スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

出張中につき

火曜から土曜まで、出張で不在のため、ペルセヴェランテのレースの更新や、マドレのお祝いをいただいたお仲間さんのサイトへのご訪問が遅れております(汗)

今は仙台にいるのですが、昨日から一気に寒くなってまいりました。。。
スポンサーサイト

ディアデラマドレ、府中牝馬Sを制覇!

土曜日は秋晴れの東京競馬場へと出掛けました。

出資馬2頭の応援だったわけですが、まずはやはり
ディアデラマドレの嬉しい重賞2勝目から記事にしようと思います。

20141018_dia01.jpg

爽やかな気候だったのですが、日差しが強く、
パドックでは暑さを感じるほどでした。

酒井助手に曳かれてマドレが登場。
母の時からお馴染の組み合わせ、やはり
良いなぁと思います。

20141018_dia02.jpg

昨年のエリザベス女王杯以来、久々に競馬場で
マドレに会いました。前走からプラス4kgの馬体重で、
2か月ぶりでも仕上がりは良く見えます。

イレ込み気味ではないかとの懸念の声もあった
ようですが、母に比べればまったくです(苦笑)

20141018_dia03.jpg

クイーンSよりも今回の方が確実に条件は
合いますし、人気はそこそこですが、うまく
立ち回ることができれば・・・とは思っていました。

20141018_dia04.jpg

7戦連続騎乗となる藤岡康騎手、ここ2戦は
早目に動く競馬を選択していましたが、
今回は一転してマドレのレースに徹してくれました。

スマートレイアーと並んで後方を追走。
とにかく直線で前が空いてほしいと祈りながら、
レース観戦をしていましたが、通じましたね。

ポッカリと前にスペースが出来て、あとは
ひたすらスマートレイアーとの追い比べを
馬場の真ん中で繰り広げていました。

20141018_dia05.jpg

最後グイっと出たところで勝利を確信し、
一目散に口取り集合場所へと駆けだしました。
久々に良い走りができたように思います(笑)

今回の口取り参加者の会員番号は同じような
番号帯の方が多く、母娘出資者の多さを
物語っています。お話させていただいた方も
ほぼ皆さんそうでした。

ワタクシ、キャロット歴が結構長くなってきましたが、
キャロット馬での口取りは2回目(アンヴァルト以来)。

重賞の口取り、本馬場での口取りも勿論初めて。
なんともフワフワした気持ちでしたし、素直に
とても嬉しかったです。良い経験になりました。

20141018_dia06.jpg

余韻に浸りながらの帰宅途中、母の頃からの
マイルール(?)でアルゼンチンワインを購入。
今回はスパークリングワインにしました。

レース後、師からはエリザベス女王杯・マイルCSの
両睨みで検討するとのコメントが出ました。

距離的にはマイルの方が良さそうですが、マイルだと
速いペースで引っ張る馬もいて、マドレの得意な
スローの決め手勝負にはならないような気がするし、
どうなのかなぁ・・・などとも思います。

どちらも一長一短ありますし、陣営の判断を信じる
のみです。ぜひ京都競馬場に足を運ぼうと考えています。
11月がとても楽しみです。

最後になりましたが、お祝いのコメントやメールを
くださった皆さん、ありがとうございましたm(_)m


今週の出走(10月18日)

今週は土曜の府中で期待の2頭が出走します。

幸い良馬場になりそうですし、気持ちの良い秋の
府中。久々に競馬場に繰り出して、現地応援を
するつもりです。楽しみです。


土曜東京4R 新馬
ペルセヴェランテ 55 戸崎


ダイヤモンドビコーの仔・ペルセヴェランテが
いよいよデビューを迎えます。1歳時に骨折という
アクシデントがありましたが、その後は実に順調に
推移してここまで来てくれました。

重いウッドコースでは終いモタモタしてしまったよう
ですが、最終追い切りを行ったポリトラックコースでは
終い11秒台をマークして、仕上がりは良さそうです。
同厩のサンマルティンに続いてほしいと願っています。


土曜東京11R 府中牝馬S<G2>
ディアデラマドレ 54 藤岡康


マドレの秋初戦です。前走のクイーンSは、まぁそうだよねと
言う感じの負け方でした。札幌の1800では良く頑張った方
なのではないかなと思います。

一息入れての今回は府中の1800ということで、間違いなく
前走よりも条件は好転します。人気もおそらく4~5番人気で
おさまるのではないかというところですので、ここはマドレの
本来のレースをしてもらいたいです。今後に向けての試金石と
なる一戦ですし、良い走りを期待したいです。


そういうわけで、今週は母がG2勝ちのサンデー牝馬かつ、
父がキンカメという共通項を持つ2頭の出走です。

ともに楽しみがあると思いますし、素晴らしい土曜日に
なってほしいものです(願)

久々に白河散策

今回のNF天栄の見学は14時30分を希望して
いたのですが、既に埋まっていて15時30分から
しか予約できませんでした。

高速バスの新白河(西郷バスストップ)到着から
見学まで時間があったので、久々に白河駅界隈を
ぷらぷらして過ごしました。

20141010_shira01.jpg

気持ち良い秋の青空の下、ちょっと涼しい風も
感じながらまずは白河駅に到着。

昼食は白河ラーメンと決めていましたので、
早速目当ての店へと。ノーザンに行く前だから、
「アビラ」という店に決めていたのですが(苦笑)

なんと、金曜は夜のみの営業とのこと(汗)

ここで途方にくれるほどの時間もなく、次の候補と
して考えていた店へと急きょ向かいました。

20141010_shira02.jpg

こちらは営業中でほっとしました。

白十字食堂

ブログなどを拝見するとカツカレーがおススメのよう
でもあるのですが、気分が完全にラーメンでしたので、
ここは迷わず、チャーシューメンにしました。

20141010_shira03.jpg

同じ福島でも喜多方ラーメンとはだいぶ感じが
違いますが、この懐かしい感じが良いですね。
もちろん、味もボリュームも満足でしたよ。

汗をかきながら完食した後は、駅の近くの
小峰城へと向かいます。

戊辰戦争の舞台にもなった城(復元ですけど)が、
あの震災で石垣が崩落してしまい、その復旧作業が
未だ続いていると聞いていました。

20141010_shira04.jpg

クレーンで大きな石が持ち上げられ、それを石垣の上に
積んでいくという、なんとも気の長くなるような作業です。

そんな風景を眺めながら、あの日のことを忘れては
いけないと改めて思いましたし、作業に従事する人たち
への敬意を持ちました。

来年春には工事は終了する予定。

以前と同じ姿になった小峰城をまた見に来ようと思いを
新たにした秋の一日でした。寄れて良かったです。




2014年10月NF天栄~トルバドゥール、そろそろ帰厩へ~

今回の牧場見学のラストはトルバドゥールでした。

6歳の秋を迎えたベテラン。
牧場で会うのは2年ぶりとなります。

20141010_toru01.jpg

昨年秋に府中のD2100を使って好走し、
1000万下突破が見えたと思ったのですが、
今年に入ってからは凡走続き。

これはそろそろ引退の話も出てくるかと
覚悟をしていましたが、「レースに飽きている
ようだし、違う条件で新味を引き出したい」との
ことで、障害レースへの挑戦が決まりました。

20141010_toru02.jpg

障害試験も既にパスしていますし、順調ならば
夏競馬での障害デビューの予定だったのですが、
疲れが出てしまったこともあり、天栄放牧に。

クラブ公式では福島開催の障害戦を目指すと
いうアナウンスがされています。18日から開幕だし、
間に合うのかなぁ・・・と思っていましたが、今年の
秋福は5週開催なんですね。

20141010_toru03.jpg

スタッフのコメントは、

・現在508kg
・飼い食いが良く太りやすいので、一絞り二絞り必要
・そろそろ帰厩の時期が決まってくる予定
・とても元気に過ごしていて、体調面は問題なし
・性格が良い馬で、厩舎スタッフの人気者
・練習を見ても障害適性は高そうで、レースが楽しみ
・福島が目標だが、府中になる可能性もある

といったところでした。

20141010_toru04.jpg

平地ではベテランの域に達していますが、
障害ならばまだまだこれからの6歳馬。

なんとかもう一花咲かせてくれることを
期待したいと思います。

2014年10月NF天栄~モントボーゲン、キッカケが欲しい~

今回の見学4頭目はモントボーゲンです。

20141010_mond01.jpg

未勝利脱出後に3カ月強の放牧を挟み、
夏の新潟で500万下を2戦したものの、
いずれも目も当てられぬ惨敗を喫しました。

こんなレベルの馬ではないはずなのにという
思いと、想像以上に早熟だったのだろうかと
いう恐れとが入り混じっています。

20141010_mond02.jpg

パッと見て綺麗な馬体だなという印象と、
2歳時からほとんど変わっていないという印象、
それぞれあります。

もうちょっとふっくらと丸みが出てきてくれると、
調整もしやすくなるし、良いのになぁ。。。

20141010_mond03.jpg

そんなもどかしい思いはスタッフも同様とのことで、

・現在488kg(レースでは460kg台)
・カリカリした気性が最大の課題
 →普段はおとなしくてもスイッチが一気に入る
 →ビシビシ調教が積めない一因でもある
・暮れの中山で復帰予定
・次は芝に使うかダートに使うかは未定
・本来は芝の馬だと思うし、距離も持つはずだが・・・

20141010_mond04.jpg

賢く能力もある馬で、こんなモノではないはずですと
いうのが牧場の認識とのことで、なんとかこの先能力を
しっかりと発揮させていきたいとも。

余談ですが、師はそんなに頻繁に来場するタイプでは
ないものの、天栄の厩舎長と仲良しで電話は頻繁に
しているそうです(笑)

元々期待の大きかった馬ですし、なんとか立ち直って
くれることを願っています。

2014年10月NF天栄~ディアデルレイ、一歩一歩~

見学3頭目はディアデルレイ

20141010_rey01.jpg

先週の新潟で嬉しい2勝目を挙げたばかりで、
天栄に来たのもつい2日前です。

お仲間のまっきーさんのコメントで、放牧可能性が
高そうとのことだったので、念のために見学申し込みを
する時に希望馬欄に書いていました(笑)

20141010_rey02.jpg

レースから日が浅いということで、当然ながらそういう
馬体ですし、疲れもそれなりにあるとのことです。

先に見学した弟のサンマルティンとはだいぶタイプが
違います。まぁ、全姉のマドレともだいぶ違いますから、
当然といえば当然ですね。とはいえ、品の良い雰囲気は
共通してます(バンデラはどうだったっけかな・・・)。

20141010_rey03.jpg

スタッフのコメントです。

・良い状態で送り出し自信あった前走、7番人気とはナメられすぎ
・バランスが良くて、これからドンドン良くなってくるはず
・早ければ次の東京の最終週(JC週)に復帰する予定
・適性は掴みにくいが、師は芝中距離を使いたい意向
・粘膜が弱く、鼻出血しやすい体質(気にするほどではないが)
・そういった体質とテンションの高さがあるので、慎重に使って
 いるのだと思うし、注意しながら調整していく

といったところでした。

20141010_rey04.jpg

さすがに過保護すぎる使い方だなぁと思っていたのですが、
そういった問題を抱えているのであれば慎重に進めざるを
えないのかもなとも思いました。

JC週となると、11月29日のオリエンタル賞でしょうか。
この一族には珍しく、東京<中山の馬だと思っていますが、
連続開催の最終週ならばそこまで極端な瞬発力勝負には
ならないでしょうし、良いんじゃないかなと思います。

姉同様、3歳秋を飛躍のキッカケにしてもらいたいですし、
今後をとても楽しみにしています。




2014年10月NF天栄~チャーチクワイア、いつもの安定感~

2頭目の見学はチャーチクワイア

函館→新潟という連戦のダメージがあり、
秋前半はスキップとなりました。11月の
府中での復帰を目指しています。

20141010_church01.jpg

2歳夏からコンスタントに走っているチャーチの
現役期間も、いよいよ残り半年を切りました。

牧場・競馬場で何回も会っていますが、いつも
変わらない安定感のある馬です。口取りも3回
させてくれていますし、感謝しています。

20141010_church02.jpg

こんな間近で触れ合えるのも今回が最後になる
かもなぁ・・・などと思いつつの見学でした。

20141010_church03.jpg

スタッフのコメントは、

・現在488kg
・速いところを乗っており、あと1~2週で帰厩の見込
・落ち着きがあり、良い状態になっている
・復帰戦は11月9日の奥多摩Sになりそう
・次走はブリンカーを装着することを検討している

といったところでした。

20141010_church04.jpg

次走について、「ユートピアSではないんですか?」と
質問したところ、「他馬の予定もありまして・・・」と。

ま~たローズノーブル優先かと、内心チっと思いましたが、
3歳時からずっとこんな感じなので、慣れました。牡馬混合の
7ハロン戦は厳しいですが、ブリンカー効果に期待です。

本当の適鞍は12月7日の市川SもしくはターコイズSと
思いますので、奥多摩Sの後は短期放牧を挟んで万全の
態勢で臨んでほしいなぁと思います。

まずは無事に復帰戦を迎えてほしいです。

2014年10月NF天栄~サンマルティン、順調な回復を願うのみ~

NF天栄で出資馬5頭と会ってきました。

ますます施設内の整備が進み、北海道のNFの
雰囲気に徐々に近付いてきているような印象です。

さて、いつものように1頭ずつ簡単にレポートを。

今回の見学のトップバッターはサンマルティンでした。

20141010_san01.jpg

本来であれば本日のいちょうSに出走する予定でしたが、
ご存知の通り、蹄のアクシデントで削蹄をすることになり、
休養に入っている状況であります。

元気がありあまっていることもあり、屋外での見学だと
跳ねたりして危ないとのことで、厩舎内での対面です。

20141010_san02.jpg

スタッフのコメントを並べますと、

・馬房内で踏んだか、引っ掛けてしまった
・蹄の症状は治まっていて、順調に回復傾向
・馬体重は500kg
・現在はトレッドミルでの運動のみだが元気にしている
・あと3週間もすれば乗り出せるのではないかと思う
・順調に回復すれば、復帰は2~3月頃になるのではないか
 (春のクラシックには間に合ってくれるのではないか、とも)
・牧場としても非常に期待している馬
・国枝師は月に1回くらいのペースで来場する
・距離はダービーくらいまでは大丈夫ではないかとみている

といったところでした。

20141010_san03.jpg

正直、この頓挫は残念でしかたないのですが、
新馬を強い勝ち方をした直後にアクシデントという
パターンは姉のマドレと同じといえば同じで、血統の
宿命なのかもしれないと、自分に言い聞かせています。

20141010_san04.jpg

クラシックに間に合ってくれれば嬉しいですが、
無理はしてほしくないものです。母と同じように、
長く大きな舞台で楽しませてくれる存在になってほしい
馬ですし、馬本位でとにかく無事にと願っています。

今週の出走(10月11日)

今週は3日間開催ですが、出資馬の出走は土曜のみ。
台風の影響を受けずに済みそうなので、良かったです。


土曜東京8R
セプテントリオ 57 大野

去勢後、数少ないセールスポイントだった闘志が
影を潜め、ただ惨敗を繰り返すだけの体たらく。
正直、大失敗だったと思いますが、言ってもせんなき
ことですし、G1ジョッキーになった鞍上のサポートを
受け、少しでも良いところを見せてほしいです。


土曜京都11R 大原S
デリッツァリモーネ 55 福永


1月の京成杯以来、約9か月ぶりの出走です。
じっくりと乗り込んで状態は良さそうです。さすがに
いきなりからは厳しいだろうなと思いますし、距離も
本質的には長いんじゃないかなと予想していますが、
立て直した効果を示してくれることを期待したいです。

今日は天栄

振休が取れたので、今日は高速バスを利用して、日帰りで天栄に行ってきます。

トルバドゥール
チャーチクワイア
ディアデルレイ
モントボーゲン
サンマルティン

といったメンツと会ってきます。楽しみです!

1歳出資馬紹介(ディフィカルトの13)

最後のご紹介は、確定ホヤホヤのシルク馬です。


ディフィカルトの13 牡
父:ワイルドラッシュ
栗東・村山厩舎予定



検討会でまりなるが推したからか(笑)、予想以上に
人気になりましたが、この馬はワタクシの低実績でも
無事に出資確定となりました。

兄はダートのG1ホース・テスタマッタ。そして父は
トランセンドなどダートの強豪を輩出するワイルド
ラッシュということで、路線は迷い無しでしょう。

それにしては綺麗な馬体をしていて、もうちょっと
無骨さがあった方が逆に安心できるような気は
確かにしますが、動画の印象もとても良かったです。

ぜひ、今まで出資馬が出走したことがない地方
交流重賞に出走することができるくらい、ダートで
ブイブイと言わせてもらいたいものです。

村山厩舎は、残念ながら競走馬になることが
できなかったグレンロックが所属する予定でした。
ぜひ、彼の分まで元気に長く走ってほしい。
そう願っています。

1歳出資馬紹介(リーチコンセンサスの13)

キャロット4頭目は、今年度2頭目の母仔出資馬です。

1462.jpg

リーチコンセンサスの13 牝
父:ワークフォース
栗東・平田厩舎予定



タフに走って獲得賞金1億円を超えた、リーチの
初仔になります。

ツアーで見る前から出資することを決めていたので、
正直馬自体の具体的な印象があまりありません(汗)

父のワークフォースはこの世代が初年度ということで、
どんなタイプに育っていくのかも相当未知数ですが、
同じような時期の母に似ているかも・・と思っています。

2歳夏のデビューから一度も大きなケガをすることなく、
31戦をしっかり走りぬいた母の丈夫さはぜひとも
引き継いでいてもらいたいですね。

所属はもちろん平田厩舎。意表をつく番組選択や
騎手起用に定評がありますが(苦笑)、個人的には
所属した2頭がそれぞれ4勝していますし、好相性です。
ぜひ3頭目も好相性となることを期待しています。

1歳出資馬紹介(ガヴィオラの13)

続いて3頭目は今年のキャロット最優先枠馬です。

1457.jpg

ガヴィオラの13 牡
父:ダイワメジャー
栗東・藤原英厩舎予定



ツアーで見て、「いいね!」と思った馬です。

馬体を語る言葉のないワタクシには、どこがという
ことはできませんが、雰囲気が好みです。父の
産駒にしては柔らか味もある印象も受けました。

母の産駒は体質面の不安で出世が遅れている印象が
ありますが、父がダイワメジャーに替って、頑丈さが
加わってきてくれればなぁ・・・と。

マイル路線で迷いなしというタイプになるかと
思いますので、華やかなクラシック路線を横目に
地道に頑張ってほしいものです。

藤原英厩舎所属馬はシルクアルボーレ以来、
とても久しぶりです。矢作厩舎とは真逆であまり
数を使わない厩舎ですが、こちらも押しも押されぬ
トップ厩舎ですし、活躍させてくれると期待したいです。

1歳出資馬紹介(ディアデラノビアの13)

2頭目はおなじみの血統です。

1446.jpg

ディアデラノビアの13 牡
父:ハービンジャー
栗東・矢作厩舎予定



初仔のバンデラから5年連続で、今年もノビアの
仔に出資できて、嬉しく思います。

サンマルティンの全弟にあたりますが、現時点での
見た目はスラッとしていた兄とはだいぶ異なり、
重戦車タイプのような印象を受けます。

距離は短めにシフトするかもと思っていますが、
血統的にはある程度はこなせる素地がありますし、
今後の成長を楽しみに見守りたいです。

初回更新では「少し臆病な面がある」というコメントを
いただいてしまいましたが、まだまだ初期の段階
ですし、解消されていくことを願うとします。

角居→角居→牧→国枝ときて、今回は初の矢作
厩舎所属。血統の特徴とのアンマッチ感はありますが、
手腕は確かなトップ厩舎ですし、どのようになって
いくか、期待したいところです。

1歳出資馬紹介(ジンジャーパンチの13)

シルクの募集も確定し、1歳出資馬の顔触れがひとまず
決まりました。牡4・牝1というバランスなので、様子見を
しながらどこかのタイミングで牝馬を補充できればと。

さて、出資各馬について、簡単に紹介をしていきます。
無駄に1頭1文書です(笑)

1401.jpg

ジンジャーパンチの13 牡
父:ディープインパクト
美浦・国枝厩舎予定



トップバッターはジンジャーパンチです。

アメリカ最優秀古牝馬である母の4番仔。
初仔のジンジャーミストにはワタクシも出資して
いましたが、残念ながら未勝利で繁殖入りしました。

本馬は初の牡馬、初のディープとの組み合わせ。
先日マンハッタンカフェ産駒の半姉・ルージュバックが
強い内容で新馬勝ちを飾り、いよいよ母も繁殖として
本格化かと、ワクワク感が高まります。

5月の遅生まれということもあり、まだまだ幼い
感じですが、放牧地でいっぱい傷を作っている辺り、
健康面の不安はなさそうかなと都合良く解釈しています。

出資するディープ産駒はダート馬だらけ(今のところ
例外はリアルインパクトにみ)というワタクシの傾向を、
大きく覆してくれることを期待したいと思います。

無事に確定しました

シルクの一次募集の結果がネット上で公開されました。

ワタクシの申し込み結果はと言いますと、、、


ディフィカルトの13⇒○


おかげさまで、無事に出資確定です。
ダート路線で息の長い活躍を期待したいです。

まずは良かった、良かった。

ディアデルレイ、2勝目

スプリンターズSはアドマイヤコジーン産駒がクサいと
思って馬券で狙ってみたのですが、、、マジンの方を
重視してしまいました。我ながら下手すぎる(泣)

さて、4日に出走したディアデルレイのことです。

約3カ月ぶりの休み明けで、最終追い切りもイマイチな
感じだったので、まずはなんとか掲示板を確保して
くれれば位に思っていたのですが、頑張ってくれました。

レース前半は良いポジションに付けていたので、これは
期待できるかもと思いながら観ていましたが、直線に
向いたらどんどんポジションを下げてしまい、あ~、これは
ダメだなぁと半ば諦めていたわけなのですが。。。

吉田隼騎手に促されて外に持ち出してからは、やや
モタれる面を出しつつも良い伸び。ラスト100メートルは
前も止まったこともあり、見事に捉えて嬉しい2勝目です。

正直マダマダだと思いますが、姉・マドレと同じく、
3歳の夏を超えて徐々にしっかりしてきてくれているよう
にも思います。姉のような鬼脚ではないですが、
ジワジワとしぶとく脚が使えるのは良いですね。

過保護のきらいはあるものの、厩舎から大事に扱って
もらっているのは確かですし、今後も楽しみです。
(モントボーゲンもしっかり面倒見てほしいですが。。。)

お祝いをくださった皆さん、ありがとうございましたm(_)m

今週の出走(10月4日)

なかなか忙しいです。
おかげで出資馬の大不振に気を取られることもないですが(苦笑)

今週は1頭出走します。
アクシデントの弟の分まで頑張ってほしいところですが、調教がイマイチな印象です。


土曜新潟7R
ディアデルレイ 吉田隼

2014年度シルク申し込み

シルクの一次申し込み期限となりました。

昨日の検討会での阿部社長の話では、早ければ8日にも
既存会員はマイページで確認できる・・・かもとのことです。

さて、どうにも軸の無かったワタクシのシルク馬選びの
顛末はと申しますと、、、

1つ前のエントリーで「難しかった」と書いています通り、


48)ディフィカルトの13 牡
父:ワイルドラッシュ
栗東・村山厩舎予定



に申し込みました。

いくらテスタマッタの下とはいえ、このバリバリの
ダート血統で総額4000万円は高すぎますし、
ダート血統なのに芝馬みたいなスラっとした馬体も
正直どうなの?と思います。

しかしながら、セレクトセール出身馬でもあり、
信頼度は高い馬だと思います。この血統でこの厩舎で
あれば、使い方に迷いも少ないだろう点も好感です。

予想以上に人気してしまっていますので、果たして出資が
叶うのかどうか分かりませんが、キャロット同様に良い
報せが届くことを期待してのんびり待つとします。

ダメだった場合は、シルクだったらミリオンウィッシーズ、
キャロットだったらコーレイを様子見したいけれど、後者は
早晩満口になりそうですね。はてさて。
プロフィール

ka2uma0101

Author:ka2uma0101
馬と旅と歴史と野球を愛する競馬モノです

出資馬一覧
出資馬一覧
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。