レーゲンボーゲンのこと

昨日の天皇賞はレインボーラインが優勝。
レース直後に岩田騎手が下馬し、緊迫感が漂いましたが、幸い生命に関わるようなことではなかったようで安堵しました。

さて、そのレインボーラインの母はレーゲンボーゲン。キャロットリニューアル2世代目、シーザリオやディアデラノビアなどと一緒に募集された馬でした。
父はフレンチデピュテイ、母の父はレインボーアンバーという渋めの血統ですが、交流重賞勝ちのエースインザレースの妹となります。
このレーゲンボーゲン、まったく人気なく(苦笑)、確か半分も売れなかったと記憶しています。昨今のバブル状態からすると隔世の感がありますね。
そんな中でワタクシはこの馬を一次募集で申し込み、縁を結びました。どちらかというとダート寄りで堅実に走ってくれることを期待してのものでした。

育成は正直順調とは言えず、デビューは同期が桜花賞を走ろうかという頃。ダートの1400でしたが、ここは7着。
そして迎えた2戦目はディアデラノビアが重賞初制覇を飾った日の福島、唐突に芝の1800に竹之下騎手とのコンビで登場しました。
正直無理筋だろうと思っていたのですが、道中後方待機から直線一気の脚で押し上げてキッチリ差し切って見事に初勝利。とにかくビックリしたのと嬉しかったのを良く覚えています。
その後、矢車賞と500万下平場を後方から鋭く追い込んで4着となって春シーズンは終了。
秋には更に上にと期待を寄せていたものですが、残念ながらまさかの屈腱炎を発症。そのまま引退、繁殖入りとなりました。

サンデーを持たない血統ですし、産駒には是非出資したいなと思い、その日を待っていたのですが、、、全然こない(泣)
1勝しか出来なかったし、出資会員も少なかったし、致し方ないことと思いつつも、初仔のアニメイトバイオがいきなりローズS勝ちなど、産駒がまぁ走りまして(汗)
唯一サンデーで募集されたモントボーゲンには出資できたのですが、1勝で頭打ちという残念な結果に。

そして真打ちとしてレインボーラインが登場。
祖父がレインボーアンバーということもあるのか、道悪の大レースで良い走りをしていましたが、ついに良馬場の天皇賞を制覇するに至りました。
クラブに出してほしかったなぁという気持ちは勿論ありますが、あのレーゲンボーゲンがG1馬の母になった。そのことに大きな喜びを覚えました。競走生活では偉大な同期たちに大きく離されたけど、繁殖生活では大健闘どころか、シーザリオの次くらいなんて凄い。

レーゲン、おめでとう!

今週の出走(4月8日)

出張から帰り、キャロットの会報をながめてたらワタクシ載ってました。なるほど、こんな感じでしたか。良い記念になりましたよ(笑)

今週はパルクェクォーツが園田での2戦目を辛勝し、なんとか連勝を飾ってくれました。無事にもう一つ勝って中央に復帰してくれることを願っています。

さて、今週末は1頭出走します。どの条件が適しているのかよく分からない状況が続いていますが、どんなもんでしょうか。

日曜福島3R 4歳上500万下 D1700
セカンドエフォート 57 宮崎

頑張ってもらいたいです。

ヴィッセン、転厩

今週は出資馬の出走はありません。ドバイや大阪杯などを楽しもうと思います。
出資馬と言えば、グローリヴェイズの次走予定がようやくでました。プリンシパルステークスか京都新聞杯とのこと、例年ならNHKマイルに出走できる賞金ですが、アーリントンCのトライアル化で厳しそうですし、仕方ないかなと思います。個人的には京都の方を使ってほしいかな。

さて、前置きが長くなりましたが、ヴィッセンが石坂厩舎から斉藤厩舎に転厩となりました。石坂厩舎が一流厩舎であることは重々承知ですが、ここ何年かの使い方は酷かったので、これは良い転厩と捉えています。スタートダッシュがつかなくて終いも切れない鈍足馬ですが、違う条件に活路を見出す程度の工夫はしてほしかったので、遅きに失した感はあるものの、新環境に期待したいです。

まずは転厩初戦にどういう条件を選ぶか、地味に注目しようと思います。

ミスマッチ

休み明けの美浦Sでは離されたとはいえ3着と頑張ったドレッドノータス、次走は中1週で同じ中山の湾岸Sを考えているとのアナウンスがありました。
前走のコメントではフレッシュな状態の方が良いと言っておきながら、しかも結果の出ていない短い出走間隔で使うという感覚が理解できません。まして、少し待てばこの馬に最も適しているだろう京都開催だというのに。
出資段階からこの血統には合わない厩舎だと思っていたので受け入れますが、やっぱり合ってないと思いますね。結果が出なかっらまたこの後放置されるんでしょうから、早く転厩してもらった方が良いかなと。。。
まぁ、個人的には勉強になってます。S貝厩舎なんかも合わないととことん酷いということが解りましたし。

ディアデラ兄弟は不発に終わる

本日の中山で出走したドレッドノータスとディアデルレイは、それぞれ3着と7着という結果に終わりました。

休み明けであまり向いているとは思えない中山遠征のドレッドはともかく、ディアデルレイはここは勝ち負けを期待していただけに残念です。
一番人気のハイランドパークが出遅れてレイが逃げる形になった時は師走Sの再現かとワクワクしました(苦笑)が、そうは問屋が卸しませんでしたね。道中ルメールに突かれどうしだったのも堪えたかなと思いますが、それにしても直線はだらしなかったですね。万全の状態にはなかったということでしょうか💦

それにしても、ディアデルレイ・サンマルティン・モンドインテロと、古馬オープン勢はなかなか重賞に手が届きそうで届きません。なんとか今年中にひとつタイトルをと、願うばかりであります。

ブラストワンピース、毎日杯制覇!

ブラストワンピースが一番人気に応えて毎日杯を勝ってくれました!
距離短縮や長距離輸送、最内枠など課題が色々とありましたが、そんな心配はこの馬には不要でした。本当に見事なレースをしてくれましたし、素晴らしい根性とセンスの持ち主だと、改めて思いました。
5月27日の大舞台(その先も)に向けて、とにかく無事に。そう願います。

今週の出走(3月24日・25日)

今週は4頭の出資馬が出走します。とりわけ2重賞に出走する2頭はチャンスがある立場で今後に向けて大事な一戦、それぞれ不安材料がありますが、少しでも良い結果をと期待しています。

土曜中京4R 3歳未勝利 芝2000
スイートレモネード 54 北村宏

土曜阪神11R 毎日杯 G3 芝1800
ブラストワンピース 56 池添

日曜中山10R 美浦S 芝2000
ドレッドノータス 57 藤岡康

日曜中山11R マーチS G3 D1800
ディアデルレイ 57 勝浦

花粉症でしんどいですが、精一杯応援し、楽しみたいと思います。

リアルインパクトとのひと時

北海道出張の翌日、社台SSとNF早来に見学に行ってきました。メインは2年連続のオーストラリアシャトルから帰国したリアルインパクトとの再会。社台SSでリアルと会うのは3年連続、毎年この時期です。なんせ下半期は日本にいませんので(苦笑)

2018real03.jpg

ちょうどキャロットの会報の取材が行われていました。2か月後くらいの会報にエピファネイアなどと一緒に記事が掲載されるとのことです。初年度産駒募集の前振りとなるのでしょうか。

2018real01.jpg

取材終了後、厩舎前で面会。厩舎内にはクロフネの姿もありました。
リアル自身は至って元気に過ごしているとのことで、精神面も落ち着いていました。元々大きな馬ですので、種牡馬になってガーンと大きくなったという印象はありませんが、やっぱり貫録は付いてきた・・・ように感じます。

2018real02.jpg

再会を楽しんでしまって、今年もシャトルの予定があるのかとか、種付け頭数の見込みとか、価値のある(?)情報を収集することをすっかり失念してしまいました(汗)
今年の夏から秋にかけての初年度産駒募集がとても待ち遠しいです。母のトキオリアリティーと同じように、様々なタイプの仔を出してくれると楽しいですね。そして、社台SSにまだまだ在籍できるような状況になってほしいと願っています。



今週の出走(3月10日)

ケイブルグラムの回避とエルディアマンテの敗戦と凹むことが続いた先週末。そろそろ流れが良くなってほしいところでしたが、今週に入ってからもユナニマスのまたしてもの頓挫にパルフェクォーツの出走取消と、どうにも冴えないここのところであります。なんとか流れを変えてもらいたいところですが、果たして今週末はどうでしょうか。

土曜阪神10R うずしおS 芝1600
アルジャンテ 55 福永

土曜阪神12R 4歳上1000万下 D1800
ヴィッセン 56 荻野極

金曜が北海道出張で、そのまま足を延ばして土曜は社台SSとNF早来に行ってきます。残念ながらNF空港は予約枠が一杯で見学できず。とはいえ、また今年もリアルインパクトに会うことができるのがとても楽しみです。

今週の出走(3月4日)

今週はバルデスの引退の発表がありました。屈腱炎とのことで覚悟はしていましたが、やはり残念。函館で強い勝ち方で1000万を卒業した時は夢が広がりましたが、意味不明の休養や使い方もあって結局準OPをクリアできず僅か7戦のキャリアで競走生活にピリオドを打つことになってしまいました。なんでこの厩舎に入れたんだと牧場サイドに文句も言いたくなりますが、それもまた運命ということなんでしょうね。バルデス、お疲れ様でした。

さて、そのバルデスの妹が今週は出走します。必勝を期した前走は内田のラフプレーとルメールの判断ミスという2つの人災が重なってまさかの3着。それから中1週での出走となる今回、正直不安がいろいろありますが、なんとかここを勝ってひと息つける状況になってほしいと願っています。

日曜中山5R 3歳未勝利・牝 芝1800
エルディアマンテ 54 ルメール

長いコメントは要らないから、結果を出してください!
プロフィール

ka2uma0101

Author:ka2uma0101
馬と旅と歴史と野球を愛する競馬モノです

出資馬一覧
出資馬一覧
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる