意味ある敗戦

8月4日の三面川特別に出走したチャーチクワイアは10着。

道中はインの好位で良い感じに追走できていましたし、
上位馬が32秒台の上がりを叩きだす中、瞬発力が身上の
チャーチの上がりが34秒というのはやはり距離でしょう。

今回は秋華賞トライアルに進むかどうかを決めるための
一戦でしたので、中途半端に掲示板の下辺りになるより
も良かった・・・のかもしれません。

北村騎手は「1ハロン長いかも」といったニュアンスの
コメントをしていますし、古賀師も同様の見解の模様。

早々にこの後はNF天栄への放牧を挟んで9月8日の中山・
木更津特別(芝1600)を目標にすると発表されました。
マイルでも長い可能性もありますが、距離短縮で巻き返し
をしてほしいなと思います。

そんなわけで、大敗は残念ではありますが、意味のある
敗戦だったと捉えています。秋競馬では自分の庭で良い
走りを見せてくれるでしょう。

一方、、、

マルティニークについては予想通りのレースをして予想
通りの大敗。合わない条件のレースに、同じ騎手で馬具や
調教の工夫もしないで臨んで前進するのは難しいでしょうね。

変化を試すチャンスがあるのにしないのですから、早く厄介
払いをしたいのだろうという風に穿った見方をしています。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ka2uma0101

Author:ka2uma0101
馬と旅と歴史と野球を愛する競馬モノです

出資馬一覧
出資馬一覧
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる