サンマルティン、悔しい2着

小倉記念に出走したサンマルティン、首の上げ下げの激しい叩き合いの末、本当に僅差の惜しく悔しい2着という結果になりました。

いや~、残り200辺りで抜け出した時は勝った!と思ったのですが。戸崎騎手自身が言っているように仕掛けるのが早かったかもしれませんが、勝ち馬の終いの脚が鮮やかでしたし、これはしかたないと思います。タツゴウゲキは七夕賞の時にゼーヴィントとの組み合わせで買っていたので、その時にこれくらい走ってほしかった(苦笑)

サンマルティンは強気のレースをしましたが、3着は3馬身離していますし、今後への展望は開けたといえるのではないかと。敗れたとはいえ、2着で賞金の上積みができたのは秋に向けて収穫でした。競馬ブックでは秋の目標は天皇賞という記述もありましたが、上のクラスの2000だとちょっと距離が長いような印象もあるので、個人的にはマイルCSを最大の目標にしてほしいなぁ・・・と思っています。右回りの方がスムーズですしね。

なんにせよ、今日は悔しい結果でしたが、重賞を勝つ力があることは示してくれましたし、秋以降のさらなる前進を期待しています。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ka2uma0101

Author:ka2uma0101
馬と旅と歴史と野球を愛する競馬モノです

出資馬一覧
出資馬一覧
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる