ロブロイ祭りとどう向き合うか?

募集馬ラインナップも発表され、いよいよ本格化しつつ
ある今年のキャロット募集ですが、出資馬たちの走りの
影響もあって、イマイチ気が乗らないのも事実です(苦笑)

また、血統の字面だけの印象ではありますが、サンデーTC
との繁殖牝馬レベルでの差がますます開いているような、
そんな感じも持っています。

確かにトゥザヴィクトリーやトールポピー、シーザリオに
ブルーメンブラットと、さすがのメンツは集まっていると
思いますが、全体的にはどうなのかなと。

特に顕著なのがディープインパクト産駒で、ロブロイ祭り
の中にあってもサンデーのディープ産駒はレベルの高い
顔ぶれだったと思うのですが、キャロットは昨年に比べる
とちょっと地味な印象はぬぐえません。

それでいて、お値段は決して優しくないですしね(汗)

・・・、そんなわけで、今年のキャロットでは隙間狙いに
徹してみるのも面白いかなと思っています。

具体的には、短距離とダートに狙いを定めて出資馬を検討
するという作戦であります。

そうすると俄然興味が湧いてくるのが、クロフネ・ダイワ
メジャー・サクラバクシンオーの産駒ですが、加えて、
ロブロイの中からダート色が濃い馬を探すのも一興です。

以前に社台SSのスタッフの方に話を聞いたのですが、
ロブロイは筋肉量が豊富でガッチリし過ぎてしまうので、
牡馬よりも牝馬の方が程よくバランスが取れる傾向とのこと。

たしかにロブロイの活躍馬は牝馬の方が目立ちますね。
牡馬はペルーサを筆頭にもうちょっとが足りない産駒が
多いような気がしますし。

今年のキャロットでロブロイ牝馬は6頭。
母・兄出資のフォルテピアノと姉出資のジンジャーパンチは
両馬ともいかにもダートOKですし、好感が高まります。

サンデーでロブロイ産駒のレーゲンボーゲンの11に出資
したので、キャロットではロブロイは見送りのつもりだった
のですが、ディープやキンカメと比べて人気薄の傾向ですし、
前向きに検討をしていきたいなと現時点では思っています。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ディープは1、2勝は確実に見込めそうでしょうけど、そこまで高いとちょっと・・・ですよね。

なんとなくロブロイ祭りに参加したくなってきました、あ、なんとなくですよ(笑)

No title

>thaseyam2001さん

こんばんは。

ディープ産駒は完全にバブル状態になっているので、
補償もないし正直尻ごみしてしまいます(汗)

ロブロイ産駒、よくよく考えるとなかなか良いような気
がします。とはいえ、thaseyam2001さんが東サラで
出資した馬の方がスケールは感じますけれど(笑)
プロフィール

ka2uma0101

Author:ka2uma0101
馬と旅と歴史と野球を愛する競馬モノです

出資馬一覧
出資馬一覧
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる