セプテントリオ、時間がかかりそう

2歳牡馬・セプテントリオの進捗が良くありません。

7月25日に入厩してはや3週間になりますが、ウッドでの軽め
の調整とゲート練習のみ。ゲート試験をいつ受けるかも予定が
出てこないですし、体を持て余しているとの指摘も継続中です。

センスの良い馬ならば入厩して1週間でゲートをクリアするのも
珍しくないですし、ちょっとこれはなぁ・・・と、出資者としては
テンションが下がってきています(苦笑)

体の使い方(収縮して走る)に関しては一朝一夕にはいかない
でしょうから、思い描いていた秋の中山デビューはどうやら絵に
描いた餅に終わりそうだなと思っています。

ゲートを合格させて速い調教に移行した方が体の使い方を教え込む
のに良いような気もするのですが、このコメントを見ている限り、
そういうものではないんでしょうね。

まぁ、定年が近づき鈴木センセイのところは管理頭数も少なくなって
いますし、じっくり在厩で進めるもよし、逆にゲートだけまずは
クリアしてから山元でしばらく乗り込むもよしという感じでしょうか。

ぶっちゃけ、この馬がこけるとダメージも大きいので(汗)、
兄姉たち同様にじっくりペースで立て直してもらえればと。

早い時期からの過度の期待はせずに、でも堅実な母系を信じて、
長い目で見守っていくとします。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ステイゴールド産駒は良くも悪くも吹っ切れてますからね。
普通の人なら不安がるのもわかります。
先日、小倉記念を制したエクスペディションも初出走は3歳の夏。
本来なら2歳の秋ごろを目指していましたが、故障によりそれが3歳の春、そして3歳の夏まで延期になってしまいました。
当然、新馬戦はすでに終わっています。
2~3歳時はそんなアクシデントに見舞われ、その後も故障との戦いが続きます。
それでも、5歳になりついに重賞制覇。
この秋はG1での戦いが待っているでしょう。
セプテントリオもエクスペディションのような大器晩成になってくれることを期待しています。

No title

>名無しさん

こんばんは。
コメント、ありがとうございます。

なんせステイゴールド産駒は初めてということもあり、
入厩後の過程には少々不安を覚えてしまいます。

たしかにエクスペディションのような例もありますし、
気長に楽しみに見守っていきたいと思います。
プロフィール

ka2uma0101

Author:ka2uma0101
馬と旅と歴史と野球を愛する競馬モノです

出資馬一覧
出資馬一覧
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる