初の交流重賞出走なわけですが

17日の盛岡・マーキュリーカップにディアデルレイが出走の運びとなりました。補欠の一番手でしたが、上位馬の回避で滑り込むことができました。ワタクシにとって、出資馬が地方交流重賞に出走するのは初めてのこと。単純に楽しみですし、秋に向けてなんとか賞金を加算しておきたく、好走を期待したいです。

そんなわけで、ディアデルレイを全力応援するのですが、常にこの馬について回るのは厩舎及びクラブへの不信感ということになりますかね。いや、不信感というのもちょっと違うかもしれませんね。「気持ち悪い」という方が近いかもしれません。まぁ、場末のブログですし、ちょっと書いてみようかと思います(汗)

唐突に欅坂46的な表現を使ってみると、、、

口出しする権利があるわけではないと正しく理解している多くの出資者たちという「サイレントマジョリティー」が陽に陰に示す「NO」は徹頭徹尾スルーし、リーディング65位の調教師と同49位の騎手の間で織りなされる「二人セゾン」を受容することを有料で強要し、せめてもの気持ちの慰めとしての出資者たちの「僕はイヤだ」的な「不協和音」も先回りしてシャットアウトするかのように厩舎への感謝を妙に長い文言で公式サイトの更新文書で記載してくるクラブ。なんだ、この連携プレー(苦笑)

そう、ディアデルレイを取り巻く環境はなんだか気持ち悪いと感じてしまうのです。ようやく5歳になってダートを使ってもらえて、それを契機にさくっとオープンまで上がったのは馬の頑張りが一番だと思うんですけど、クラブの更新はやたらと厩舎の功績を前面に押し出したがるんですよね。そりゃそうだろうけど、向いてる方向が変だと感じてしまいますねぇ。

天栄に見学に行くと、レイの担当者はいつも弟のサンマルティンに負けてたまるかみたいなことを仰います。なんとも頼もしい発言なのですが、両方出資している立場からすると、トータルの厩舎力が違いすぎるからなぁ・・・と毎回心の中で呟いてしまいます。
※サンマルティンの厩舎も結構一口的には微妙な面がありますが、それはまた別の機会にでも

なんだか良く分からない感じになってしまいましたが、レイの晴れ舞台を気持ち良く応援するために、一回整理させてもらいました(笑)
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ka2uma0101

Author:ka2uma0101
馬と旅と歴史と野球を愛する競馬モノです

出資馬一覧
出資馬一覧
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる