FC2ブログ

リャスナ、デビュー勝ち!

土曜京都の未勝利戦(芝1800)でデビューしたリャスナ、既走馬を相手に見事な走りを披露し、嬉しいデビュー勝ちを飾ってくれました!

新馬戦とは異なるペースに追走できなくなるシーンを危惧していましたし、川田騎手もその点に注意して出していってくれたのですが、レースでは前向きなところを示して掛り気味ながらも中団をキープして流れに乗っていってくれました。デビュー戦らしくスタートで膨れたり、直線に入ってからフラフラしたりと幼いところもいろいろ出していましたが、全体としては上手に走ってくれたと思います。

なにより、直線で一気に加速していく時の速さや小柄な馬体をしっかりと使った大きなフットワーク、もともと期待の大きな馬でしたが、その期待が更に広がってきました。この後はひと息入れてどこに向かうのか、陣営の判断に注目ですが、とても楽しみです。リャスナ、ありがとう。
スポンサーサイト



今週の出走(1月26日)

今日(1月24日)の笠松で、ロイヤルアフェアが2勝目を挙げ、中央復帰に王手をかけました。
スタートが決して上手いとはいえないこの馬にとって7ハロン戦は忙しいのですが、今日は佐藤騎手で何が何でも前受けするという意思を見せて馬を動かして、1番人気馬とのマッチレースに持ち込み、ギリギリで競り落とすというレースでした。今はとにかく復帰条件を満たすことが大事なので、大きな1勝だったと思います。相手関係次第ですが、なんとかあと1つ、頑張ってもらいたいです。

さて、今週の出走です。
今週は期待の3歳牝馬・リャスナが新馬戦に投票・・・の予定だったのですが、JRAの出馬表には除外馬欄も含めた名前なし。中京に切り替えたのかと思ってそちらの新馬を見るも同じく。トラブルだけはカンベンと思いつつ、京都の未勝利を確認したら、いました。

土曜京都5R 3歳未勝利 芝1800
リャスナ 54 川田

既走馬相手のデビュー戦ということになりました。いきなりからはさすがに厳しいかなと思いつつも、調教の併せ馬では常に先着していて仕上がりとしてはまずまずという印象もあり、川田騎手を確保できたということでなんとか良い結果につなげてくれないかと期待しています。
11頭立てというのも良いですし、今の京都の馬場への不安はありますが、とても高い期待を持って出資した馬ですし、良い走りを見せてくれることを期待して応援したいと思います。

今週は出走なし

20190119144452470.jpeg


先日、同僚と有馬記念祝勝会と称して新橋の「うしごろバンビーナ」へ。アニバーサリーコースを頼むと写真のような「肉ケーキ」の演出があり、楽しめます(笑)

さて、今週の出資馬の出走はありません。風邪を治すことに専念しつつ、馬券は楽しもうかと思います。

グローリーヴェイズ、日経新春杯制覇!

グローリーヴェイズが重賞挑戦4戦目の日経新春杯で待望の重賞初勝利を飾ってくれました!
春に向けてここは賞金加算をしておきたいところでしたが、デムーロ騎手のさすがの騎乗でロスなくスムーズにレースを運び、見事に直線で抜け出して後続を抑えての勝利でした。メイショウテッコンと武豊騎手が一気に動いていったところでも慌てず騒がずに対応し、キッチリと勝ちきってくれたのは価値があると思います。

この後どのようなローテーションになるのか分かりませんが、ブラストワンピースともども今年もおおいに楽しませてくれそうです。本当に今日はお疲れ様でした。今後も楽しみにしています。

パロネラは2着発進

パロネラのデビュー戦の応援に中山競馬場に行ってきました。

ターフィーショップを覗いてみると、こんなものが。
190112_01.jpg

ブラストワンピースの有馬記念優勝Tシャツ。2,000円也。
なんだかやっつけ感満載の安っぽさが滲み出たデザインではありますが、えぇ買いましたとも。スポーツジムでトレーニングする時、いや、やっぱり自宅内での着用にしようかと(苦笑)

さて、パロネラです。

前夜から2倍台前半の一番人気に支持された状態だったのですが、レースが近付くにつれて売れていき、最終的には1.7倍となりました。ルメール騎手がワタクシの出資馬に騎乗するレースで単勝1倍台ってあまり良い記憶が無く、この段階でちょっと嫌な予感はしました。

190112_02.jpg

新馬戦にしては落ち着いた感じの馬が多かったこのレースですが、その中でもパロネラは煩いところを出すこともなく、スムーズに周回をしていたように思います。もうちょっと前向きさがあっても良いかなと感じましたが、牝馬だし問題ないのではないかと。

190112_03.jpg

中山のマイルの内枠だし、スタートを決めて好位を取って、直線抜けてくる・・・という、ある意味お手本通りのレースは出来たわけですが、結局逃げたザダルを捕らえきることができずにクビ差の2着。直線で内を突くか外を出すかで一瞬時間が掛ったところと、狭いスペースに突っ込むことになって馬が若干ヒルんでしまった分かなぁという印象でした。本来は番手に付けていた5番の馬のポジションが取れると良かったのでしょうけれど、抜けた能力のある馬であれば勝ち切れるレースだったと思いますので、仕方ないなと思います。

中間は除外や軽度の頓挫があったことは確かですし、一旦リフレッシュして改めて1回東京の後半辺りで初勝利を目指してほしいです。ふと振り返ってみると、昨年1年間牝馬の出資馬は1勝も挙げることができず、2017年11月のアルジャンテ以来、牝馬出資馬の勝利が無いという状況になっております(汗)

今年の3歳世代では是非とも牝馬にも活躍してもらいたいと切に願っていますので、改めて期待したいです。まずはデビュー戦、お疲れ様でした。

今週の出走(1月12日・13日)

新年会の後、帰宅しようと電車に乗り、気づいたら逆方向の横浜にいました。しかも午前1時すぎ。いやいや。。。

さて、今週は2頭の出資馬が出走します。ともに人気になりそうですし、枠も悪くない感じですし、2019年初勝利を期待したいところです。

土曜中山6R 3歳新馬 芝1600
パロネラ 54 ルメール

日曜京都11R 日経新春杯(G2) 芝2400
グローリーヴェイズ 55 M.デムーロ

ルメール様、デムーロ様、よろしくお願いします!

ブラストワンピース、最優秀3歳牡馬に選出

本日、2018年度のJRA賞の発表があり、ブラストワンピースが最優秀3歳牡馬に選出されました。

それなりに票を集めつつも最終的にはワグネリアンかなぁと思っていましたので、思っていた以上に票を集めての受賞にビックリしました。出資馬では初のことですし、やっぱり嬉しいものですね。
いろいろ賛否あることと思いますが、4歳となったブラストの走りで納得感を広げていってもらえればなと期待します。年の初めからの良い報せが、今週の出資馬のレースにも良い流れをもたらしてくれることを願います。

新春の大室山と城ヶ崎海岸を散策

年明け早々の1月2日、友人と伊豆伊東の散策に向かいました。
天気良く、温暖で過ごしやすい一日でした。

・大室山

190102_1.jpg

190102_2.jpg

500mほどの高さにリフトで登っていく山です。
山の上には散策路があり、30分~40分程度で一周することができます。雲がかかって富士山は残念ながら山頂から望むことはできませんでしたが、伊豆大島をはじめとする島々が見える風景は実に趣深いものがありました。

・昼食

190102_3.jpg

昼食は伊東駅前の「まるたか」で。地魚刺身定食は食べ応えがあり、とても良かったです。釜あげしらすも注文しましたが、こちらも美味しでした。

・城ヶ崎海岸

190102_4.jpg

190102_5.jpg

190102_6.jpg

日没直前には城ヶ崎海岸の橋立吊り橋に立ち寄りました。
夕暮れの海岸の風景はとても美しく、なんだかパワーをもらえたような、そんな良い時間でした。

久々の金杯観戦

サンマルティンが出走することもあり、指定席も確保できたので、金杯観戦をメインに中山競馬場に行ってきました。たしか最後に現地観戦した中山金杯の勝ち馬はベストタイアップだったはず。ものすごい久々です(汗)

工事中だった船橋法典駅からの地下道が整備され、だいぶ明るい感じになっていました。
そんな中山の地下道といえば、歴代皐月賞馬と有馬記念馬が壁面展示されているのが名物ということで、スタンド入り口付近にありました。ブラストワンピースが早速展示されていて、嬉しかったですね。

190105_01.jpg

天井と地面を入れるとこんな感じ。

190105_02.jpg

さて、金杯当日の中山競馬場といえば例年通りの混雑具合。府中に比べるとレストランをはじめとする各種設備の能力が低いだけに、いろいろなところで行列が出来ていました。こういう時の指定席は助かります。

中山金杯に出走したサンマルティンは9着でした。マーフィー騎手ということで思い切って前に付けるかもとちょっと思っていましたが、陣営の指示もあってリズム重視で中団からのレース運び。勝ち負けに加わるところまではいけませんでしたが、0.3秒差であれば健闘の部類だと思います。また、やはりキャラ的には広い競馬場で瞬発力を活かす展開にならないと厳しいのですが、かといって毎日王冠のようなレベルの高いレースではついていけないですし、レース選択が本当に難しい馬だなぁと改めて感じました。

190105_03.jpg

190105_04.jpg

190105_05.jpg

7歳のベテランですが、まだキャリア17戦。どこかで一花咲かせてくれることを期待したいです。

また、余談ですが、指定席で隣に座っていた紳士(?)が中山金杯の3連複を1点勝負で的中!3着がタニノフランケルかアドマイヤリードかで天国か地獄かという状況で一緒にドキドキしながら確定を待ちましたが、お見事な結果に。全然関係ないのに一緒に喜び合ってパワーをいただきました(笑)
なお、ワタクシも中山金杯の馬連は的中。1日トータルで9戦4勝と、なかなか良いスタートを切ることができました。「1年の計は金杯にあり」ということで、この調子で今年は馬券も頑張っていきたいところです。

今週の出走(1月5日・6日)

2019年の中央競馬開幕に先立ち、1月3日に園田でパルフェクォーツが出走して1着となり、中央復帰に必要となる3勝目を挙げてくれました。明け5歳とだいぶ時間がかかってしまいましたが、これで待望の中央復帰となります。中央では未勝利戦も勝ち切れなかったというのが事実であり、厳しい戦いになるとは思いますが、パルフェなりに頑張ってほしいなと思います。

さて、今週の中央競馬には1頭2頭が出走します。

土曜中山11R 中山金杯(G3) 芝2000
サンマルティン 56 マーフィー

関東馬ですが、明け7歳にして初の中山出走となります。小回りは福島で500万下を圧勝しているものの、不器用なタイプであまり向いているとは思えませんが、年末の中山はハービンジャー向きの馬場でしたし初コンビとなる鞍上に期待したいところです。どのみち人気は無いでしょうから、思い切った乗り方で一発狙ってもらえればと。

※以下、追記※

日曜中山4R 障害未勝利 2880
ケイブルグラム 60 原田

事前出走予定も出ていなかったので、見落としていました(汗)
ケイブルグラムの障害デビュー戦となります。前向きさに欠ける馬であり正直不安大ですが、平地では頭打ちですし、何かしら良いところがあればと思います。

謹賀新年

新年明けましておめでとうございます。

昨年はブラストワンピースに大きな喜びをもらい、今までの一口馬主キャリアの中で特別な一年となりました。2019年も明け4歳の牡馬3頭(ブラストワンピース、グローリーヴェイズ、トゥザフロンティア)を主軸に、喜んだり悲しんだりする週末を過ごすことになるかと思います。なによりも各馬が無事の一年を過ごすことを願いつつ、自分自身も健康に留意して、お仲間の皆さんとの交流を通じて良い一年にできれば幸いです。

2019年が皆さまにとって良い年でありますよう。そして、本年もどうぞ宜しくお願い致します。

※2019年1月1日時点の現役出資馬(明け2歳含む)※
【中央】
ヴィッセン 牡8
モンドインテロ 牡7
サンマルティン セン7
ドレッドノータス セン6
ケイブルグラム セン6
セカンドエフォート 牡6
アルジャンテ 牝6
ブラストワンピース 牡4
グローリーヴェイズ 牡4
トゥザフロンンティア 牡4
カウディーリョ 牡3
ヴィッテルスバッハ 牡3
キアレッツァ 牝3
リャスナ 牝3
パロネラ 牝3
モシーンの17 牡2
エンプレスティアラの17 牡2
ディアデラノビアの17 牡2
スペクトロライトの17 牡2
ゼマティスの17 牝2
ディアデラマドレの17 牝2
スネガエクスプレスの17 牝2

【地方】
ディアデルレイ 牡8
パルフェクォーツ 牡5
ロイヤルアフェア 牡4
プロフィール

ka2uma0101

Author:ka2uma0101
馬と旅と歴史と野球を愛する競馬モノです

出資馬一覧
出資馬一覧
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる