FC2ブログ

モンドインテロ、ステイヤーズS制覇!

中山メインのG2・ステイヤーズSに出走したモンドインテロ、ビュイック騎手のリードに応え、待望の初重賞制覇を成し遂げてくれました!

このレースは3度目の挑戦ですが、「こういうレースをしてくれれば」という完璧な騎乗をしてくれて、ついについにの勝利です。
現地で観ていましたが、パドックでの様子もとても良く、これならと期待したものです(6番人気は馬券的には妙味でしたね)。

重賞挑戦15度目にしての嬉しい初タイトルなわけですが、ネットでも情報が出ているようにウィナーズサークルにモンドインテロは姿を現しませんでした。激しいレースを制した代償で脚元を痛めたとの話も出ています。クラブからの正式なアナウンスを待ちたいと思います。曳きながらの確認をしている姿は見ましたので、大事ではないはず・・・と信じています。ゆっくりと疲れを癒しつつ、回復に向かってくれることを願うばかりです。

そんな心配事がありますが、本当に今日のレースは感動しました。モンドインテロとビュイック騎手、そして陣営の皆さま、まことにありがとうございましたm(_ _)m
スポンサーサイト



今週の出走(11月30日・12月1日)

2019年の中央競馬も残すところ1開催となりました。今年のワタクシの出資馬の中央競馬での勝利数は10と、いささか物足りないものであります(重賞3勝は頑張ってくれているのですが)。なんとか1つ2つと、この餅つき競馬で稼いでくれないものかと。

土曜中山11R ステイヤーズS G2 芝3600
モンドインテロ 56 ビュイック

日曜阪神2R 2歳未勝利 D1800
ライトウォーリア 53 斎藤新

モンドインテロが3度目のステイヤーズSに挑みます。過去2回はいずれも3着で、その時の勝ち馬のアルバートとリッジマンも今回出走、そしてオジュウチョウサンも参戦ということで、なかなか趣深いレースになりそうです。得意の札幌で良いところがなかったので衰えが正直心配ですが、ビュイックに闘志を呼び覚ましてもらいたいです。

一方のライトウォーリアは今回がデビュー3戦目。前走は台風の影響をモロに受けてかなりの不良馬場でのレースとなってしまいました。立て直しての今回は初ダート。父はもちろん、母もディープ産駒ながら全2勝はダートという血統だけに、ここは前進を示してほしいです。ルーキーながら今年38勝の斎藤新騎手とのコンビで、今度こその良いレースを期待します。

事を成すは・・・

「事を謀るは人にあり 事を成すは天にあり」とは、吉川英治の三国志の孔明の言葉だったでしょうか。
シェーネメロディもモーソンピークもなかなか良い仕上がりだったように見えましたが、長雨で極めて悪くなった馬場状態で本来(期待された)のパフォーマンスを発揮できず、前者は3着、後者は4着に、それぞれ敗れました。全馬同じ条件とはいえ、なんともやるせない一日でありました。

また、土曜のヴィッセンもまさか同一クラブ馬同士であんなにハナ争いを繰り広げるとは、まさに想定外の展開でした。3着によく粘ってくれたと思いますが、出来はかなり良いように見えただけに残念でした。なんとか特別勝ちをしてもらいたいものですが、あと1月ちょっとで9歳、はてさて。

そして日曜の夜にはブラストワンピースの有馬記念回避が正式に発表されました。中間の状況からそうなるんだろうなと思っていたので驚きはしませんが、最も合っているであろうレースを使えないのはやはり残念です。凱旋門賞の馬場が酷すぎただけに、もともと体質の弱いブラストがこうなるのは仕方ないのかもしれません。AJCCで復帰とのことですので、4歳時のモヤモヤを晴らす5歳のスタートになってほしいなと願っています。

そうそう、後はグローリーヴェイズ ですが、こちらは結果的にJCのあの馬場で走ることを回避できて結果オーライだったなと思います。ホントにいろいろ難しいもんですねぇ💦

今週の出走(11月23日・24日)

外国馬が一頭もいないジャパンカップ。いろいろと考えどころに来ていることを感じさせますね。そんな中、今週は3頭の出資馬が出走します。

土曜京都9R 高雄特別 芝2400
ヴィッセン 54 荻野極

日曜東京1R 2歳未勝利 芝1400
シェーネメロディ 54 ルメール

日曜東京5R 2歳新馬 芝1800
モーソンピーク 55 ビュイック

老雄ヴィッセン、元気に淀の12ハロン戦に出陣します。8頭立てでスムーズに運べれば、今回も面白いかなと思います。
一転して日曜は若駒2騎。ちょっと頭数が多いなぁと思ってしまいますが💦、それぞれスムーズに走ることができれば十分に期待できると思っています。特にモーソンピークは持ち上げられすぎてる感じがしますが、ここは今後が楽しみになるレースをしてほしいですし、2戦目のシェーネメロディもチャンスは大きいと信じて、日曜は府中に応援に行ってきます。

鬼が笑うやつ

来年のキャロットの募集馬見学ツアーの日程が発表になりました(9月3・4・5日)。料金抑制が困難とのことで、全て1日ツアーという形に。これがどういう傾向を生み出すことになるでしょうか。

ワタクシは今年と同じく初日参加を希望しておりまして、実は既に航空券と宿泊を手配済みです。オリンピックやパラリンピックの影響で手配が難しくなるのは避けたいなと思っていたので、さすがに気が早いなと思いつつも、いつものこの時期だろうと決め打ちして申し込んでいた次第です。

2泊3日の工程で、

・初日 キャロットツアー
・2日目 小樽の民宿(食堂)泊まり
・3日目 札幌競馬

という流れで行きたいなと思っています。特に小樽の民宿は今年泊まって、これでもかと出てくる海の幸に圧倒されましたので、是非リピートしたいと早々に予約をしました。今年は札幌での講演を終えてから向かって時間の余裕があまりなかったので、来年は万全の態勢で楽しんでやろう・・・と、鬼が笑うくらいだいぶ先のことにワクワクしています(苦笑)

ヴィッテルスバッハ 、3勝目!

東京の最終レースに出走したヴィッテルスバッハ 、人気に応えて嬉しい自身3勝目を挙げてくれました!

課題のゲートは今回もあちゃちゃな感じで最後方追走となりましたが、少頭数の決め脚比べという望むところの展開になったこともあり、着差以上に余裕のある勝ち方だったと思います。やっぱりこういう展開では強いですね。

これで準オープン(3勝クラス)に上がりますが、さすがに力で捻じ伏せるレースでは厳しいと思うので、陣営も尽力している通り、もうちょっとスタートはまともになってほしいですね。能力そのものは足りるように思いますので、頑張ってほしいです。

そして、同じレースで3着に粘ったトゥザフロンティア。マイルだとやっぱり厳しいなと改めて感じました。お兄さん同様、距離短縮して活路を見出してくれないものかなぁと。

今週の出走(11月16日・17日)

今週は体調を崩してしまい、3日間仕事を休むことになってしまいました。周りに迷惑かけるは、体重は不健康に落ちるは、血圧は上がるはと、散々でした💦

だいぶ回復してきましたので、せめて週末は出資馬に楽しませてほしいのであります。

土曜福島7R 3歳上1勝C 芝1800
パルフェクォーツ 54 団野

土曜東京12R 3歳上2勝C 芝1600
ヴィッテルスバッハ 56 ビュイック
トゥザフロンティア 57 川田

日曜福島2R 3歳上1勝C D2400
ロイヤルアフェア 57 内田

土曜の3頭はいずれも上位人気かつ、そんなにプレッシャーのかからない立場でレースに臨むことになりそう。なんとか勝ち星をと願っています。

マヤノトップガンのこと

マヤノトップガン死去のニュースが今週ありました。まだ競馬キャリアの浅い時期、しかも社会人になって数年で働き方改革社会では口にするのも憚られるくらいの残業をこなしていた頃、トップガンはまさに競馬界のスターでした。
最近の名馬に比べるとムラの多い競走キャリアでしたが、名勝負があるという観点では本当に素晴らしい馬でした。今や伝説のナリタブライアンとのマッチレース、鞍上の試行錯誤の末の脚質転換が最高の結果に繋がった天皇賞・春、条件馬から一気に駆け上がって菊花賞と有馬記念を制覇した3歳秋の覚醒、どれも本当に素晴らしかったですし、馬券の相性も良くて大好きな馬でした。特に有馬記念を逃げ切った時はいろいろ辛い時期だったので嬉しかったなぁ。。。

ただ、やはりこれだけの名馬が後継となる種牡馬を出せなかったのは残念です。ロベルト系のサイアーラインはシンボリクリスエス→エピファネイアやグラスワンダー→スクリーンヒーロー(モーリスが続く?)が頑張っていますが、大成功したブライアンズタイムからの流れは厳しい状況です。一発大物輩出の系統なのでフリオーソやタイムパラドックスに期待したいところではありますが。

話が横道にそれてしまいました。
マヤノトップガン、ありがとう。そしてお疲れ様。ゆっくりと休んでもらいたいです。ご冥福をお祈りします。

今週は出走なし

今週は出資馬の出走はありません。馬券も当たる気がしないので、おとなしくしていようかと。

来週は4頭、再来週は3頭と、暮れに向けて出走もそこそこ多くなりそうな見込みです。各馬、順調に過ごして目標のレースに進んでくれれば良いなと思います。

グローリーヴェイズは香港ヴァーズへ

グローリーヴェイズの香港ヴァーズ出走(招待受諾の意向)がシルク公式で発表されました。いろいろ思うところはありますが、決まった以上は応援あるのみです。京都大賞典が不完全燃焼だっただけに、今年の走り納めのここは結果はともかくヴェイズらしいレースをしてほしいなと願うばかりです。

まぁ、本当はジャパンカップに出てほしかったんですけど(関東馬なのに東京出走無しって)💦、まぁようやく決まってよかったですよ、うん。

リーディングジョッキー

今年は川田騎手がその座を守ってきていたリーディングジョッキーも、ここに来てルメール騎手が逆転、そして一気に引き離す構えとなってきました。競馬中継を観ながら、もうどのくらいルメール騎手が騎乗した自分の出資馬が勝っていないんだっけ?と、ふと考えて調べてみました。

結果、2年前の10月末のケイブルグラムの500万下勝ちが最後だということが分かりました。以降は全て負けていて、それなりの人気馬(騎手で過剰人気でしょうけど)も中には含まれているのですが、なかなか勝てません。以前ルメール騎手が府中で8勝した日、勝てなかった2鞍はともにワタクシの出資馬に騎乗していたなんてのもありました💦

リーディングジョッキーと相性が悪くて良いことなんてありませんので、今年中に一つくらい良い結果が出ると良いなぁと思っています。JCの日のデビューを予定しているモーソンピーク辺りが契機にならないものかと。

ちなみにこの2年でワタクシの出資馬に最も多くの勝利をもたらしてくれたのは池添騎手で6勝なのですが、これはブラストワンピースが5勝を占めているので、複数の出資馬でという観点では3頭で4勝(2番人気、3番人気、4番人気、7番人気)の石橋騎手が相性良いような印象です。特に追わせるタイプの馬では信頼度が高く、是非今後ともよろしくお願いしたい次第です。

今年の競馬も残り2カ月を切りましたし、たまにはこんな振り返りも悪くないなと思った秋の一日でありました。

クラヴェル、新馬勝ち!

京都の牝馬限定の芝マイルの新馬戦に出走したクラヴェル、見事に新馬勝ちを決めてくれました!
4番人気というのは少々意外でしたが、中団の前辺りをスムーズに追走して直線キッチリと抜け出すという優等生な競馬ぶりでの勝利でした。母の主戦だった藤岡康騎手がうまくエスコートしてくれましたし、今後が楽しみになる内容だったのではないかと思います。

母も祖母も立つことの出来なかった桜の舞台に進んでほしいなぁと思いつつ、この血統はじっくりと熟成を待つのが良いんだよなぁなどとも思ったり、こんな楽しいことを考えられるのも今日の勝利あってこそですね。
ディアデラ一族の新たな期待馬、まずはゆっくりと疲れを取って次のステージへと進んでほしいです。うん、とても楽しみです。
プロフィール

ka2uma0101

Author:ka2uma0101
馬と旅と歴史と野球を愛する競馬モノです

出資馬一覧
出資馬一覧
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる