今週は出走なし

新潟・小倉・札幌の開幕週は出資馬の出走はありません。自宅で高校野球観戦もしつつ、シルクの検討をしようかと思います。

これまではキャロットの結果を受けてのシルクでしたが、今年からはその逆。今年のキャロットでは母優先の3頭に1頭か2頭を加えた4~5頭に出資したいなと考えていますので、シルクでは1~2頭。ほとんど検討できていない中ではありますが、良いなと思った馬たちは既に250口以上の申し込みということで抽選は避けられない感じです。抽選に当たる気はまったくしませんが、とりあえず2頭選んで申し込んでみるとします。

バルデス、松前特別優勝

本日の函館10R・松前特別に出走したバルデス、後方待機から一気の差しを披露して見事差し切り勝ち。前走の勝ちっぷりも良かったですが、今回はテレビ越しに見ていてゾクゾクするような、今後がとても楽しみになるような勝ちっぷりだったように思います。

中間の陣営のコメントはあまり景気の良いものではなく、正直あまり使いたくないという感じが漂っていましたが、まだ完調手前の状態で今回のパフォーマンスですから、一息入れた秋はさらなる前進を期待してしまいます。例年の傾向から、もうだいたい本番出走は出来ると思いますし、セントライト記念から菊花賞に進んでもらいたいです。ハービンジャーの得意な秋の京都で行われる菊舞台で走ってほしいなぁ・・・と。

まぁ、そんな出資者の妄想はともかく、バルデスに感謝。まずはレース後を無事に過ごし、秋への英気を養ってもらいたいです。

トゥザフロンティア、新馬勝ち

本日の中京5Rでデビューしたトゥザフロンティア、若さ丸出しの内容ながらも最後に抜け出して、単勝1.5倍の圧倒的人気に応えての新馬勝ちを飾ってくれました。

まずまずのスタートから6番手辺りにスッと取りついたところまでは良かったのですが、道中もホワイト騎手の手が動いているシーンが多かったように見えました。それでも直線入り口では前を射程圏に入れて外に持ち出したので、まぁこれで大丈夫だろうと思ったのも束の間(汗)、反応は鈍いは内にササりまくるはで、まともに追えないような状況に。それでも、そこから加速して一気に前を捉えきって3/4馬身の差を付けての勝利となったわけですから、持っている能力は高そうです。個人的にはサンマルティンのむらさき賞の時のようなスリルを感じましたね(苦笑)

ベテランのホワイト騎手をして、「こんな操縦の難しい馬で新馬戦を勝ったのは初めて」と言わしめるのですから、今後に向けての課題は多いですね。池江師言うところの「良い教育」に、今回のレースがなってくれることを期待します。この後は秋まで休んで、右回りの京都辺りで復帰でしょうか。まずは無事に勝ち上がったことを喜び、次走を楽しみに待ちたいと思います。

今週の出走(7月22日・23日)

今週は2頭が出走します。
ともに期待の大きな馬ですが、やはり土曜の新馬戦が気になりますね。

土曜中京5R 2歳新馬 芝1600
トゥザフロンティア 54 ホワイト

いよいよトゥザフロンティアがデビューです。中間の調教ではなかなか良い動きを披露し、ただでさえ血統で持ち上げられるところにプラスオンした感じでたくさんマスコミに取り上げていただきました。池江師のコメントの通り、調教通りの走りをレースでもすることができれば十分に期待できると思いますし、大外枠も新馬戦に限っては良いのではないかと。結構相手も揃っていますが、良い走りを披露してくれることを切に願っています。


日曜函館10R 松前特別 芝2000
バルデス 54 ルメール

バルデスの昇級戦です。広いコースで結果を出してきた馬だけに、急に函館に参戦したのは解せないところではありますが、ルメールに継続騎乗してもらえるのは良いですね。仕上がり万全とはいかないようですし、空模様もおおいに気になるのですが、ポテンシャルはこのメンバーでも上位だと思いますし、秋に楽しみを持たせるような走りを見せてほしいところです。期待しています。

今週の出走(7月16日・17日)

今週は2頭出走します。

日曜福島7R 3歳未勝利 芝2600
オーブルージュ 54 杉原

デビュー2戦は府中のダートマイルで壮絶な大敗を喫したオーブルージュ、一縷の望みをかけて大幅な条件変更の3戦目に挑みます。そもそもの部分の問題が大きいのだろうと感じさせた過去2戦からの大きな変わり身が必要になりますが、調教過程からはそういった面は見えてきていないのが正直なところ。多少なりとも前進してくれることを願うばかりです。

月曜盛岡9R マーキュリーC D2000
ディアデルレイ 54 木幡巧

滑り込みで交流重賞に出走することができました。言いたいことは先日の記事に書きましたし、受け入れて応援するのみです。ただ、クラブ公式の調教師の長ったらしい(おっと)コメントを見る限り、好調とは言い難い模様。秋にダメージを引きずることのないようなレースになってくれることを願っています。

初の交流重賞出走なわけですが

17日の盛岡・マーキュリーカップにディアデルレイが出走の運びとなりました。補欠の一番手でしたが、上位馬の回避で滑り込むことができました。ワタクシにとって、出資馬が地方交流重賞に出走するのは初めてのこと。単純に楽しみですし、秋に向けてなんとか賞金を加算しておきたく、好走を期待したいです。

そんなわけで、ディアデルレイを全力応援するのですが、常にこの馬について回るのは厩舎及びクラブへの不信感ということになりますかね。いや、不信感というのもちょっと違うかもしれませんね。「気持ち悪い」という方が近いかもしれません。まぁ、場末のブログですし、ちょっと書いてみようかと思います(汗)

唐突に欅坂46的な表現を使ってみると、、、

口出しする権利があるわけではないと正しく理解している多くの出資者たちという「サイレントマジョリティー」が陽に陰に示す「NO」は徹頭徹尾スルーし、リーディング65位の調教師と同49位の騎手の間で織りなされる「二人セゾン」を受容することを有料で強要し、せめてもの気持ちの慰めとしての出資者たちの「僕はイヤだ」的な「不協和音」も先回りしてシャットアウトするかのように厩舎への感謝を妙に長い文言で公式サイトの更新文書で記載してくるクラブ。なんだ、この連携プレー(苦笑)

そう、ディアデルレイを取り巻く環境はなんだか気持ち悪いと感じてしまうのです。ようやく5歳になってダートを使ってもらえて、それを契機にさくっとオープンまで上がったのは馬の頑張りが一番だと思うんですけど、クラブの更新はやたらと厩舎の功績を前面に押し出したがるんですよね。そりゃそうだろうけど、向いてる方向が変だと感じてしまいますねぇ。

天栄に見学に行くと、レイの担当者はいつも弟のサンマルティンに負けてたまるかみたいなことを仰います。なんとも頼もしい発言なのですが、両方出資している立場からすると、トータルの厩舎力が違いすぎるからなぁ・・・と毎回心の中で呟いてしまいます。
※サンマルティンの厩舎も結構一口的には微妙な面がありますが、それはまた別の機会にでも

なんだか良く分からない感じになってしまいましたが、レイの晴れ舞台を気持ち良く応援するために、一回整理させてもらいました(笑)

ラグナアズーラ、初勝利

日曜福島3Rに出走したラグナアズーラ、単勝1.6倍という圧倒的支持に応えて待望の初勝利を挙げてくれました!

戸崎騎手を鞍上に迎えてのこの一戦、まずまずのスタートからすんなりと番手をキープ。後は抜け出すタイミングを図るだけという、安心して観ていられるレースぶりでした。抜け出してからの伸びはもう一つといった感じでしたが、ソラを使うタイプですし、今回はとにかく結果が欲しかったので、良しでしょう。
勝ち上がりに時間を要しましたが、5月の遅生まれですし、これからまだまだ成長してくれると思います。母のシルキーラグーンは古馬になってオープン特別を3勝しましたし、兄のゼーヴィントの背中を追って少しずつ前に進んでほしいものです。

問題は日曜福島7Rで4回目の2着となったパルフェクォーツ(単勝1.5倍)。手替わりとなった鞍上の騎乗は正直???という面がありましたが、スタートといい行きっぷりといい、馬自身の問題が大きかったと思います。軽い新潟の芝で勝ち切れるイメージは湧きにくいですし、いよいよ追い込まれてきました。さて、陣営の判断やいかに。。。

今週の出走予定(7月8日・9日)

今週は木曜から出張で更新できないため、予定のみ簡単に記載しようと思います。3頭とも楽しみがありますが、日曜の福島で出走の3歳未勝利2頭はいずれもこれまでに2着が3回。なんとか両馬とも決めてほしい、そう願っております。


土曜中京10R 濃尾特別 D1900
ヴィッセン 57 福永

日曜福島3R 3歳未勝利(牝) 芝1800
ラグナアズーラ 54 戸崎

日曜福島7R 3歳未勝利 芝2000
パルフェクォーツ 56 内田


七夕の願い、届きますように!

キャロットツアー申し込み

本日正午より、キャロット募集馬見学ツアーの申し込みが開始されました。

ワタクシは初日の8月31日の日帰りツアーに申し込み、特にレスポンス等の問題も無く決済まで完了。3年ぶりのツアー参加が確定となりました。ご一緒の方がいらっしゃいましたら、どうぞ宜しくお願い致しますm(_)m

で、驚いたのは夕方に改めて申し込み状況を確認した時です。
9月1日の日帰りが既に×(満員)となっていました。キャロット恐るべしです。ダービー馬まで輩出し、ますます競争が厳しくなることを痛感させられますね。いや~、すごい(汗)

今週は出走なし

福島・中京が開幕していよいよ夏競馬に本格突入の今週、出資馬の出走はありません。ちょうど良いというわけではありませんが、金曜が名古屋出張なので、その帰りに浜松に寄って両親の墓参りをしてこようかなと思っています。

7月はトゥザフロンティアのデビューやディアデルレイの交流重賞挑戦(入ればですが)といったイベントがありますが、やはりラグナアズーラやパルフェクォーツといった3歳未勝利馬(両馬とも2着3回!)のレースが最も気になります。ディアマイラブの分まで頑張って、なんとか良い結果を出してもらいたいものです。
プロフィール

ka2uma0101

Author:ka2uma0101
馬と旅と歴史と野球を愛する競馬モノです

出資馬一覧
出資馬一覧
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる