スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不誠実なファンドマネージャーと思いますよ

以下の内容は、

・厩舎サイドやクラブに対しての批判を好まない方

は読まないでください。
お仲間さん以外の反論は不要なので削除させていただきます。

では。

例えば、とある金融ファンド商品を購入し、その運用を
ファンドマネージャーに一任したとして。

「複数の選択肢がありますが、最も期待値が高いところに
突っ込んで成績向上を狙います」と言っておきながら、
どう見ても選択肢の中で最もリスクが高く期待値が低そう
なところに”運用側の事情”を重視して、突っ込まれたら。

しかもそのファンドマネージャーは過去1年近くに渡って
投資側の期待を裏切り、損を出し続けていたら。


誰だって不満だし、こんな不誠実なファンドマネージャーとは
とっととサヨナラバイバイしたいのではないかと思います。

で、モントボーゲンですよ。

先週の時点から、「今週のダート1400(牝)かダート1300
(牡馬混合)を目標にします」とコメント。そもそも、この
時点で日曜のダート1600(牝)はオミット。

しかも、こんなメッセージを出しておきながら、牝馬限定の
ダート1400は土曜で同日に福島牝馬Sがあり、後藤騎手は
そちらに有力馬がいてそもそも最初から騎乗できないのが見え見え。

で、結局日曜の牡馬混合のダート1300を使うことに。

この3レースのメンツを見渡せば、この日曜のダート1300が
最もレベルが高いのは明白で、騎手の都合に合わせたとしか
考えられないでしょう。でなかったら、よっぽど見る眼がないか。

このレース選びのプロセスには先週時点から疑問を感じていて、
クラブに問い合わせたところ、「相手関係を重視して決める」との
回答があったわけです。へぇ~、結果こうなんですかって。。。

どっちかと言うと、金融ファンドの運用者たるクラブに対しての
不信感が大きいですね。ただでさえ情報更新の中身が薄いくせに、
何をしてくれるんですかと。超優良なファンド商品を成功させる
なんて当たり前で、そうではない一般商品をなんとかうまく運用
するのがあなた方の仕事でしょと、そう思います。

競馬ですから、全てが首尾よく運んで勝つこともあるでしょう。
一応、芝マイルの新馬で脚を余した状態で皐月賞馬に0.3秒差の
3着に頑張った馬なのですから。

でも、最善を尽くしていないこのプロセスを見せられると、
例え結果が良くても運用側を信頼することは無いと思います。

先週ヴィッセンを勝たせてくれた石坂厩舎とシルクHCとの
差が歴然すぎて、いやはやなんとも。

馬には頑張ってほしいし、なんとか勝ってもらいたいと、
心から願っています。でも、これは先に書いておきたかったのです。

[今週の出走]
日曜東京2R 3歳未勝利<D1300>
モントボーゲン 後藤


以上であります。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

Ka2さん、こんばんは☆
記事読ませていただきました。
私ごときがコメントさせてもらっていいのかよくわかりませんが、
クラブの対応は、馬によっては冷たいなって思うことが多々ありました。
個人的にはホアピリですかね、すごく腹が立ったのは。
周りから見たら能力不足で当然って思われていたかもしれませんが、もうちょっと厩舎もクラブも誠意を持ってなんとかしてもらいたかったです。

厩舎はこの厩舎は4頭お世話になっています。
キャロットでは出資していないので、なんとも言えませんが印象は調教師さん馬によって差があるなぁと。
自分がこれはと思った馬なら強気すぎて連闘とか平気でしてきますし、強気のレース選択。
一方で1頭だけ実に冷たい扱いをされた馬もいました。
関東の調教師にしては熱い方だと思って見込んで出資したんですけどね。

モルトボーゲンは、うちのロードストームとガチで、こちらが先に勝ってしまいなんだか申し訳ない気がしてます。
そのストームも気性難であそこで勝てなかったらひょっとしたら未勝利引退だったかもしれなかったですが。
なんとかモルトボーゲンちゃんが勝ちあがれることを祈っております(願)

失礼しました

キャロットじゃなくてサンデーでしたね。
とんでもない勘違いです(汗)
ディアデルレイと厩舎が同じでごっちゃになってました。
決して馬がごっちゃになっていた訳ではないのですが^^;

No title

事情は違いますが、ハープスターの凱旋門賞についても、出資者としてファンドマネージャーたるクラブに対して首を傾げるところです。
会員から信託された馬を最良の運用結果をだすのが、ファンドマネージャーの務めですし。(運用結果は金銭的なもの以外の名誉とかも含めてです)
正直、1億円とも言われる遠征費、秋の国内戦での逸失利益を勘案して、凱旋門賞がリスクに見合う運用と確信を持てないのが出資者として正直なところです。ファンドマネージャーたるクラブには、夢とかそういうものではなく、冷静な判断を期待したいですし、プロフェッショナルな判断で挑戦するのであれば判断に従います。
ファンドマネージャーとしてディアデラノビアのキャッシュコールマイルのような判断は勘弁して欲しいです。

それにしても、モントボーゲンがまだ未勝利にいるとは想像もできませんでした。力があるのは分かっていますし、きっちりと勝ちたいレースですね。

No title

ka2さん、こんばんは。
一週間遅れてしまいましたが、ヴィッセンの勝利おめでとうございました。
同じレースに私の馬も出ていたのですが、勝ったのがka2さんの馬だとは気付いておらず、失礼しました。

私の場合、一口のデビュー戦が、まさに「厩舎の都合」でどう見ても馬に不適な条件を使われて、レース後になってから、その条件を使われた理由が書かれたのですが、誰がそんなことを信じるか!と言いたくなるような噴飯モノの言い訳で、こんなことを書かないといけないクラブも大変だろうなぁと思ったものでした。

クラブは・・・確かに、会員の方を見ていないと感じます。
結局、活躍馬を掴むしかないのかと思っていたのですが、せっかく掴んだ活躍馬も、規定前に引退させられてしまいました(^_^;)
さすがに我慢できず、初めて一言文句を言ってしまいました。

>ぼんちゃんさん

おはようございます。

多くの馬がいて、人間サイドの様々な事情が絡むことは重々承知していますが、モントボーゲンに関しては納得いかないことが重なりすぎていて、このような記事を書かずにいられませんでした。

特にクラブですね。社台は比較的ましなのですが、サンデーは情報が薄く、会員への姿勢もいただけません。
厩舎については、ディアデルレイについては慎重にレースを選びのに、モントボーゲンについては雑で、このギャップにもイラっとしますね。

なんとか今日勝ってくれれば救われた気分になるので、頑張ってほしいです。

>Yukiさん

おはようございます。

海外遠征については、毎回議論になりますよね。種牡馬価値に繋がる牡馬どハープスターのような牝馬の場合では事情も異なりますし、夢というだけでなく、運用者たるクラブには真摯な姿勢がもとめられますね(牧場の意向なんでしょうけど)。確かに、キャッシュコールマイルの時は意味不明だなぁと思いましたね。。。

モントボーゲンはなんとか勝ち上がってもらいたい、その一念です。

>ボン太郎さん

おはようございます。

スキッフルのデビューの経緯はまさにそんな感じですよね。ましてその一戦で引退となってしまっただけに、なんとも残念な気持ちであられたことと思います。

モントボーゲンはデビュー戦で皐月賞馬とそこそこの競馬をして、まさかこの時期にこんな記事を書いていようとは。。。

クラブの姿勢が変わるとは思えませんし、仰る通り活躍馬を掴むしかないという向き合い方が正しいのかもなぁ・・・と。あとは今更ながら経験則に沿って、厩舎を妥協せずに、獲れないなら見送るくらいにすることでしょうか。
プロフィール

ka2uma0101

Author:ka2uma0101
馬と旅と歴史と野球を愛する競馬モノです

出資馬一覧
出資馬一覧
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。