続々と帰厩

2013年の中央競馬も残り6週となりました。

今年最後のひと踏ん張りに向けて、外厩で調整中だった
出資馬たちの帰厩やその予定が続々と報じられています。

まずは2歳牡馬・ヴィッセン

11月13日に栗東入厩を果たしました。
期待馬がデビューに向けて一歩前進。まずは無事に
トレセンの環境に慣れ、そしてゲート試験を突破して
もらいたいです。

順調ならば年末の阪神後半か年明けの京都前半かなと
思いつつ、ゲートをクリアしたら一旦ひと息入れて
年明けの京都の後半かな・・・などと楽しく想像を
巡らせてみようかと思います。

2番手は2歳牝馬・モントボーゲン

前走後の馬体回復遅れのため、NF天栄からの帰厩も
遅れていましたが、11月8日に美浦に戻ってきました。
11月23日の芝1400の未勝利戦に出走予定です。

お仲間さんが耳にしたところでは「状態良い」とのこと
なので、直線不利があって脚を余した前走の鬱憤をぜひとも
晴らして、今度こそ初勝利を飾ってもらいたいものです。

3番手は3歳牡馬・セプテントリオ

昇級初戦の中山芝2200戦では流れに乗れなかった
こともあるものの、内田騎手からは「左回りの方が良い」
とのコメントもありました。

来週帰厩とのことなので、左回りの中京芝2200を
狙うのかなと想像します(愛知杯の日ならば内田
騎手が乗れるかもしれませんし)が、中山D2500も
ちょっと気になる条件だなぁ・・・などと思っています。

4番手は4歳牝馬・チャーチクワイア

9月の中山マイルの1000万特別で2戦して2→4着。
堅実派の面目躍如といった感がありますが、ここ
まで来たらなんとかこのクラスは勝ちきってほしいです。

今週末に美浦に帰厩し、12月8日の中山・芝1600の
牝馬限定戦に出走を予定しています。個人的には、
力上位のレッドセシリアの動向が非常にキニナリます。

締めは6歳牡馬・アンヴァルト

前走の新潟・轟Sで3着に頑張った後は、NFしがらきで
調整されています。中間、背中の筋肉に疲れがあった
ものの、さほど気にする必要はなさそうです。

11月下旬に栗東に帰厩して、12月の中京の芝1400を
目指すとのことなので、12月7日の浜松Sということに
なりますね。左回りがちょっと気になりますが、ここ
数戦は良い走りを見せていますし期待したいです。

ざっとこんなところです。

残り6週も全週出走する馬がいるということになりそう
ですし、引き続き楽しんでいきたいものです。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ka2uma0101

Author:ka2uma0101
馬と旅と歴史と野球を愛する競馬モノです

出資馬一覧
出資馬一覧
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる