出したい・・・という理由で
早目に山元に移動したとのことでした。

確かに北海道にいた頃と比べると、ポジティブなコメントが
増えたように感じますが、果たして実態はどうなのか。
楽しみなような、怖いような、そんな気持ちです(汗)

幸い、体調面は問題なさそうですし、牝馬ながら500kgを
超す大柄な馬ですので、トレセンでのトレーニングに
しっかりとついていってもらいたいものです(願)

同厩のサンマルティンは調教の動きが冴えず、結局
デビューまで進めることができませんでしたが、プリンセチア
には無事にデビューまで行ってほしいなと。

順調ならば新潟でしょうか。

厩舎は違いますが、堅実に頑張っているチャーチクワイアの
後継となってくれる、いや、それ以上の活躍をしてくれることを
期待しつつ、ここからの進捗に一喜一憂するとします。

見送り

いよいよ締め切りの社台・サンデーの募集ですが、
ワタクシは今年は「見送り」としました。

特にこれといった理由があるわけではないのですが、
締め切り前日になってもDVDを観ていないような状況と
いうことで、こういう年はその方が良いだろうと。

秋のキャロットは1日ツアーに参加しますし、×イチが
ありますので、「こぴっと」(←朝ドラ風)検討します。

でも、こういう年に限ってラッキーナンバーが初めて
巡ってくるような予感も(苦笑)

出資馬近況サマリ(6月22日)

クラス再編成が行われ、2歳戦も始まりましたので、
ここらで出資馬の近況を整理しておきたいと思います。

[7歳]
・アンヴァルト 牡 1600万下
栗東在厩。6/21の水無月Sは16番人気で3着に激走。
この後は7/5の福島・テレビユー福島賞か、7/12の
中京・豊明Sに向かう見込。前者でお願いしたいです。

[6歳]
・リアルインパクト 牡 OP
NF空港に放牧中。今季は高松宮記念も安田記念も
極悪馬場で力を発揮できず、実に残念でした。しっかり
リフレッシュして、秋に元気な姿を見せてほしいです。

・トルバドゥール 牡 1000万下
NF天栄に放牧中。今年に入ってから、まったく精彩を欠く
レースが続いています。気持ちの面でも厳しくなっている
のかなぁ・・・と。立て直せると良いのですが。

[5歳]
・チャーチクワイア 牝 1600万下
函館競馬場在厩。新潟ではなく、3年ぶりに北海道のレースに
参戦となりました。7/5の函館・TVh杯への出走を予定しています。
さて、6ハロン戦はどうでしょう。

・ディアデラバンデラ セン 500万下
NFしがらきに放牧中。だいぶ常識にかかったレースができる
ようにはなってきましたが、なかなか勝ちきるところまでは
至りません。そろそろ結果が欲しいものです。

[4歳]
・ディアデラマドレ 牝 OP
マーメイドS優勝後、NF天栄に放牧に出ました。近々、
NF早来に移動し、リフレッシュを図りつつ、8/3のクイーンS
への出走を目指すことになる見込みです。

・スノーストーム 牡 500万下
函館競馬場在厩。駒ケ岳特別の惜しい2着から中1週で、
6/28の500万下平場(芝2600)に岩田騎手で向かう予定。
昨年同様、ここで決めてもらいたいところです。

・スペクトロライト 牝 500万下
6/21に美浦に帰厩。降級しますが、福島は合うイメージが
ありません。芝・ダート含め、どこから使っていくのか、
堀センセイの判断やいかに。

・セプテントリオ 牡 500万下
美浦在厩。去勢手術で悪さは見せなくなったものの、
元気がなくて馬体も萎んで見える・・・って、失敗では?
新潟には間に合わせてもらいたいもの。

・バルトロメオ 牡 500万下
NFしがらきに放牧中、いや、放置中。在厩していても、
遺憾な仕上で遺憾なレースに使うだけなのに、なぜに
転厩とならないのか非常に不思議。

[3歳]
・デリッツァリモーネ 牡 1600万下
NF空港に放牧中。ここにきてようやく調教のペースが
上がってきましたので、夏の終わりか秋の初めには
出走できそう。京成杯以来の復帰戦で、改めて期待です。

・ディアデルレイ 牡 500万下
美浦在厩。心房細動後の復帰戦はまずまずの5着。
忙しい距離よりはゆったり走れる方が良いとの騎手の
進言もあり、次走は福島の中距離戦となりそう。

・ヴィッセン 牡 500万下
NFしがらに放牧中。レース後の疲れがなかなか抜け
ませんでしたが、ここのきて上向いてきたとのこと。
中京開催での復帰となりますか。

・モントボーゲン 牝 500万下
NF天栄に放牧中。当初は東京で復帰とのことでしたが、
目標を新潟に切り替えるとのことで、しばらくは放牧継続。
昇級後は芝を使ってほしいもの。

・ハンマークラビア 牝 500万下
6/21に栗東に帰厩。ムラ駆けの馬ですが、このクラスでは
上位の存在と思いますので、改めて期待したいです。中京
前半のダート短距離で復帰となりますか。

[2歳]
全馬未デビューで、在厩馬もいません。

本州:
 サンマルティン(牡)、プリンセチア(牝)

北海道:
 モンドインテロ(牡)、ペルセヴェランテ(牡)
 アモーレエテルノ(牝)、ビーラヴド(牝)

今週の出走(6月21日)

今週は土曜に1頭のみの出走。

現役最年長出資馬の頑張りに期待します。
・・・さすがに16番人気は低すぎではないかと(苦笑)


土曜阪神10R 水無月S
アンヴァルト 57 高倉



新潟直千の駿風S5着からの臨戦は昨年とまったく同じです。
その昨年の当レースでは不良馬場に苦しみながらも6着と
頑張りましたので、そこそこやれるんではないかと思います。

桜花賞2着のレッドオーヴァルをはじめ、強いメンバーが
揃っていますが、ベテランらしい渋い走りを期待します。

ディアデラマドレ、重賞初制覇!

マーメイドSに出走したディアデラマドレ、一番人気の支持に
応えて、見事に初の重賞制覇を達成してくれました。

使いつつ筋肉を増やしていくのは母と同じ。
今回のパドック映像でも状態の良さが伝わってきました。

康太騎手のコメントによると、ちょっとテンションが高かった
とのことですが、母も結構暴れん坊でしたからね(苦笑)

今回もいつものほぼ最後方待機からのレースをするのかと
思っていましたが、高田助手の事前のコメントにもあった通り、
中団の後ろくらいからの競馬となりました(スタート良かった)。

うまく折り合いは付いているように見えましたし、個人的に
一番怖いと思っていたフロアクラフトを4コーナー手前で射程圏に
入れたところで、ほぼいけたかなと思いました。

直線でもしっかりと伸びて、今日は完勝と言っていい内容だった
のではないかと思います。これで賞金面の余裕も出来ましたし、
夏はゆっくり休んで府中牝馬→エリザベスという王道を歩んでほしいです。

母の背中に少し近付いたマドレ。
角居厩舎と康太騎手のサポートを得て、さらなる飛躍をしてくれる
ことを期待しています。まずはレース後の無事を願います。

母の時からの恒例で、ディアデラ一族の重賞勝ちの日には
アルゼンチンワインで祝杯をあげます。今宵の酒はまた格別です。

お祝いのメールやコメントをくださった皆様、ありがとうございましたm(_)m

今週の出走(6月15日)

昨日はスノーストームが駒ヶ岳特別で2着。あそこまで行ったら勝ちきりたかったですが、よい走りをしてくれました。
これで5月以降は惜しい2着が3回。そろそろ勝ち星が欲しいところです。


日曜東京9R 500万下
ディアデルレイ 54 田辺

心房細動で大敗した前走から4ヶ月、レイの復帰戦です。
帰厩後、なかなかピッチが上がらず時間がかかりました。速い時計が不足しているように思いますし、古馬との初対戦でもありますので、まずは無事に走ってくれれば。最内枠は嫌ですが、うまく次に繋がってくれることを願っています。


阪神11R マーメイドS
ディアデラマドレ 53 藤岡康

続いて姉のマドレが2度目の重賞挑戦です。
ハンデは見込まれましたし、コース適性で勝る馬たちを差し置いての前売時点での一番人気も嬉しくない材料です。
それでも、能力でなんとかカバーして、秋に向けて視界良好になることを期待したいです。いつものマドレの競馬をしてどこまでやれるか、幸い外枠に入れましたし、乗り慣れた康太騎手とのコンビでの走りをワクワクドキドキしながら見守りたいと思います。


そんなわけで、今日はディアデラ姉弟の出走。
父の日ですが、母に朗報を届けることができるよう、頑張ってほしいです。

今週の出走(6月14日)

金曜まで出張で、土曜も早朝からワールドカップ観戦しておりました。
そんな慌ただしい今週、土日で4頭が出走します。


土曜東京9R 江の島特別
トルバドゥール 57 田辺

冴えない近走から条件を替えてとのことですが、芝でこのメンバー相手に好走できるイメージはちょっと湧きません。なんとか良いところを見せてくれると嬉しいですが。


土曜函館10R 駒ヶ岳特別
スノーストーム 57 岩田

今年も函館の地で頑張るスノーストーム。降級で昨年勝っている条件、加えて岩田騎手への乗り替わり、当然期待は大きいですが、馬場状態が心配です。


日曜についてはまた別途。

53

マーメイドSに特別登録したディアデラマドレ
ハンデは53kgとなりました。

52で留まってくれると良いなぁ・・・と思っていましたが、
残念ながらこの斤量。オープン実績のあるサンシャイン、
シャトーブランシュと同じというのは見込まれた感が。。。

とはいえ、これもハンデキャッパーが評価をしてくれて
いる証なのでしょうから、前向きにとらえたいと思います。

56kgのフーラブライト以外は全て53kg以下という、随分と
極端な今回のメンバー構成。内回りの阪神2000でどんな
走りが出来るのか不安はありますが、幸い良馬場で出来そうな
雰囲気ですし、期待したいです。力は足りているはずです。

秋には淀の大舞台を走ってほしい馬ですし、少々不利な条件で
あっても、それをはねのけて賞金を加算してほしいです。

父の日なのにディアデラマドレ(母の日)

そんな見出しが躍ることを期待しております(願)

リアルインパクト、無事に回ってきてほしい

今週の出走は1頭。


日曜東京11R 安田記念<G1>
リアルインパクト 58 戸崎


3年前にアッと言わせた舞台にリアルが帰ってきました。
ベスト条件に相性の良い鞍上、本来であれば人気の有無に関わらず楽しみがあるのですが。。。

ノメって競馬にならなかった高松宮記念の時と同じく、今日の府中も残念な馬場状態。
長時間降り続く雨に、やんぬるかなという思いが(苦笑)

今年はどうにも運の巡りが悪いリアルですが、まずは無事にレースを終えて、「次」に向かってほしいものです。

英断

日曜の新馬戦への出走を予定していたサンマルティン。
週中にはメディアにもいろいろ取り上げられていましたが、調教の動きがピリッとしないため、出走回避して天栄に放牧に出され、立て直しを図ることとあいなりました。

これは英断だと思います。

前々から書いているように、この血統は早くから使って良いことはまず無いと思っていますし、ましてこの調教過程ではなおさらです。
また、結果的にこの極悪馬場でデビューせずに済んだのも、今後への影響を考えると実に良かったのではないかと。

夏場に鍛練を重ね、秋に競馬場で会いたいものです。

ビーラヴド、良化傾向

NF空港にて。

ビーラヴドとは今回が初めての対面でした。
小柄だし、なかなか調教のペースが上がらないしで、
なにかとヤキモキさせられていました。

love01.jpg

いざ実馬を見てみると、確かに小柄ではあるものの、
なかなか良い感じなのではないかと思いました。

また、この時点では430kg台になっていて、おぉ、
それは良かったと喜ばしい気持ちに。まぁ、その後の
クラブ更新ではまた420kg台になりましたが(苦笑)

love02.jpg

現在の調教のペースはハロン15~16秒台。
なかなか坂路に入れなかった馬だけに、なによりです。

love03.jpg

どこか弱いところがあるわけではなく、健康面に
問題はないとのことですが、前向きで一生懸命な
馬ということで、この辺りが起因してなかなか馬体重が
増えてこないということなのかなと。

それでも、ここにきての良化を感じさせますので、
このまま順調に行ってくれれば面白い馬だと期待しています。

アモーレエテルノ、着実に前進中

NF空港にて。

アモーレエテルノとは昨年9月のツアー以来。
元々大柄な馬ですが、募集時とさほど変わらない馬体重なのは
なによりです。まぁ、500超の牝馬ですが(苦笑)

hikaru01.jpg

なかなかペースが上がらない感じでしたが、ここ最近は
ハロン15秒台もこなしています。もっさりした感じがだいぶ
抜けてきて、動きが良化してきている・・・ようですよ。

hikaru02.jpg

ロブロイ牝のキャロット関東馬ということで、牧場スタッフ
からは「目指せバウンスシャッセです」などと。あれくらい
走ってくれたら楽しいですねぇ~

hikaru03.jpg

見た目の通り、パワーを感じる走りをするとのこと。
牝馬ながら馬格があって飼い食いにも不安が無いという
のも好材料です。ビシビシ鍛錬できますしね。

夏の終わりくらいには移動になるのでは・・・という話でした。
この世代の良血馬を多く預託されている厩舎という点が実は
結構気になるところですが、頑張ってくれるだろうと期待しています。

モンドインテロは、う~んという感じ

NF早来にて。

モンドインテロとも今回が初対面。
ディープ産駒ですし、楽しみにしていましたが。

uni01.jpg

正直なところ、印象はあまり良くなく、う~ん。。。

まず、正姿勢が取れないんですよね。どうも気性面の
悪いところが出てきているとの担当の方の声も。
煩いというよりも、我がままという感じのようです(汗)

uni02.jpg

でもって、以前不安が出た飛節については問題ないよう
ですが、左前に硬さが出たとのことで、この時点では坂路
には入れていないとのコメントでしたね。その後のクラブ
公式では坂路入りを再開したようなので良かったです。

uni03.jpg

この感じでは時間がかかりそうだなぁ・・・という印象ですが、
焦って進めて良いタイプの馬には見えませんでしたし、
ここはジックリ待つしかなさそうに思っています。

それなりにポテンシャルがあることを願っています。

う~ん、また雨かぁ。。。

今週末の安田記念に、リアルインパクトが出走予定。
人気はまったくないものの、得意なコースで楽しみもあるなぁと思っているのですが、、、
急に連日の雨予報とはホントにがっかり。高松宮記念も極悪馬場でまったく本来の走りが出来なかったし、大出遅れで自滅したオーシャンSからずっとこんな感じでなんだかなぁと。

新馬に登場予定のサンマルティンも冴えないし、この週末の楽しみはかなり萎んでおります(嘆)
プロフィール

ka2uma0101

Author:ka2uma0101
馬と旅と歴史と野球を愛する競馬モノです

出資馬一覧
出資馬一覧
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる