スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

難しかった・・・

出張の後は体調不良で更新が滞りました(汗)

その間もシルク検討は細々と続けていました。
今年は牝馬、しかも手頃な価格と考えていたのですが、、、

どうも何かしらしっくりこなくてですね。。。

ではと牝馬全体で考え直してみたところ、
ローズバドとパーシステントリーに行く着きました。

しかし、この2頭はいずれも予算オーバー。
そこはちゃんと守りたいということもあり、泣く泣くこの
2頭は見送ることにしました(そもそも実績ムリですが)。

ここに至って振り出しに戻ってしまったわけですが、
もういいやっ!ということで牡馬も含めてさらに再考しました。

そして今日はクラブラウンジでの検討会に参加しました。
が、特に参考にはならず、純粋にイベントとして楽しみましたよ(笑)

以上のようなダラダラな感じでしたが、先程決めました!

人気の牡馬1頭のみ申し込みです。
抽選頼みになる可能性も高いですが、ダメならばキャロットを
含めて様子見するということでいいやと。

なんだかんだ、「難しかった」です。
スポンサーサイト

今週の出走(9月27日・28日)

今日まで出張で、いただいたコメントへのお返事が滞っておりますm(__)m

今週は2頭が出走。
いずれもアテにはし辛いタイプの休養明けですが、優先権を獲ってほしいなと期待もしています。


土曜阪神12R
ディアデラバンデラ 秋山

日曜阪神6R
ハンマークラビア 池添

以上、簡易版にて。
バンデラのレースはライブ観戦は厳しいかなぁ。。。

迷走中

祝日ということで、シルク出資候補馬の動画などを
改めて眺めてみたのですが、、、

う~む(汗)

測尺・血統・厩舎・動きなど、なにかしら気になるところが
あったりで、なかなか決められません。高価格帯の馬を
候補に入れれば、一発解決しそうではありますが(苦笑)

そんなわけで迷走中です。

むしろキャロットの残口馬でもいいんじゃないかとか。
コーレイの13辺りへの興味が膨らんできております。

明日から出張なので、旅先でのひらめきを期待します。

シルク検討中

19日にキャロットの最終確定通知があり、
4頭への出資が確定しました。

・ジンジャーパンチ ディープインパクト 牡
・ディアデラノビア ハービンジャー 牡
・ガヴィオラ ダイワメジャー 牡
・リーチコンセンサス ワークフォース 牝

牡馬3頭・牝馬1頭というバランスなので、
シルクでは牝馬中心に検討しています。

そのシルク、なんでも昨年の3倍ペースでの
申し込み状況になっているとか。キャロットと
同様、様子見はなかなか難しそうです(汗)

当年込の実績制というのは昨年と同様ですが、
今年は20%が抽選枠となりました。

「当年出資実績を水増しするために、落選を前提に
人気馬への申込をする」ことを抑制することが目的
でしょうか。制度そのものがしっくりこないことは
変わりませんが、改善はされた・・・かな?

そんな中、ワタクシが現時点で興味アリなのが
下記の馬たちです。ブラックエンブレムやディアジーナ、
ディープ産駒などは目の保養にとどめ、
牡馬3000万、牝馬2000万を上限に検討しています。

10)ジェイズミラクル キングカメハメハ 牝
29)ラフィエスタ ハービンジャー 牡
32)シャルマンレーヌ ハービンジャー 牝
37)クラウンピース ダイワメジャー 牝
42)アドマイヤテレサ マンハッタンカフェ 牝
45)アーデルハイト クロフネ 牝

ツアーには参加しませんが、せっかく検討会に
当選したので、その後で申し込もうと思います(笑)

今週の出走(9月20日・21日)

今週は2頭が出走します。

ここのところ40口馬の低迷が甚だしいので、そろそろ
なんとかしてほしいところですが。。。


土曜新潟12R
モントボーゲン 52 江田照


休み明けの前走がまったく見せ場なしだったモントボーゲン。
この厩舎にしては珍しく、そのまま在厩で調整してきました。

が、出走間隔の問題で当初狙いのレースには出走できずと
いうことを繰り返すことになり、調整として良かったのかどうか。

中間の調教について、陣営は「良い動き」とコメントしていますが、
時計や併せ馬の状況を見るとお世辞にも「良い」とは言えないと
いうか、むしろ「悪い」ような。距離延長と穴騎手騎乗に少し望みを
かけて、まったりと応援しようと思います。


日曜阪神10R 仲秋S
アンヴァルト 55 高倉


直千の轟Sは内枠も堪えて3着だったアンヴァルト。
中2週で阪神の7ハロン戦に出走ということになりました。

ベスト条件からの条件替りですし、距離もこなせるものの、
少し長い印象があり、あまり強気にはなれません。

ただ、相変わらず調教は動いていますし、うまく道中溜めを
作ることができれば、見せ場もあるかな・・・とも思います。
7歳の秋となっても頑張るベテランの走りに期待するとします。

縁はつながった・・・ようです

キャロットの満口馬が発表されました。

ワタクシが申し込んでいる5頭の状況はといいますと、

【最優先】
57)ガヴィオラの13
⇒最優先枠は当選、一般枠内で抽選
 ⇒○

【母優先一般枠】
46)ディアデラノビアの13
⇒母優先は当選、最優先(×1)で抽選
 ⇒○

62)リーチコンセンサスの13
⇒満口にならず
 ⇒○

【一般枠】
01)ジンジャーパンチの13
⇒既存会員は当選、新規会員最優先で抽選
 ⇒○

48)ブルーメンブラットの13
⇒母優先は当選、最優先(×なし)で抽選
 ⇒×

ということで、4頭への出資が確定しました。

なんといっても、厳しいだろうなぁと思っていた、
ディアデラノビアの13が獲れたのが嬉しいです。
これで母の仔に5年連続出資。とことんいこうかと(笑)

ブルーメンはさすがに無理でしたね。
クラブ出身のG1馬の仔ですし、まぁそうですよねと、
納得の落選であります。

終わってみれば、満足なドラフトです。

牡馬3:牝馬1というバランスになっているので、
シルクでは手頃な牝馬の補強をしたいと思います。

ご一緒となる皆さま、どうぞ宜しくお願い致しますm(_)m

種牡馬ディープインパクトと仲良くなりたい

シルクのカタログが届きました。

キャロットより期間も長いし、クラブラウンジでの
募集馬検討会(2回目)にも当選したので、
ゆっくり考えたいと思います。

さて、標題の件。

今の日本で一口を楽しんでいく上で、種牡馬・
ディープインパクトとの付き合いは極めて大事な
ことだと思うのですが、これが難しくて。。。

というのも、ワタクシの場合、初年度産駒こそ
運良くリアルインパクトに出資することが出来た
ものの、2年目産駒以降がどうにもでして。

・レチャーダ→未出走引退
・スペクトロライト→2勝。500万下大敗続き。
・バルトロメオ→1勝。500万下大敗続き。
・ヴィッセン→1勝。500万下大敗続き。
・モンドインテロ→デビュー前も頓挫多し。

といったような状況であります。
リアル以外、ダートでの勝ちしかないし(汗)

スペクトロライトについては、将来の繁殖価値も
考慮して非力さには目を瞑って出資したので、
これはしかたないと思っています。

でも他の馬は、もう少しやれるのではないかと
見ていたのですがねぇ。。。まだ若いヴィッセンと
モンドインテロには頑張ってもらわねば。

作戦をミスったなと思うのは11年産出資です。

この年はデリッツァリモーネに母優先+最優先を
使いました。デリッツァに出資できたことはもちろん
満足しているのですが、結果的にこの馬は母優先
だけでOKだったので、最優先はディープ産駒で
気になっていたヒストリックスターの11(ハープスター)に
使っておくべきだったなと。

そうしておけば、例えハープに落選しても、翌年に
ヴィートマルシェの11(アヴニールマルシェ)に挑戦
することができて、結構な確率でディープ産駒の大物
2頭のいずれかに出資できたことでしょうから。

こういったことも含め、この大種牡馬とどう付き合っていくか。
13年産はしつこくチャレンジしてみましたが、そろそろ
ちゃんと考えないといけないなと思う、秋の1日であります。

今週の出走(9月14日)

モントボーゲンがスライドとなったため、今週の出走は1頭のみです。
そもそも、なんで前走後に短期放牧に出さなかったか、イマイチ分かりませんが。。。


日曜阪神7R
ヴィッセン 54 浜中

小倉続戦を見送り、阪神開幕週に出走となりました。
この馬にしては調教も良いようですし、ここは前進を期待したいです。

2014年度 キャロット申し込み

今年度のキャロットの1次募集申し込みしました。

ツアー終了時点でほぼ固まっていたのですが、
月・火の人気動向で票の集まり方がますます加熱している
ことが確認できましたので、一部追加もしました。

【最優先枠(×1)】
57)ガヴィオラの13

×1の最優先は、ガヴィオラに使うことにしました。

ツアー前は一般枠でいければと考えていましたし、
母高齢・兄たちの体質など、気になるところもあります。

が、実馬を見てすっかり気に入りました(好みのタイプ)。

一番出資したい馬を一般枠抽選で取り逃すことは
避けたいということで、迷わず最優先で申し込み。

華やかな路線には目を向けず、我が道を地道に
歩んでくれればと思います。


【母優先一般枠】
46)ディアデラノビアの13

今年もノビア仔に申し込みました。

が、母優先+最優先で枠が埋まってしまう勢いで、
連続出資記録継続は風前の灯火ですね(汗)

本来であれば、この馬に最優先を使うのが妥当
なのだと思いますが、角居厩舎や国枝厩舎では
ないですし、縁がなければ仕方なしと割り切りました。

馬自身は全兄とはだいぶ印象が異なりますが、
良い馬だと思います。確実に走ってくれそうですし、
例え出資ならずとなっても応援したい一頭です。


62)リーチコンセンサスの13

リーチの初仔にも申し込みました。
こちらは無風状態ですし、まず問題ないでしょう。

母は現役時代に31戦をこなして、引退レースから
あまり間隔なく繁殖生活に入った馬ということで、
その辺りの影響は懸念されるところです。

また、脚元もなんとなく不安な気がします。
まぁ、母もそんな感じでケガなくタフに走りましたが。

いろいろありますが、条件馬ながら1億超の賞金を
稼いだ馬の初仔ですし、母と同じ厩舎というのも
良い(なにかと評判悪いですが・苦笑)と思います。


【通常一般枠】
48)ブルーメンブラットの13

ツアーでの印象が良く、申し込みました。

動きが良いように感じましたし、お母さんに似た
気品のある姿も良いなと。

ただ、さすがに人気ランクインしてきました。
一般抽選まで回ってくる可能性もわずかながらは
あるかもしれませんが、厳しいだろうと見ています。


01)ジンジャーパンチの13

最終の人気発表でディアデラ・ブルーメンの2頭が
厳しい状況にあることを踏まえ、追加しました。

これまでの母の産駒の成績や体質や価格といった
ことを考えると、ギャンブル色が濃いと思います。
馬自身もちょっと硬いような印象がありますし。

しかしながら、サイズは問題ないですし、
母にとって初の牡馬産駒で父がディープ。
国枝SKE厩舎ですし、リスクを取ることにしました。

一般抽選になるかもしれませんが、緩やかな
レベルと思いますし、縁が持てることを期待します。


以上となります。

結果発表は9/19ですか。果報を寝て待つとします。

2014年キャロットツアー(NFイヤリング・牝馬編)

募集馬展示の最後はNFイヤリングの牝馬ステージ。
こちらでは35頭が展示されます。

人気上位を争う馬たちの人だかりは凄かったのですが、
皆さんお疲れモードということもあり、最終盤は人気馬を
間近でゆっくりと見ることができました。

02)オールザウェイベイビー
1402.jpg

03)クイックリトルミス
1403.jpg

18)ラズベリータイム
1418.jpg

36)アドマイヤサンデー
1436.jpg

39)シンハリーズ
1439.jpg

40)レーヴディマン
1440.jpg

48)ブルーメンブラット
1448.jpg

52)クリソプレーズ
1452.jpg

55)ヒストリックスター
1455.jpg

60)ワイオラ
1460.jpg

62)リーチコンセンサス
1462.jpg

78)スターリットラヴ
1478.jpg


こちらには大人気馬が数頭いるのですが、その中でも
ヒストリックスターを囲む人の多いこと、多いこと。
普通の活躍では満足してもらえない運命を持った馬ですが、
動きはやはり素晴らしく見えますし、期待に応えてくれそうです。

そして、現時点での1番人気・シンハリーズ。
品がある中にも勝ち気さが窺える表情は、さすがディープ産駒の
良血馬といった風情です。動きも良く見えますし、厩舎も含め、
最も安心できる馬と言えると思います。

真っ先にサイズが気になるのがその隣にいるレーヴディマン。
400kgを超えたとのことですが、やっぱり小さいなとは思います。
ですが、5月生まれですし、あまり心配する必要はないかなと。
こちらも良血馬らしい雰囲気がありました。

キャロット定番血統として、今回もランクインしてきたのが、
アドマイヤサンデー。堀厩舎所属という点も興味深いです。
現時点ではあまり目立たないような気がしますが、成長力の
ある血統ですし、今後に期待といったところでしょうか。

キャロット所属のG1馬・ブルーメンブラット。
今年はハービンジャーの牝馬ですが、母が強く出ている印象です。
しなやかな動きは好印象で、一般枠で買えればぜひとも買いたいと
思いますが、さすがにそれは厳しいですかねぇ。。。

母優先で申し込む予定なのが、リーチコンセンサス。初仔ですが、
そこそこのサイズに出ました。なんだか危なっかしい脚元のように
思うのですが、母もそんな感じでケガなく走りましたから大丈夫
なのかなとも。まとまりがあって芝向きではと、牧場の方。

その他では、ラズベリータイムとスターリッドラヴの動きが
良かったように思います。ともに一般枠で穴人気になりそうですね。

以上、一通り掲載してみました。

お付き合いいただき、ありがとうございますm(_)m

2014年キャロットツアー(NFイヤリング・牡馬 後編)

続いてNFイヤリングでの牡馬展示後篇です。

こちらのステージは25頭で、昨年はアヴニールマルシェが
いました。さて、今年は大物がいるでしょうか。

01)ジンジャーパンチ
1401.jpg

11)ラドラーダ
1411.jpg

19)イグジビットワン
1419.jpg

34)ファーストチェア
1434.jpg

38)レディドーヴィル
1438.jpg

46)ディアデラノビア
1446.jpg

50)ササファイヤー
1450.jpg

51)フォルテピアノ
1451.jpg


このステージでの人気はラドラーダが一番でした。
正面に回り込んで撮影することができないくらい。
馬格もあり、迫力を感じさせました。

ワタクシが母優先権を持っている馬はここでは2頭。

ディアデラノビアは事前イメージ通りゴツい感じ。
左前の傷は放牧時のものだそうです(ボス格とも)。
パワーが勝っていて全兄とは印象が異なりますが、
矢作厩舎所属は「期待の現れです」とクラブ。う~む。

一方、フォルテピアノは父が替わっても母系が強く
出ている印象です。気の強さはステイゴールドらしさが
ありそうですが、繋ぎは硬いと牧場の方も言っていまして、
やはり兄姉と同じ路線になるのかなと。

続いてディープ産駒の2頭です。

ジンジャーパンチは初の牡馬の産駒になりますが、
なかなか良かったように思います。一般枠でもいけそう
ですし候補になりますが、値段も値段なので、できれば
様子見をさせてもらいたいなぁ。無理ですかね??

レディドーヴィルはまとまりのある馬といった感じ。
良い馬だと思いますが、このステージではあまり目立っては
いませんでした。確実性という面ではジンジャーよりも
こちらの方が手堅そうな、そんな印象です。

その他の馬の中では、ササファイヤーが唯一のハーツ
クライ産駒ということもあり、人気を集めていました。
動きも良かったように思います。

この後は、NFイヤリング(牝馬編)となります。





2014年キャロットツアー(NFイヤリング・牡馬 前編)

NHPでの昼食後、NFイヤリングへ。

牡馬は2ステージに分かれる構成なのですが、
前半は9頭だけとはいえ、このメンバーで時間が僅か
20分というのは短すぎるなと、個人的には思います。

なお、37)ヒルダズパッションは外傷のため舎飼と
なっていて、じっくり見たい馬がいたこともあり、
見学を断念しました。

06)モンローブロンド
1406.jpg

30)リッチダンサー
1430.jpg

41)シーザリオ
1441.jpg

45)ジュモー
1445.jpg

57)ガヴィオラ
1457.jpg

79)ムービングアウト
1479.jpg


ここは人気馬が多かったですが、とりわけリッチダンサーを
囲む人たちが多かったでしょうか。安定して良駒を輩出する母が
今年も良い仔を出し、ランクインも当然といったところでしょうか。

ワタクシのお目当てはガヴィオラ。DVDでも良いなと思って
いましたが、実馬を見て、ますますその意を強くしました。
丈夫なダイワメジャーとの配合が良い方向に出ればと。

隣にいたのがムービングアウト。ダート専用という明確な
意図を持って購入した馬ということで、厩舎も合っていそう。
既に500kgに達するも、そこまで無骨には見えない印象です。

ハービンジャー産駒のジュモーとモンローブロンドも良かった
ように思います。好みの問題ですが、個人的には歩かせると
良さが出るように感じたモンローの方に惹かれます。

シーザリオは価格的に候補にならないので、記念撮影程度(汗)
ただ、さすがの雰囲気を醸し出していました。ぜひとも順調に
いってもらいたいなと思います。

2014年キャロットツアー(早来F編)

今年もキャロットの日帰りツアーに参加してきました。

天気が非常に心配でしたが、幸い馬見の時間には雨が上がり、
時折晴れ間も覗く空模様となって、じっくりと見ることができました。
おかげさまで、ワタクシの申し込み馬もほぼ固まりました。

そんな日帰りツアーの様子を簡単に。写真の出来の悪さは
ご勘弁を。なお、この日はバス8台でした。

最初は早来Fです。

07)ドルチェリモーネ
1407.jpg

09)ヒカルアモーレ
1409.jpg

13)コーレイ
1413.jpg

35)アウトオブタイム
1435.jpg

72)スキッフル
1472.jpg


既にランクインしているように、このステージでは
スキッフルが断然人気でした。ドリームジャーニーは
どんな仔を出すのかなと思っていましたが、素軽い印象でした。

また、牧場の方は穴っぽいところでアウトオブタイムを
挙げていました。丈夫で長く活躍できそう・・・とのことです。

NFイヤリング(牡馬編)へと続く。

今週の出走(9月6日)

ペルセヴェランテが入厩1週間でゲート試験一発合格を果たしてくれました。
同じ国枝厩舎所属のサンマルティンに続いてほしいものです。

さて、今週の出走は1頭です。

土曜新潟9R 燕特別
セプテントリオ 57 武士沢

ダートに回らなくて良かったです。
厳しいでしょうけれど、多少なりとも良いところを見せてくれれば。

今のところ

キャロット募集、早くも票速報も出て、今年も始まったなぁという感じです。

現時点では、

【最優先枠】
あくまでも現時点の所感ですが、正直、去年のアヴニールマルシェほど、バツイチの使い甲斐を感じる馬はいないように思うのがちょっと残念です。

そんな中、

・シンハリーズ
・レーヴディマン
・ヒストリックスター
・ガヴィオラ

といったところを候補に考えています。

【母優先枠】
・ディアデラノビア
・リーチコンセンサス

で、この枠は決まり。
ノビアは人気ですが、さてどうなりますか。

【一般枠】
・ガヴィオラ
・レディドーヴィル
・ブルーメンブラット
・スターリットラヴ
・ムービングアウト
・イクジビットワン

ガヴィオラは好みです。
できれば一般枠でと思っていますが、どうでしょう。

いずれにしても、明日のツアーで決めたいなと考えています。

サンマルティン、新馬勝ち

2歳牡馬・サンマルティンが新潟で新馬勝ちをしてくれました。

メールやコメントでお祝いをくださった皆様、ありがとうございますm(_)m

実に2カ月半ぶりの出資馬の勝利。7月・8月と悲惨な成績が続いて
いた中、荒っぽいレース内容ながら今後が楽しみになる勝ち方を
してくれて、素直に嬉しく思っています。

6月に無理に東京でデビューさせず、立て直した効果が大きかった
ように思います。今回のレース後も天栄でリフレッシュを図ってから、
また秋に向けて進めていくとのことで、期待しています。

新設重賞のいちょうSや、9ハロン戦になったアイビーSなど、
良さそうなレースがいくつかありますし、強い相手と走って成長を
していってくれればと。

ところで、ディアデラノビアの仔は4年連続で新馬戦で1番人気になり、
3年連続で1着となっているということになりました(バンデラ。。。)。

ポンポンと連勝した母とは異なり、仔達は2勝目に手こずる傾向が
ありますので、サンマルティンにはその傾向を変えていくことも
期待したいところです。

何はともあれ、まずはレース後の無事が一番ですね。
「問題なし」のコメントを心待ちにしています。



プロフィール

ka2uma0101

Author:ka2uma0101
馬と旅と歴史と野球を愛する競馬モノです

出資馬一覧
出資馬一覧
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。