FC2ブログ

今週の出走(11月2日)

今週はバタバタしていましたが、ようやくひと段落。週末は競馬を楽しめそうです。そんな今週は2歳牝馬2頭が土曜日にデビュー。まずは今後につながる走りをしてくれることを願っております。

土曜東京5R 2歳新馬 芝1600
シェーネメロディ 54 北村宏

土曜京都5R 2歳新馬 芝1600
クラヴェル 54 藤岡康

シェーネメロディは先週除外からの仕切り直し。中間の厩舎コメントは曖昧に終始して、正直よか分かりません。距離はもっと短い方が良いのかな?と思ったりもしますが、ここはうまく流れに乗るレースをしてくれればと思います。

一方のクラヴェル。ディアデラマドレの初仔であるこちらは厩舎も結構前向きなコメントを出していますが、調教時計はそこまで目立つものではないことも事実。併せて先着しているのは好材料ですし、そこそこ人気にもなるでしょうから初戦から良いところを見せてほしいです。母の主戦だった藤岡康騎手、ここは張り切ってくれればと。
スポンサーサイト



ディアデルレイ、引退

先日の埼玉新聞栄冠賞で待望の重賞初制覇を遂げたディアデルレイ、次は浦和記念で中央馬と対決・・・のはずでしたが、右前の浅屈腱炎を発症し、残念ながら引退ということになりました。

2歳のデビュー以来、大きな怪我なくコンスタントに走ってくれていましたし、レイがこのような形で引退を迎えるということは正直想像していませんでした(今週の更新でさすがに何かあるかもとは思っていましたが)。中央在籍時は芝にこだわりすぎてダート転向が遅くなってしまったのが痛かったわけですが、それでも着実に実績を重ねてオープン馬になってくれました。マーチSでインカンテーションの2着に敗れたレースは本当にワクワクしましたし、福島→中山とオープン特別を連勝してくれた時は実に嬉しかったですね。また、2回口取りもさせてもらい、感謝感謝です。

地方移籍後はムラの多い成績となりましたが、ラストランが実に気持ちの良い圧勝で、まだまだ大きな舞台でのレイのレースを観ることができるぞと楽しい気持ちになったことをよく覚えています。
秋葉厩務員の毎回のコメントがとても実直かつ愛情を感じさせるもので、レイは良い厩舎に入ることができたと嬉しく思ったものです。そして、引退後はその秋葉厩務員の家族が経営する乗馬クラブが引き取ってくださるとのこと。川島師のコメントにもあったように、大事にしてもらえそうで安心です。まずはゆっくり長年の疲れを癒して、のんびりと余生を過ごしてもらいたいです。

レイ、そして関係者の皆様、ありがとうございましたm(__)m

今週の出走(10月27日)

またしても台風の影響で週の後半は雨模様。これ以上被害が拡大しないことを願うばかりです。

さて、そんな中、日曜に3頭の出資馬が出走します。予定では4頭だったのですが、2歳牝馬のシェーネメロディが残念ながら除外になってしまいました。仕上がっていた感じのある牝馬だけに、この除外は痛いですね。来週良い状態で走れると良いのですが。

日曜新潟9R 3歳上1勝クラス 芝1800
パルフェクォーツ 54 団野

日曜新潟10R 寺泊特別 芝1600
リャスナ 53 鮫島駿

日曜東京11R 天皇賞・秋(G 1) 芝2000
ドレッドノータス 58 坂井

見事に全馬若手ジョッキー騎乗となりました。思い切りの良い騎乗で楽しませてくれると良いなと思います。一番チャンスがありそうなのはリャスナですかね。まぁ、前走時もそう思っていたんですけど💦
天皇賞挑戦のドレッドノータス、先週のカウディーリョ 以上に空気のような存在ですし、相手が強すぎますね。枠や並びも難しい感じです。でも、ドレッドノータスが辿り着いた久々の大舞台。楽しみにしています。
そしてパルフェクォーツ、どんな内容でもいいから、なんとか中央初勝利を目指して頑張ってほしいです。でも道悪はなぁ。。。

2020年度のJRA開催日割を見て

カレンダーの関係でしょうけれど、有馬記念が最終日になるのはやはり良いですね。除外緩和や調整のしやすさという観点ではホープフルがメインのポツン開催も効果があるとは思いますが、やっぱり風情を感じるのはこちらです。

京都競馬場の改修とオリンピックの影響による夏の小倉開催中止など、かなり変則的な構成になっていきます。3歳未勝利馬にとってはキツいんじゃないかと焦ります。なんといっても、来年の3歳世代の出資馬は7頭いるのにまだ1頭しか勝ち上がっていないわけですから💦

そして、弥生賞がディープインパクト記念に。報知杯弥生賞ディープインパクト記念って、う〜ん。これだけの名馬ですから冠したレースはあって然るべきと思いますが、ディープの凄まじい強さが際立った若駒ステークスを、時期をずらすなりして重賞にしてディープインパクト記念の方が良いような個人的感想もあります(飽和気味の2歳重賞のどれかをリステッドにすればバランスも取れるのではないかなと)。あと、シンボリルドルフ記念をいい加減設けてほしいです。冠だって日本競馬の文化なんですし。


カウディーリョ 、菊花賞

カウディーリョの菊花賞挑戦は13番人気8着という結果に終わりました。とはいえ、着差は0.6秒ということで、よく頑張ってくれました。昨年の菊花賞での出資馬の走りには不完全燃焼感しかなかったですが、今回は見せ場を十分に作ってくれて、着順以上に楽しませてもらいました。
大きく馬体重を減らす状況の中、我慢して良い走りをしてくれていましたし、デムーロ騎手とカウディーリョに拍手を贈りたいです。ありがとうございました。
もともと懸念していた輸送も含めてのダメージは大きなレースだったと思いますが、予想以上に収穫もあったのではないかと思いますので、しっかりと疲れを取って、新しいカウディーリョの走りを見せてくれることを楽しみにしたいです。

今週の出走(10月19日・20日)

先週末は本当にひどい台風でした。被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。
今週末も天気が崩れる予報で、実に恨めしいなと思ってしまいます。

さて、今週は2頭の出資馬が出走します。

土曜新潟1R 障害未勝利 芝2850
ケイブルグラム 60 蓑島

日曜京都11R 菊花賞(G1)芝3000
カウディーリョ 57 Mデムーロ

ケイブルグラムは前走2着ということで障害初勝利がようやく見えてきましたが、いかんせんアテにならないタイプですし、気分良く走ってくれることを願います。
一方のカウディーリョ、正直今回の菊花賞出走は個人的にはあまり賛成できないな・・・という感じです。ここまで慎重に使ってきただけに、今後への影響がとても心配です。特に気性面ですかね。とはいえ、堀厩舎が出走に踏み切ったわけですから、もちろん全力応援です。無事のゲートイン、無事の完走、まずはこのことをひたすら願っております。

今週の出走(10月12日)

今週のJRAは3日間開催ですが、台風直撃で開催延期(下手すると中止も?)もありそうな雲行きです。いろいろオトナノジジョウがあるんでしょうけど、雪や台風の影響を受ける可能性がある時期に3日間開催を置きたがりますね、JRAは。

そんな中、今週末の出資馬出走予定はよりによって台風の影響が最も大きそうな土曜日に2頭。京都はなんとかいけるような気がしますが、府中は交通が計画運休発生して結構な確率で中止になるんじゃないかなぁと見ています。3日間開催の弊害で代替も早くて火曜ですし、なんともモヤモヤします。

土曜京都3R 2歳未勝利 芝2000
ライトウォーリア 55 藤岡康

土曜東京9R プラタナス賞 D1600
トライフォーリアル 55 三浦

ライトウォーリアは王道路線への挑戦でどこまでやれるか、トライフォーリアルはダート替わりでどれだけやれるか、という一戦ですが、馬場がどうなりますか。両馬とも道悪は必ずしも悪いわけではない印象ですが、さて。

ディアデルレイ、埼玉新聞栄冠賞制覇!

本日の浦和競馬のメインレース、埼玉新聞栄冠賞(S3)に出走したディアデルレイ、圧倒的人気のセンチュリオンに7馬身差をつけて見事待望の地方初勝利、そして初の重賞制覇を達成してくれました!

帰宅時に競馬関係のサイトは一切閲覧さず、フレッシュ?な状態で録画観戦しました。
パドックの雰囲気は頗る良く、得意の秋シーズンに入って調子が良さそうだなぁと感じさせてくれました。そして、レースでもバッチリとスタートを決めて理想的な逃げを打つことができました。途中でセンチュリオンとのマッチレースになりましたが、並ばれるところまでいかず、最後は突き放す一方で今日はホントに強いレースぶりでしたね。

2歳下の弟(騸馬だけど)・ドレッドノータスの京都大賞典から中2日での重賞勝利に驚きましたし、なんといってもレイがようやくタイトルを獲ってくれたことが心から嬉しいです。関係者の皆様、ありがとうございますm(_ _)m

この後は浦和記念を視野に調整していくことになりそうです。南関東でも一線級相手では苦戦していましたし、まして中央交流では厳しいと思いますが、自分の型にハマると頑張ってくれますので、気楽に応援していくとします。

ブラストワンピース、凱旋門賞

凱旋門賞に出走したブラストワンピースは11着という結果に終わりました。
映像越しにも状態は良さそうに思えたので、彼らしい走りを見せてくれないかと期待しましたが、かなりタフな馬場ということもあって本来の走りとは程遠かったように思います。
早い段階で川田騎手の手が動いていて、ブラスト自身の走りのバランスも悪かったので大敗を覚悟。とにかく無事に走り終えてほしい、それだけを願って観戦していました。

相当なダメージを負ったことと推察しますので、まずは無事に帰国してゆっくりと疲れを癒してもらいたいです。
連覇のかかる有馬記念に出てほしいと思っていましたが、来年まで休養でもやむなしかなと。
でも、想像していた以上に楽しい日々をブラストがもたらしてくれました。ありがとう。

ドレッドノータス、京都大賞典制覇!

ドレッドノータスが11番人気の低評価ながらも京都大賞典を勝ってくれました‼️
道中、グローリーヴェイズの方に重きを置いて観戦していたのが正直なところですが💦、直線は坂井坂井と叫びました。ホントに人馬ともよく頑張ってくれました。ありがとうとしか言いようがないです。

口取りの申し込みは僅か7人しかいなかったのですが、それもまたドレッド
らしいですね。久しぶりの重賞の口取り、楽しかったです。

さぁ、今日はまだ凱旋門賞があります。浮かれながら、でも急いで帰京の途につぬとします。

今週の出走(10月6日)

いよいよ特別な日曜日が近づいてきました。一生に一度あるかどうかのこの機会、どうせなら楽しみたいと思います。

日曜京都8R 3歳上1勝クラス 芝1600
リャスナ 53 北村友

日曜京都11R 京都大賞典 G2 芝2400
グローリーヴェイズ 57 Mデムーロ
ドレッドノータス 56 坂井

日曜パリロンシャン4R 凱旋門賞 G1 芝2400
ブラストワンピース 59.5 川田

国内でも4歳出資馬2トップの一角であるグローリーヴェイズ、来年の今頃は重賞戦線で走っていてほしい期待のリャスナ、そして良い感じにいぶし銀になってきたドレッドノータスが出走。これは行くしかないなということで、淀に遠征して応援することにしました。繰り返しになりますが、楽しみです。

ブラストワンピース、凱旋門賞最終追い切り

ニューマーケットで調整中のブラストワンピース、今週末の凱旋門賞に向けての最終追い切りを消化しました。ホント、記事が多くてありがたいです。

川田騎手を鞍上に、フィエールマンとの併せ馬で併入。しっかりと負荷もかかって仕上がりは良さそうですし、輸送で馬体重も程よくなりそうな、そんな印象があります。いつもよりも攻めた調整過程ですが、使うレースがレースですから気持ちの昂りや疲労よリスクは取らないといけないんだろうなと思います。

人事は尽くしてくださったと思いますので、あとはとにかく無事にゲートインの瞬間を迎えて、そして無事に走りきってほしい、それだけです。

最強馬を相手にどんなレースができるのか、日曜日を楽しみに待っています。
プロフィール

ka2uma0101

Author:ka2uma0101
馬と旅と歴史と野球を愛する競馬モノです

出資馬一覧
出資馬一覧
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる